空き家のことについて調べていれば、一度は必ずは見聞きするであろう「空き家バンク」という言葉。

空き家問題は今や大きな社会問題となっていますが、簡単に言うと空き家バンクとは、その空き家を減らし、さらにはその空き家を有効活用するための制度です。

もしかしたら、あなた方が今所有している空き家も空き家バンクで有効活用できるかもしれません。

 

しかし、実際にどういう仕組みで、何をすれば良いのか、その内容や手順については行政も関与してくるのでイマイチ理解しづらいです。

今回は、そんな空き家バンクの仕組みや手続きについて、できるだけ分かりやすく解説していたいと思います。

スポンサーリンク

空き家バンクとは何なのか

空き家バンクとは何か具体的に言うと、「各自治体が自分たちの地域住民を増やすために、その地域にある空き家を賃貸として紹介する(活用する)制度」です。

民間の不動産とは異なり、空き家バンクの運営は自治体が行っているため、行政ならではの信頼性と地域の理解を得やすいという特徴があります。

 

空き家バンクはなぜできた?

空き家はなぜ増え続けるのか?その原因と弊害」で触れたとおり、現在の日本は人口減少や過疎化に伴い、空き家の数が増加しています。

空き家問題については既にご存知の方も多いと思いますが、空き家バンクはその中でも地方の活性化と深く関係しています。

 

空き家バンクは、ただ単に空き家の数を減らすことだけが目的ではなく、貸し出した空き家に人が移り住むことで人口を増やし、その地域を発展させることも目的としています。

特に、地方の活性化は過疎化や高齢化を防いだり、税収の増加、農林業への就業者の増加などに繋がります。

悩みの種である空き家が減ると同時にその地域の人口も増え、経済活動が盛んになり結果として税収も増えるなど、まさに一石二鳥と言えるでしょう。

 

また、空き家バンクは民間の不動産業とは異なり、その空き家がある地域への定住を目的としているので、主に地方自治体が積極的に活用している制度なのです。

もちろん、地方に限らず都市部の自治体でも空き家バンクは活用されています。

 

スポンサーリンク

空き家バンクが紹介される流れ

実際に空き家が紹介されるためには、空き家の持ち主(所有者)とその空き家を紹介する自治体、そして実際に移り住む利用者の3者が関係してきます。

簡単に流れを整理すると以下のようになります。

  1. 空き家の所有者が各自治体の空き家バンクに登録する
  2. 登録された空き家が自治体のホームページに掲載される
  3. 利用者が空き家を検索する
  4. 所有者と利用者で交渉・契約を行う

空き家バンクに登録

空き家の所有者側はまず、空き家を各地域自治体の空き家バンクに登録します。

登録方法やその対象は各自治体によって異なるため、空き家バンクに登録したい場合は、空き家のある地域の自治体が空き家を募集しているかどうかを調べる必要があります。

 

「市町村名 空き家バンク」という感じで行政のHPを検索すれば、各自治体の空き家バンクの詳細が出てきます。

なお、空き家バンクは全ての自治体が行っている訳ではないので、地域によっては空き家を募集していない場合もあります。

 

登録方法は基本的に、登録書類に必要事項を記入して、担当部署の窓口に登録申請を行う必要があります。

申請を受けると、自治体は貸し出しにあたって問題がないか空き家の状態を調査したり、賃料の設定、修繕箇所の確認作業等を行います。

その際、空き家が十分に修繕されていなかったり、貸し出しにあたり何らかの支障があった場合には、空き家バンクには登録されません。

 

自治体の十分な審査を受けた後、自治体の空き家バンクに空き家が登録されます。

 

自治体のホームページに掲載されて、利用者が検索

登録が完了した空き家はその自治体のホームページや掲示板等に空き家の情報が掲載されます。

なお、登録された空き家の情報は自治体のホームページで紹介されていますが、不法侵入などのトラブル回避のために詳しい住所は公開されていないことがあります。

 

そして、空き家バンクを使って空き家に住みたいと思う人が、空き家バンクを調べて物件を探します。

希望に合う空き家を見つけたら物件の見学を行い、住みたい家が決まったら所有者との交渉手続きに移ります。

 

利用条件を確認し、契約(貸出)成立

希望の空き家を利用者が見つけたら、交渉・契約手続きを行い、双方が同意すれば実際に空き家が貸し出されます。

この交渉形態には、直接契約と間接契約の2つの種類があります。

 

直接契約とは、実際に売買・賃貸借における交渉や契約などを当事者間で直接行う方法です。

契約や交渉の手続きは当事者同士で行う必要があるので、交渉から契約までに時間がかかる反面、不動産会社の仲介を挟まないので仲介手数料が不要というメリットがあります。

 

一方、間接契約は、専門知識を持つ不動産会社が仲介に入り、交渉・契約手続きを行う方法です。

仲介手数料が発生しますが、当事者間で直接やり取りするよりもスムーズに交渉が進みやすいことがメリットです。

 

まとめ:空き家バンクは空き家を有効活用する制度

このように空き家バンクは単純に空き家の数を減らすだけでなく、その地域の人口増加も期待できる画期的な空き家対策です。

空き家バンクは自治体が行っているので、民間の不動産会社とは違うことも覚えておきたいです。

 

今回は空き家バンクの概要と貸出までの流れを簡単に説明しましたが、現実的には多くの課題が残されています。

次回は「空き家バンクのメリットやデメリット」を解説するので、そちらも参考にしていただければと思います。

 

スポンサーリンク