空き家を解体した後に土地を有効活用させようと考えた時、真っ先に思い浮かぶのが「駐車場」でしょう。

確かに駐車場なら更地にした土地を少し工事すれば作れますし、上手くいけば賃料としての収入も期待できますよね。

今回は、そんな空き家を駐車場にするメリットやデメリットについて解決していきます。

スポンサーリンク

空き家を駐車場するメリット・デメリット

駐車場にするメリット

駐車場にするメリットとして、とにかく土地さえあれば駐車場を始められるということが一番のメリットです。

空き家から更地にした場合、固定資産税が増えてしまいますが、駐車場からの収益でカバーすることができます。

また、駐車場であれば空き家の解体後、道路の舗装と駐車場整備の設置までに1か月~2か月程度と短く、解体後すぐに駐車場を始めることができます。

 

駐車場であれば空き家のときに比べても管理や手入れの手間がなく、所有者の負担が大幅に減り、なおかつ駐車場からの収入も期待できます。

万が一駐車場が上手くいかなくても、駐車場を元の更地に戻すことは容易なので、経営に失敗してもその損失を最小限に抑えられます。

駐車場は始めやすくやめやすい土地活用なので、比較的ローリスクなこともメリットと言えますね。

 

スポンサーリンク

駐車場のデメリット

駐車場にする場合、その空き家を解体して更地にしてしまうので、住宅用の土地に比べて固定資産税の負担が重くなります。

もちろん、解体には多額の費用が必要となるので、その費用負担も踏まえた上で駐車場にするのか判断しなくてはなりません。

 

駐車場にしたのは良いものの空き家の時より税負担が増えてしまうため、ある程度駐車場からの収益が見込めないと損をしてしまう可能性があります。

周辺の環境や駐車場の相場などを総合的に判断した上で、どれぐらい利用されれば収益がでるのか、予めしっかりと想定しておかないと後悔するかもしれません。

 

また、土地の場所やその面積によっては、そもそも駐車場に向いていない場合もあります。

例えば、道が狭かったり、土地面積が狭い、死角が多く車の出し入れに危険を伴うような場所は駐車場に向いていません。

そのような駐車場に不向きな場合、業者に見積依頼を出しても需要や安全面から断れる可能性もあります。

 

駐車場にするとは言っても、駐車場で収益を出すためには経営力が必要になるので、空き家の管理とはまた違った負担を背負うということもデメリットと言えます。

 

まとめ

このように空き家を駐車場にするにもメリットとデメリットがあり、管理が楽だと思って安易に駐車場に変えてしまうと、固定資産税や駐車場経営の負担から失敗をしてしまうリスクもあります。

また、その土地の大きさや周辺環境によっては必ずしも駐車場が向いているとは限りません。

 

もし空き家を駐車場にしようと考えているのなら、事前に空き家の活用方法について専門家と相談してみることをオススメします。

以上、少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク