「今ある空き家をリフォームして賃貸として貸出したい」「とりあえず人が住める状態までに修繕したい」

この記事を見ている方は、きっとそのようなことを考えているかと思います。

空き家のリフォーム業者は数多く評判も異なるため、空き家をリフォームしようと考えている場合には、必ず複数の業者を比較検討した上で行うようにしたいです。

今回は、そんな空き家のリフォームする際の注意点について解説していきます。

スポンサーリンク

空き家のリフォームについて

まずは業者を選ぶことが重要

空き家をリフォームするにあたって一番重要なのは業者選びです。

一般的にはリフォーム業者に依頼することが多いですが、必ずしもリフォーム業者に依頼する必要はありません。

 

例えば、リフォームする空き家が建築家と立てた家の場合にはその建築に携わった建築家に相談するという方法もあります。

建築家の場合には、すでにその人と間に信頼関係があるだけでなく、その家の構造についても一番良く知っています。

そのため、建築家に相談することで予算や希望に沿った形で、リフォームを行える可能性が高いです。

 

また、建売住宅の場合には、その販売元に相談してみるのも良いです。

販売元が建設会社というケースも多く、家の構造や状況を理解しています。

 

リフォームにかかる費用について、比較的早くに見積もりを出してもらえる可能性が高く、最初に相談する場合、その家の建築や前回のリフォームに関わった会社に相談してみると良いです。

 

リフォーム業者に依頼するのなら

rifomu

リフォーム業者に依頼す場合には、必ず複数の業者から見積もりを取るようにしましょう。

複数の業者に実際に家の状態を見てもらうことで、費用面だけでなく、リフォームに対する姿勢ややる気、信頼できるかどうかを比較検討することができます。

特に、費用は安いけどもリフォームの質が良くないというケースもあるので、口コミやネットでも評判を探すと良いです。

 

また、複数の見積りの結果から、もしかしたらリフォームよりも建て替えた方が良いという結論が出るかもしれません。

そして、業者を選別するために、見積書についても分からないところは納得のいくまで質問すると良いです。

信頼と実績のある業者であればしっかりと見積もりの質問にも答えてくれるはずです。

 

そのように、比較検討することはリフォーム業者を利用する場合には非常に重要なことです。

 

スポンサーリンク

費用はピンキリ?

単に空き家といって、老朽化が激しかったり、逆にそのままで使えるような状態の良い空き家など、その状態は様々です。

費用に関しては、リフォームに何を求めるか、どこを修繕するのかによっても大きく変わってきます。

 

例えば、床の張替えや屋内の内装を変える、キッチンやトイレ、お風呂場などの水回りを大幅に変えるなど、大規模なリフォームを行う場合にはその費用も大きくなることはあります。

 

内装、外装ともに大規模にリフォームする場合には数百万といった金額になることも珍しくありません。

費用面に関してはケースバイケースといったところが大きいですが、安易に価格だけで決めたりせず業者も信頼と実績があるところを選び十分に相談した上でリフォームを行うことをオススメします。

 

なお、よく見かけるリフォーム業者のチラシには低価格をうたっている業者もありますが、それらは最低限の費用しか考慮されていないため、満足のいくリフォームが行われない恐れがあります。

特に、費用だけを気にしていると実際に希望していた通りにリフォームが行われなかったり、リフォーム後に欠陥が見つかるなど思わぬトラブルに巻き込まれる恐れがあります。

 

補助金はどうなのか?

これは各自治体にもよりますが多くの自治体では、空き家のリフォーム費用に対していくらかの補助金・助成金が出る場合があります。

ただ、これも自治体によって条件が決められており、その条件が厳しいことも多いです。

 

補助金については自治体によっても条件や補助金額も異なるので、事前に空き家を管轄する市区町村の窓口やホームページで確認してみましょう。

条件を満たせば修繕費を節約することができるので、リフォームを検討している方は各自治体の補助金制度を忘れずに確認しておきたいです。

 

まとめ

このように空き家のリフォームは正しく計画を立てて行えば非常に良い物件となり、再び住めるようになったり、賃貸として貸し出したりできるようになります。

ただ、それに至るまでにやるべきことや費用の負担も大きいので、空き家をリフォームする場合には、入念に下調べと比較検討が欠かせません。

空き家をリフォームする際は安易に値段だけで決めず、修繕費や修繕の規模、業者の評判など総合的に判断した上で行うようにしましょう。

以上、参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク