自分の人生の記録や残された

家族や知人のために伝えたいことを

書き記すエンディングノート。

 

遺言書と違って自由に書けて

手軽に始められることは確かですが

いざ書いてみようとしても

自由すぎて何を書いたらよいか

分からないという方もいるでしょう。

 

今回は、そんなエンディングノートの

書き始めるにあたって必要な

書き方について解説していきます。

スポンサーリンク

ノートは何を選ぶべき?

エンディングノートといっても

現在では書店で様々な種類があり

どれを選んだらよいか迷うことも

あるでしょう。

 

また、自作して1からノートを作ることも

できますが、これは初めての方に

とっては難しいですよね。

 

そのため、初めてエンディングノートを

書く場合には、あまり分厚くなく

解説書がついているノート

選ぶと良いです。

 

いきなり分厚く記入する項目が

多いものを選んでしまうと途中で

書くのが嫌になってしまう可能性が

あるので、最初は簡単なノートを

選択することをオススメします。

 

エンディングノートの4つの書き方やコツ

エンディングノートを選んだら

あとは、記入していくだけですが

何から書いたらよいか

迷ってしまいがちです。

 

今回は最初に書いておくべき項目や

書き方のコツを紹介していきます。

 

ちなみに、エンディングノートは

遺言書のような法的拘束力がないので

鉛筆やシャープペンシルなどの

消えるもので書いても問題ないです。

そもそもエンディングノートって何?
遺言書との違いについてはこちら!

 

①意志が伝えられなくなった時の対処

これは健康で元気な間は

なんの問題もないですが、もし万が一

自分自身の意志ではどうしよも

できなくなった場合に必要になります。

 

具体的な例としては、延命治療

これに当てはまります。

 

ご本人が植物人間や脳死などといった

自分の意志ではどうしよもできない

状態になってしまった時に

自分はどうしたいのかをノートに

書き留めておくことで、家族の方の

決断の助けとなります。

 

特に、延命するかしないかの判断は

ご家族がすぐに決めるのには

非常に難しいのでできる限り

自分の考えをまとめておきたいです。

 

②お葬儀や遺骨、埋葬方法など

これはエンディングノートの中では

最も一般的な項目ですね。

 

主に

  • お葬式はどうするか
  • 遺骨はどうやって埋葬するのか

といった自分が死んだ時に

どのようにして欲しいかその希望や

望みをまとめておきましょう。

 

経済的な負担や親族の感情

宗教的なことも関係してくるので

じっくり時間をかけて考えを

まとめておきたいです。

近年ではお葬式やお墓がない
ゼロ死という方法もあります。

 

ただ、財産等の配分については

法的拘束力がある遺言書に

書いた方が良いです。

 

③日々の感謝の気持ち

エンディングノートは何もお墓や

お葬式のことばかり書き残す

ノートではありません。

 

エンディングノートは

感謝の気持ち」を家族や親しい

知人など日頃お世話になった方へ

書き残しておくこともできます。

 

普段、言葉で言うのが難しい

場合であっても、文章にして

書き残すことで十分伝わります。

 

これらの感謝の気持ちが

残された家族に触れることで

死の悲しみから立ち直る

大きな支えとなります。

 

エンディングノートの真骨頂は

ここにあるといっても過言では

ありません。

自分の素直な気持ちをノートに

書き残しましょう。

 

④銀行の口座番号などのお金関係のこと

お金のことを書くのは誰もが

気が引けてしまいますが

これも非常に重要なことです。

 

亡くなった後に、銀行などの口座から

お金を引き出すのは非常に大変です。

 

特に、ネット口座などはノートに

記載しておかないと誰にも気づかれず

そのままになる恐れもあります。

 

また、借金など生前に言えないような

秘密を死後もそのままにしていると

重大なトラブルを引き起こし、家族が

崩壊してしまう危険もあるので

借入先や金額などの情報も

必ず書き残しておきましょう。

 

まとめ

このようにエンディングノートは

自由度が高い反面、何を書いたら

良いか逆に迷ってしまい

手が進まないこともあります。

 

しかしながら、この4つの項目

書き残しておくことでだけでも

エンディングノートの役割は

十分に果たすことができます。

 

ただ、いきなり全ての決断をすることは

不可能なので、少しずつ情報や

考え方をまとめていきましょう。

 

後から訂正できるので

そこまで深く考えすぎずに

まずは書けるところから少しずつ

書いていくと良いですね。

スポンサーリンク