「空き家をそのまま放置しておくのはもったいない。」「相続したけれど使い道がわからない。」

空き家を抱えている方の中には、そのように思う方も多いでしょう。

空き家は時間がたてばたつほど老朽化してしまうため、可能であるなら有効活用できると良いですよね。

今回は、そんな空き家の活用方法について解説していきます。

スポンサーリンク

空き家の活用方法

空き家の活用方法は大きく分けると

  1. 賃貸として貸し出す
  2. 空き家バンクに登録する
  3. 解体して更地にして残す
  4. 売却する

の4つがあります。

 

空き家を賃貸にする

現在所有している空き家の状態が良く、人が問題なく住める状態にあるのなら賃貸として貸し出す方法があります。

また、家は綺麗でも庭などの草木がぼうぼうで住めないような、空き家ならリフォームしてから賃貸とするのも方法としてあります。

 

賃貸のメリットは、人が使うことになるので老朽化の防止になることと、家賃収入を得ることができる点です。

また、近年はシェアハウスなどの需要も高まってきており、比較的安定して収益を得られるのもメリットとして注目されています。

 

今現在は使わないけれども空き家の状態は良いから売りたくないという場合や、将来歴にその家で再び暮らす予定がある場合にオススメできる活用法です。

一度、家を貸したら戻ってこないか不安と思う方もいるかと思いますが定期借家契約という契約を結べば一定期間のみ賃貸として貸し出すことができます。

 

空き家バンクに登録する

上記の賃貸と似ていますが、空き家バンクに登録し、空き家バンクとして貸し出す方法もあります。

空き家バンクは、一般的に空き家を借りる側がリフォーム、修繕を行うため、所有者にとって修繕費用の負担を最小限に抑えることができます。

 

借りる側は自由に空き家を改修でき、空き家の所有者は退去時に家が綺麗に直った状態で戻ってくるため、双方にメリットがあります。

「古い家だから自由にリフォームしても構わない」という方であれば、空き家バンクに登録してみると良いでしょう。

空き家バンクについては「空き家バンクとは何?手続きの流れを分かりやすく解説」を参考にして頂ければと思います。

 

スポンサーリンク

空き家を解体する

「空き家はあるけれどボロボロで管理するのが大変だからどうにかしたい。」「だけど土地は売却はしたくない」という場合には、空き家の解体だけ行う方法があります。

更地にしておけば管理の手間はなくなり、新たに家を建てたい場合や土地を売りたい時でも余計な手続きが少なくて済みます。

 

ただし、更地にしてしまうと建物がある時に比べて固定資産税が実質6倍になるというデメリットがあります。

この点は空き家問題の課題でもありますが、危険な状態の空き家を放置していると「特定空き家」に指定され、どちらにしても固定資産税の負担が増えてしまいます。

 

ちなみに、特定空き家に指定されるような危険な空き家の場合は特例として、固定資産税が軽減されたり、解体の費用を補助してくれるなどの特例が適用されることがあります。

空き家の状態が悪い場合には、補助金を利用して解体するというのも選択肢の1つとなります。

 

空き家を売却する

空き家といっても既にボロボロで管理するのが大変だったり、固定資産税の負担が大きい、また今後リフォームして住む予定もない場合には、売却する選択もあります。

 

また、売却の中にも空き家をそのままにして売却する方法と、空き家を解体して更地にしてから売却する方法の2種類あります。

空き家のまま売却する場合のメリットは、とにかくそのまま売るので手間やお金がかからないことです。

デメリットは、そのままの状態で売る以上、その後の修繕や解体、測量などの負担はすべて購入者側の負担となるため、売却価格が安くなる可能性があります。

 

時間や手間をかけたくない場合や、自分一人ではどうしよもできない空き家の場合は、そのまま売却してしまった方が負担も少ないです。

ただ、空き家といっても資産であることには変わりないので、あくまでも空き家の売却は最終手段として考えておきたいです。

 

まとめ

このように空き家にも活用方法はいくつかありますが、その空き家の保全状態や所有者の意向によっても有効な活用方法は異なるため、どれが一番良いとは言い切れません。

ただ、空き家は長期間放置するほど老朽化が進む恐れもあるので、できる限り早めに次の対応を考えておきたいです。

空き家の状態が良いなら賃貸として貸し出したり、修繕費が出せない場合には空き家バンクに登録してみるなど、空き家の状態に応じて上手く活用させていきましょう。

以上、参考になれば幸いです。