空き家を何せずに

そのままにしているのはもったいない。

相続したけれど使い道がわからない。

そう思う方も多いでしょう。

 

空き家は時間がたてばたつほど

老朽化してしまいます。

そのため、できる限り早めに

有効活用できると良いですよね。

 

今回は、そんな空き家の活用方法に

ついて解説していきます。

スポンサーリンク

空き家の活用方法

空き家の活用方法は大きく分けると

  1. 賃貸として貸し出す
  2. 解体して更地にて残す
  3. 売却する

ことの3つとなります。

 

空き家を賃貸にする

現在所有している空き家が

人の住める状態にあるのなら

賃貸として貸す方法があります。

 

また、家は綺麗でも庭などの

草木がぼうぼうで住めないような

空き家ならリフォームしてから

賃貸とするのも方法としてあります。

空き家リフォームの詳細はこちら!

 

メリットとしては、人が使うことに

なるので、老朽化の防止になることと

家賃収入を得ることができる点です。

 

また、近年はシェアハウスなどの

需要も高まってきており

比較的安定して収益を得られるのも

メリットとして注目されています。

 

今現在は使わないけれども

空き家そのものの状態は良いから

売りたくないという場合や

今後その家で再び暮らす予定がある

場合にオススメできる活用法です。

 

一度、家を貸したら戻ってこないか

不安と思う方もいるかと思いますが

定期借家契約という契約を

結べば一定期間のみ賃貸として

貸し出すことができます。

 

詳細は国土交通省が発表した

個人住宅の賃貸活用ガイドブック

に具体的な流れが記されているため

賃貸として貸す場合には一度は目を

通しておくことをオススメします。

 

また、空き家バンクという制度を

活用する手もありますね。

空き家バンクって何?その仕組みや
手続きの流れを簡単解説!

スポンサーリンク

空き家を解体する

空き家はあるけれどボロボロで

管理するのが大変だから

どうにかしたい・・・。

だけど土地は売却はしたくない

という場合には空き家の解体だけ

行う方法があります。

 

更地にしておけば管理の

手間はなくなり、新たに家を

建てたい場合や売りたい時でも

すぐに手続きすることができます。

 

反面。更地にしてしまうと

建物がある時に比べて固定資産税が

実質6倍になるというデメリットがあります。

 

ただ、特定空き家に指定されるような

危険な空き家の場合は特例として

固定資産税が軽減されたり

解体の費用を補助してくれるなどの

特例が適用されることがあります。

特定空き家とは一体何なのか?
その判断基準とは?

 

空き家を売却する

空き家といっても既にボロボロで

管理するのが大変だったり

固定資産税を支払うのが面倒。

また今後リフォームして住むつもりも

ないという場合には売却するという

方法があります。

 

また、売却の中にも

空き家をそのままで売却する方法

解体して更地にして売却する方法

2種類あります。

 

空き家のまま売却する場合の

メリットは、とにかくそのまま売るので

手間やお金がかからないことです。

 

デメリットは、そのままう売るため

その後の修繕や解体、測量などの

負担はすべて購入者側の負担となる

関係上売却価格が安くなることです。

 

空き家を解体する場合のメリットと

デメリットは逆になります。

 

時間や手間をかけたくない場合や

自分一人ではどうしよもできないような

放置されてしまった空き家は

そのまま売却する方法がオススメです。

 

まとめ

このように空き家にも活用方法は

確かにありますが、その空き家の状態や

所有者の意向によっても活用方法も

変わってくるため、どれが一番良いとは

一概には言えません。

 

ただ、空き家は長期間放置するほど

老朽化が進む恐れもあるので

できる限り早めの対応を

心がけたいところです。

 

空き家の活用を希望する場合は

自治体や空き家のNPO法人などとも

相談して最良の活用方法を

選択していきましょう。

スポンサーリンク