増え続ける無縁仏が社会問題と

なっているお墓の問題。

 

近年は、経済事情や家族形態の変化で

そもそもお墓自体持ちたくないと

考える方も多くなってきたようです。

 

そんな中で永久供養という

サービスが注目を集めています。

 

今回は、この永久供養とは

どういうことなのかを解説していきます。

スポンサーリンク

永代供養とは

永代供養(えいたいくよう)とは

お墓を管理する人がいなくても

お寺や霊園で代わりに管理してくれる

供養形態ことです。

 

永代供養が行われるのは主に

  • お墓を管理できる人がいない
  • 家族や息子に負担をかけたくない
  • お墓にお金をかけたくない

といった場合です。

 

特に、近年は独り身の高齢者の増加や

核家族化の進行に伴って需要が

高まりつつある供養形態と言えます。

 

メリットはやはりその管理の手間が

なくなることと、お墓をたてるよりも

費用負担が小さいことにあります。

 

費用については、お寺や霊園によっても

変わってきますが、相場としては

5万円~100万円といった感じです。

 

ただ、お墓を実際に購入して

その維持費などを含めた費用に比べて

安いことは、間違いないです。

 

永代供養の種類

永代供養は、そのお墓の設置形態や

遺骨の安置方法にも様々な

種類があります。

 

お墓の設置形態

こちらは主に外観のことです。

屋外型のお墓や屋内に設けられる

お墓など様々な種類があります。

 

屋内型の場合はロッカーのような

感じのお墓だったり、マンションにような

機械式のお墓もあります。

(テレビCMでもたまに見かけますね。)

 

遺骨の埋葬形態・安置方法

その故人の遺骨を埋葬する

形態もいくつか種類があります。

スポンサーリンク

個別安置型

これは遺骨の入った骨壷を

個人別に分けて指定の場所に

安置する方法です。

 

通常のお墓と形態が似ていますが

17年、33年、最長で50年といった

期限が決まっており、その期限が

過ぎるとその殆どは合祀型の

共同墓地に埋葬されます。

 

集合安置型

こちらは故人の骨壷を他の故人と

共通のスペースに安置する方法です。

 

故人ごとに小さな墓石をたてて、

それらを集合させて一つのお墓を

作ります。

 

合祀型(ごうしがた)

こちらは骨壷の中に入っている遺骨を

取り出し、1つの埋葬場所に

集めることで埋葬する方法です。

共同墓地型がこの形態に当たります。

 

永代供養墓としては最も多い

形態であり、その費用も

最初から合祀する場合には

他の安置方法より安価です。

 

ただ、他の故人の遺骨も全て

混じってしまうので、一度埋葬すると

後から改葬することはできません。

 

永代供養のデメリット

お墓を管理する必要がなく

手間がかからないのが利点でもある

永代供養にもデメリットがあります。

 

墓を持ちたくないという人が

増えているのは確かですが

全ての人がお墓が嫌かというと

そういう訳ではありません。

 

永代供養の場合はお墓参りをする

墓石が実質なくなってしまうので

親族の中にはお墓がないことに

快く思わない方も居られます。

 

特に、合祀型の場合は遺骨が

他人の遺骨と混ざってしまうので

残された遺族からしたら複雑な感情を

抱く恐れもあります。

 

そのため、安易に相談もせずに

埋葬してしまうと、親族の間で思わぬ

トラブルを引き起こす恐れがあります。

 

デメリットをまとめると

  • 遺骨を取り出せなくなる
  • 墓石がないので墓参りがなくなる
  • 親族間での合意なしに行うとトラブルに繋がる

といった感じです。

 

まとめ

このように永代供養による埋葬は

とにかく管理の手間とコスト負担が

大幅に軽減されるので

近年の家族形態の変容に

合致した埋葬方法とも言えます。

 

しかしながら、全ての人が

永代供養を望んでいる訳ではないのも

忘れないようにしたいです。

 

手間がかからないといって

親族の感情を疎かにするのでは

後々、トラブルを引き起こす

原因となります。

 

遺骨の埋葬方法は親族とも

よく相談した上で、最も適切な方法を

選択していきましょう。

スポンサーリンク