一軒家で共に暮らしていたご家族の方が老人ホームの施設に入居したり、亡くなられたりすると、その家は空き家になってしまいますよね。

空き家の管理だけでも大変ですが、空き家の中にある荷物をどうしたら良いか迷ってしまうこともあるでしょう。

 

特に、空き家の荷物がそのままの状態で放置されていると、火災などの防災上の問題も発生してきます。

今回は、空き家の荷物整理の方法について解説していきます。



空き家の荷物はどうするべきか

筆者である自身も過去に空き家を管理してた時がありましたが、空き家の荷物整理は本人が生きているか、それとも既に亡くなられているかで、その対処法も変わってきます。

 

空き家の持ち主がまだ元気な場合

もし本人が施設に入居しており、まだ元気で暮らしている状態であれば、本人と一緒にどの荷物が必要で、不要な荷物はどれなのかを整理したいところです。

特に、本人でないと分からないようなアルバムや写真、その他の思い出が詰まった物などは、生前のうちに整理しておきましょう。

 

重要な物とそうでない物が整理されずに本人が亡くなってしまうと、残された家族にとって、どれを取っておくべき物なのか判断に困ってしまいます。

また、本人がもう元の住居には戻れないといった場合には、できる限り早めに本人と共に、空き家の荷物を整理しておくのが望ましいです。

 

万が一空き家を解体するといった場合にも、最低限残しておくべき荷物が分かっていれば、他のこともスムーズに進められます。

荷物の置き場所がない場合には、整理した荷物をトランクルーム等に保管しておき、そこから整理する方法もあります。

どちらにしても本人が元気なうちにある程度の荷物整理を進めておくことが重要と言えます。

 

空き家の持ち主が既に亡くなってしまった場合

持ち主が既に亡くなられている場合には判断できる本人がいないため、どの荷物を取っておくべきか分からないことも多いです。

そのため、特に急いで解体する必要がない場合には、時間をかけて一部屋ずつ片付けていきましょう。

必要なものは今の自宅で使ったり、本など売れるものは買取に出すという方法もあります。

 

また、自分一人では荷物整理の判断が難しいこともあるので、できる限り家族や親戚の方と協力して、一緒に整理すると良いです。

家族や親戚に何も伝えず、自分一人で勝手に整理してしまうと、思わぬトラブルを引き起こす可能性があります。

 

荷物が多い場合は業者を利用した方が良い?

単に荷物整理といっても、空き家に物が多いと肉体的にも時間的にもなかなか整理が進まないこともあるでしょう。

空き家が自宅から遠く離れた所にあったり、仕事や家事等で忙しく、空き家の管理まで手がまわらないという方もいるかと思います。

そのように自力で整理できない場合には業者(遺品整理)サービスを利用するのも1つの方法です。

 

ただ、業者との連絡や相談をしっかりと行っていないと、残しておく予定だった物を処分されてしまうなどのトラブルを伴う危険性があります。

可能であれば自分達で「必ず残しておきたい荷物」だけ先に整理しておき、それ以外の不要な物については業者にまとめて処分するような手順を踏む方が確実です。

 

また、業者によっては空き家の荷物整理や遺品整理などの相談に乗ってくれるところもあるので、業者を利用する場合には事前によく相談した上で利用したいです。

最適な遺品整理業者を見つけたい方はこちら

 

まとめ:早めに整理しておくことが望ましい

空き家の荷物・遺品整理は、荷物の量が多いほど残された家族への負担も大きくなります。

理想的なのは、空き家の持ち主がまだ元気な時に空き家の荷物整理を終わらしておくことです。

 

すぐに空き家の荷物を片付けるなら遺品整理業者を利用すると良いですが、その際は業者とよく相談した上で行うようにしましょう。

以上、参考になれば幸いです。

 

最適な遺品整理業者を見つけたい方はこちら