空き家が老朽化してどうしたよいか

分からない・・・。空き家のことが心配で

とにかく落ち着かない・・・

空き家は老朽化してくると何かと

問題が出てきますよね。

 

あなたも、もしかしたら解体したいけど

固定資産税の負担が増えるから

結局放置しているといった状況に

あるのかもしれません。

 

空き家を解体すると固定資産税は

確かに増加してしまいますが

有効活用できればそのデメリットを

打ち消すこともできます。

 

今回は、そんな空き家を解体する

メリットについて解説していきます。

スポンサーリンク

空き家を解体するメリットはこれ!

syoberuka

空き家を解体する一番のメリットは

空き家のことで心配する必要が

なくなるということです。

 

特に、長年放置してしまったため

老朽化が進んでいるような

空き家の場合には、倒壊や火災など

周囲へ迷惑をかける恐れもあります。

 

そのような、老朽化した空き家を

放置したことで、苦情が出たり

近隣に被害を及ぼして損害賠償を

請求されるといった事態にも

なりかねません。

 

また、空き家を放置していると

特定空き家に指定されることがあり

そうなってしまうと立ち入り調査が

発生したり、指示に従わないと

罰金が課せらるといった

面倒なことに発展してしまいます。

特定空き家とは何か?

 

空き家を解体してしまえば

そのようなことを心配する必要が

なくなるので、精神的にも負担が

軽くなるメリットがあります。

 

また、もう一つのメリットとしては

その後の対応に応じやすいことが

挙げられます。

 

例えば、売却するような場合でも

老朽化した空き家のまま売るよりも

土地として売り出した方が買い手が

見つかりやすかったり、売却価格が

高まる可能性があります。

 

特に、土地を売却する予定の

ある人は、できる限り空き家を

解体してから売った方が良いです。

 

自治体によっても空き家の解体に

補助金が出ることもあるため

その制度を利用すれば解体の費用を

抑えられるかもしれません。

その辺は、自治に確認してみると

良いでしょう。

スポンサーリンク

解体後の土地を有効活用させる

koinpakingu

解体後の土地は何も必ず

売却する必要はなく、他にも

有効活用させることもできます。

 

例え、固定資産税の負担が

増加しても、有効活用させた

事業からの収益で相殺、あるいは

それ以上に収益を出すことも

可能です。

 

数ある土地の活用法として

最も定番なのが駐車場です。

 

駐車場を作るといっても業者と

提携すれば比較的簡単に

駐車場にすることができます。

 

特に、周辺が商業地域というような

場合は、駐車場の需要は大きく

コインパーキングとして貸し出せば

安定した収益を得られる可能性が

あります。

駐車場についての詳しい説明はこちら!

 

また、駐車場以外にも更地を利用した

太陽光発電やコンテナルームといった

他の活用方法もいくつかあります。

 

そのため、解体を少しでも

考えているのならば、一度

土地活用に取り組んでいる業者を

参考にして、どのような活用法が

あるのか詳しく調べてみると

良いでしょう。

 

まとめ

このように空き家を解体することで

空き家管理での不安や悩みがなくなり

その後の有効活用もスムーズに

行うことができます。

 

特に、土地も売却したいという

人にとっては、解体するメリットは

大きいと言えます。

 

そのまま空き家を放置して後々

問題となってしまうぐらいなら

解体して有効活用させることを

検討してみてはどうでしょうか。

参考になれば幸いです。