増え続ける無縁仏が社会問題となっているお墓の問題。

近年は、経済事情や家族形態の変化で、そもそもお墓自体持ちたくないと考える方も多くなってきたようです。

 

そんな時代の変化の中で、永久供養というサービスが注目を集めるようになりました。

今回は、この永久供養とはどういうことなのかを解説していきます。

スポンサーリンク

永代供養とは

永代供養(えいたいくよう)とは、お墓を管理する人がいなくても、お寺や霊園で代わりに管理してくれる供養形態ことです。

永代供養が行われるのは主に

・お墓を管理できる人がいない
・家族や息子に負担をかけたくない
・お墓にお金をかけたくない

といった場合です。

 

特に、近年は独り身の高齢者の増加や核家族化の進行に伴い、需要が高まりつつある供養形態となっています。

 

永代供養のメリットとは

お墓の供養・管理で悩むことがなくなる

永代供養の一番のメリットは、お墓のことで面倒な手間が一切かからないという点にあります。

永代供養で遺骨を埋葬した場合、供養と管理はお寺や霊園の管理者が行ってくれるため、私たちはお墓の管理のことで悩むこともなくなります。

 

また、身寄りのない方でも無縁仏になる心配がないという点も永代供養のメリットです。

 

費用が安い

永代供養の場合、墓石代や墓地の管理費用も基本的にないので、一般的なお墓に比べて安く利用することができます。

 

使用料についても、最初に永代供養料や納骨料を支払えば、基本的にそれ以降、追加費用は発生しません。

生前契約の場合には、スペース確保のための年会費がかかる場合がありますが、納骨後は不要になることがほとんどです。

 

実際に発生する費用や年会費については、利用するお寺や霊園、オプションによっても違うので、具体的な料金については各業者を比較検討してみましょう。

 

合祀墓であれば5万円前後で可能であり、本格的な供養の場合は20~30万円ほどかかります。

お寺や霊園によってもプランが豊富なので、目的と予算にあった永代供養を選択できます。

 

宗教・宗派に関係なく利用可能

永代供養は多くの場合、宗派を問わず誰もが利用できます。

宗派に関係なくお墓を選べるため、墓選びの選択肢も広がります。

 

ただし、お寺によっては檀家であることが条件のこともあるので、受け入れ条件については確認しておきましょう。

 

永代供養のデメリット

お墓を管理する必要がなく手間がかからないのが利点ですが、永代供養にもデメリットがあります。

 

合祀墓地は遺骨の取り出しが不可能

永代供養を行った場合、遺骨は他の遺骨と共に合祀墓に埋葬されるのが一般的です。

 

他人の遺骨と混ざってしまうので、埋葬後に再び遺骨を取り出すことはできなくなります。

 

そのため、親族と相談せずに永代供養を選んでしまうと、遺骨を巡り思わぬトラブルを引き起こす恐れがあります。

 

特に、先祖代々お墓を守ってきた方や、檀家に入っている方は、永代供養を受け入れられないかもしれません。

永代供養を行うのであれば、親族とよく相談した上で決めましょう。

 

まとめ

このように永代供養による埋葬は、とにかく管理の手間と費用負担を抑えられるので、近年の家族形態の変化に合致した埋葬方法とも言えます。

ただし、一度納骨してしまうと後から遺骨を取り出すことができないことには十分注意しましょう。

以上、参考になれば幸いです。

 

失敗しないお墓探しなら
もしもドットネット

 

 

スポンサーリンク