「空き家が老朽化してどうしたよいか分からない。」「空き家のことが心配でとにかく落ち着かない。」

空き家を持っている方の中には、そのような心配を抱えている方もいるかと思います。

 

空き家を解体してしまえばことは片付きますが、解体費用のことや固定資産税のこともあり、そう簡単に決断はできないことでしょう。

ただ、空き家の解体には確かなメリットがあり、解体後に土地を活用させれば解体のデメリットを抑えらるかもしれません。

今回は、そんな空き家を解体するメリットについて解説していきます。

空き家を解体するメリット

空き家のことで悩む心配がなくなる

syoberuka

空き家を解体する一番のメリットは、空き家のことで余計な心配や管理の手間がなくなるということです。

特に、老朽化が進んでいるような空き家の場合には、倒壊や火災など周囲へ迷惑をかける恐れがあるため、所有者としても強い不安を感じることでしょう。

老朽化した空き家を放置していると苦情が出たり、近隣に被害を及ぼして損害賠償を請求されるといったトラブルにも繋がりかねません。

 

また、危険な空き家を放置していると特定空き家に指定されることがあり、空き家への立ち入り調査が発生したり、指示に従わないと罰金が課せらることがあります。

関連記事:特定空き家とは何か?認定から強制撤去までの流れについて

 

思い切って空き家を解体してしまえば、空き家の心配ごとがなくなるので精神的に負担が軽くなるメリットがあります。

また、空き家管理の手間もなくなるので、空き家への面倒なことや心配事は全て解決できます。

 

更地にすると売却しやすい

空き家を解体して更地にすることで、土地を売却しやすくなるメリットもあります。

例えば、土地を売却するような場合でも老朽化した空き家がある状態で売るより、土地にして売ることで買い手が見つかりやすくなったり、売却価格が高くなる可能性があります。

更地であれば、購入後に家を建てたり、マンションを立てるなど、購入者は自由に土地を活用できるので市場価値は高くなります。

 

逆に、空き家のまま売却しようとした場合、購入者自身が解体する必要があり、手間がかかってしまうため、買い手がなかなか見つからない可能性もあります。

特に、建物の価値が低いほど更地にするメリットが大きくなるので「空き家がボロボロで価値が付きそうにない」という場合には解体を視野に入れた方が良いでしょう。

更地にすると固定資産税の負担が増えますが、更地にした後すぐに売却すればその負担も最小限に抑えることができます。

 

ちなみに、空き家を解体する場合、自治体によっては補助金が出ることがあります。

補助金を活用させれば解体の費用を抑えられ、結果として土地を高く売れるかもしれないので、解体を検討する際は自治体の補助金についても調べておきくと良いです。

 

解体後の土地を有効活用させる

koinpakingu

解体後に残った土地は必ずしも売却する必要はなく、自ら土地を活用させる方法もあります。

数ある土地の活用法として最も始めやすいのは駐車場です。

 

駐車場を作るといっても家を建てるような大規模な工事は不要であり、業者と提携すれば比較的簡単に駐車場を始めることができます。

特に、周辺が商業地域というような場合は、駐車場の需要は大きくコインパーキングとして貸し出せば、安定した収益を得られることでしょう。

 

また、駐車場以外にも更地を利用した太陽光発電やコンテナルーム、自動販売機の設置など他にも活用方法はあります。

そのため、解体を少しでも考えているのならば、更地にした後の運用のことも考え、どのような活用法があるのか詳しく調べてみると良いでしょう。

解体後に固定資産税の負担が増加しても、有効活用させた事業からの収益で相殺、あるいはそれ以上に収益を出せるかもしれないので、自ら土地を活用させる視点も忘れないようにしたいです。

 

まとめ

空き家を解体することのメリットは、空き家管理での不安や悩みがなくなり、その後の売却や土地活用もスムーズに行えるという点です。

特に、空き家と共に土地も一緒に売却したい場合や、空き家がボロボロでリフォームするつもりもない場合は、解体を検討した方が良いでしょう。

そのまま空き家を放置しておけば精神的にも大変なので、できるところから少しずつ次の行動を起こしていきたいですね。

以上、参考になれば幸いです。