誰もがいつかは必ず迎えることになる「死」のこと。

延命治療という言葉は皆さんも一度は聞いたことがあると思います。

 

延命治療の意思表示には主に、「エンディングノート」か「尊厳死宣言書公正証書」などに意思表示をしておくことが重要になります。

今回は、延命治療とは何かその意思表示のやり方について分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

延命治療とは?

tentekisirueto

延命治療とは、回復の見込みがない状態で、死を迎えるだけの患者に、人工呼吸器や生命維持装置などを着けることで、その命をできる限り維持することです。

 

つまりは、もうその病気やケガを治す治療法がなく、生命維持しか他に選択肢がなくなってしまった状態のことを言います。

 

延命治療は自分自身の生き方を決断をすることなので、延命治療を行わなずに自らの意思で死を迎えることは「尊厳死」とも言われています。

関連記事:尊厳死と安楽死は何が違うのか?

 

延命治療の意思表示がないと残された家族は延命治療を行うべきか、その判断に悩まされることになります。

特に、延命治療が必要になった状態というのは、既に本人が自分の意志で言葉を発することが困難な状態なので、この段階で本人に意思確認を行うのは不可能です。

 

そのような万が一の時に備えて、自分は延命治療を必要とするのか、元気なうちに意思表示を残しておくことが非常に重要となるのです。

 

スポンサーリンク

延命治療の意思表示をするには?

endelingunoto3

延命治療を希望するかどうかは、エンディングノートに示すことも可能ではありますが、できれば尊厳死宣言書公正証書を作成した方が良いです。

エンディングノートは確かに意思表示には役立ちますが、法的拘束力がなく、あくまでも書き置きみたいな物なので家族の方がノートの存在を知らないと無意味です。

 

しかし、この宣言書を作成すれば本人が自分の意思で尊厳死を希望していることを公的に証明することができます。

これは公証人の立ち会いのもとで公証人がその意識を聞き取り、その内容を公正証書として残してくれます。

 

この尊厳死宣言書公正証書は、公証役場で作成することができます。

 

だだ、この証明を個人で作成するのは事前の打ち合わせなどが大変なので、司法書士などのサービスを利用してその意思をしっかりと書面に反映することをオススメします。

 

また、一般財団法人の日本尊厳死協会の会員になって、尊厳死の宣言書に署名する方法もあるので、自分のやりやすい方法で尊厳死の証明を残しましょう。

この宣言書を作成することで万が一の時の不安感が軽減され、自分の気持ちも整理できるために、できる限り早めに作成することが望ましいです。

 

必ずしもその通りにはいかない?

尊厳死を望んでいることを証明する方法はありますが、現状の日本では尊厳死に関する具体的な法律は定められていないので延命治療を完全に否定することはできません。

 

そのため、どのような公的な証明を作成しても、最終的に医師がその意思に同意してくれないと尊厳死は認めらないことになっています。

なぜ尊厳死に同意してくれないのか、その理由は尊厳死は少し間違えば殺人罪になるという、非常に大きなリスクを負っているからです。

 

ただ、最近の医療現場においては、その意思表示が証明できているなら9割以上が尊厳死に同意してくれると言われています。

基本的にはそこまで気にする必要はないのですが一応、全ての医師が尊厳死に同意してくれる訳ではないことは覚えておきましょう。

関連:尊厳死と安楽死の意味と違いはこれ!日本は認められてない?

 

まとめ:元気なうちに意思表示を残しておくべき

このように延命治療はその人の人生最後のあり方を示す重要な決断となります。

延命治療を拒否し、尊厳死を望んでいる場合には、そのことを書面でしっかりと書き残すだけでなく家族にもあらかじめ伝えておくことが重要です。

後のトラブルや混乱を防ぐためにも早めの準備を心がけましょう。

 

スポンサーリンク