空き家の数を減らすこと以外にも

地方の地域活性化の役割も

担っている空き家バンク。

 

制度だけ見れば空き家を

無駄なく活用できる理想的な

制度のようにも見えますが現実問題、

様々な課題が残されています。

 

今回は、空き家バンクのメリットや

デメリットについて解説していきます。

スポンサーリンク

空き家バンクのメリットとは

空き家バンクとは?その仕組みや
手続きの流れを簡単解説!

以前の記事でも少し触れましたが

空き家バンクのメリットは主に

以下の4つです。

 

意外な物件を見つけやすい

空き家バンクに掲載されている

空き家の物件は、実際にその地域の

自治体に登録された空き家だけが

掲載されています。

 

そのため、地元の不動産屋が

掲載していないような意外な物件

見つけられます。

 

空き家の数を減らせる

そのままの意味ですが空き家に

人が住むことで悩みの種である

空き家の問題を解消することができます。

 

地域の活性化に繋がる

その地域の空き家に人が

移り住むようになれば、経済活動や

地域社会の交流も盛んになり

活気が出るようになります。

 

特に、過疎地域や若手の流出が多い

地方では大きなメリットとなります。

 

空き家以外の情報も入手できる

主に、地方の空き家の場合は

空き家以外にも実際に住んでいた時の

評判や畑や農地の情報などの情報も

一緒に入手できることもあります。

 

不動産の人ではわからないような

地元住民の生の情報を入手できるため

より詳しく物件を検討することができます。

スポンサーリンク

空き家バンクのデメリット

どんな物件か詳細まで知ることが難しい

空き家バンクに登録している

空き家全てが普通に住めるような

物件ではない場合があります。

 

どういうことかと言うと、空き家バンクで

家を借りる場合、不動産屋は

基本的に関係なく、基準のような物も

あまり厳しくないため、空き家の状態は

物件によっても差があります。

 

そのため、所有者の家財が残っていたり

利用に大きな制限や条件がある等の

訳ありな物件である可能性も高いのです。

 

また、物件を紹介している自治体の

ホームページ上では、詳しい住所や

立地などの詳しい情報全ては

載っていないこともあります。

 

実際に情報を聞き出したり

交渉・契約するためには空き家の

所有者と入念なやり取り

必要となります。

 

個人間の契約になる以上

不動産で契約を結ぶよりも

思わぬトラブルに巻き込まれる

リスクも高いです。

 

実際に空き家を見ることが難しい

これは遠くに空家がある場合

実際にその空き家のある地域に行って

目で確かめることが難しいことがあります。

 

写真や雰囲気だけで決めてしまい

実際に住んでみたら交通が不便だったり

近所にスーパーがない等、住みづらい

地域である可能性もないとは言えません。

 

直接交渉が基本となるので面倒

空き家バンクで空き家を借りる場合

不動産屋などの仲介はなく

あくまでも所有者と利用者の間で

直接やり取りする必要があります。

 

そのため、貸す側・借りる側の

どちらから見ても手間がかかります。

 

貸す側は、実際に不動産業者に

登録できるなら、多少手数料を

取られてでも任せてしまった方が

結果的に楽ということもあり得ます。

 

まとめ

このように実際に制度の仕組みだけ

見ると、良いところばかりのようにも

思えますが、実際は上記のような

課題があるのも事実です。

 

やはり直接やり取りする必要があるのが

一番大きなハードルでしょう。

一部例外もあるようですが

基本的には直接交渉・契約です。

 

特に空き家バンクを活用して

借りる側の方へのデメリットが大きいので

もし空き家バンクを利用する場合には

これらのデメリットをしっかりと

踏まえたうえで物件を検討しましょう。