患者の命を限りなく最後まで延命させる方法である延命治療。

延命治療というのは必ずしも正解があるとは言い切れない難しい問題であり、その決断には計り知れない辛さがあります。

命が関わる延命治療をメリット・デメリットで判断するのはどうかと思いますが、感情論を抜きにしてそのメリットとデメリットを知ることは必要です。

今回は、その延命治療のメリット・デメリットについて解説していきます。

スポンサーリンク

延命治療のメリットとデメリット

延命治療のメリットは命を延命させることにある

byouinnyuinhiyouokane (3)

延命治療のメリットは言うまでもなく、命を延命できるというところにあると言えるでしょう。

延命治療を行うことができれば、その患者の命の期限を引き延ばすことができます。

人によってもその考え方は異なりますが、命を少しでも長く維持したいと考えている人にとっては延命治療の最も大きなメリットであることは間違いないです。

また、まだやり残したことがあったり、やりたいことが残っているという場合には延命治療を行うのはメリットと言えます。

ただ、延命治療は命の期限を引き延ばす治療であり本当の回復のための措置ではないので、どんなに延命治療を行っても元の健康的な状態に戻ることはありません。

厳しい言い方ですが、現実的に見れば「延命できる」ということ以外にメリットはないとも言えます。

スポンサーリンク

延命治療のデメリット

延命治療の費用は高額

byouinnyuinhiyouokane (4)

延命治療を行うにあたって、避けて通れない問題としてお金の問題があります。

あなたは延命治療にどれだけの費用がかかるかをご存知でしょうか?

患者の状態によってもその費用は様々ですが、少なくとも入院代や食事代、薬品や医療器具に使われる医療費が発生します。

一般的にどんなに安くても月に5~10万円以上かかることがほとんどであり、個室の部屋を利用したり、他のオプション等の利用も考えると月に数十万円以上かかることも珍しくはありません。

詳しくは延命治療の費用のところで解説しております。

 

延命治療には終わりが見えない

karendasukejyurumemoyotei

延命治療のもう一つの大きなデメリットとしては、延命治療は一度始めると終わりが見えない治療であるということです。

先ほどの費用負担の面で考えても終わりが見えないために、延命治療の費用は最終的に非常に高額になる可能性もあります。

特に、ご家族の方にとっては費用のことや身の回りの世話など精神的にも負担が大きく、将来の見通しが立てられないというデメリットもあります。

本人の尊厳が奪われ苦痛を与える可能性がある

tentekisirueto

延命治療といっても本人に感覚がわずかにでも残っていたら、延命治療によって苦痛を味わうことにもなりかねません。

感覚があるかどうかの判断は極めて難しく、下手すれば死ぬまで辛い痛みに苦しめられることも考えられます。

また、延命治療の選択を迫られた状況では既に本人自ら意思決定を行うことができない状況に陥っていることがほとんどです。

エンディングノートや遺言書などに延命治療の意思表示がければ本人の尊厳を守れず、意向に反して延命治療を行ってしまう可能性もあります。

 

一度延命治療を始めると途中でやめるのが難しい

byouinnyuinhiyouokane (5)

直接デメリットとは言えないかもしれませんが、延命治療は一度始めてしまうと途中で延命治療を中止することが難しい処置です。

「延命治療を終える=患者の死が確定する」ということなので、延命治療を中止した場合、家族にとっては自分たちの意思で殺してしまったという負の感情にとらわれる可能性が高いです。

終わりの見えない延命治療で決断ができず、そのままズルズルと延命治療の負担を負わざるを得ないという状況に陥りやすいです。

まとめ:延命治療に正解はなく、どちらが正しいかは言い切れない

このように延命治療にはメリットとデメリットがありますが、感情論を抜きにして現実的に考えればデメリットの方が圧倒的に大きいと言えます。

しかしながら、人間の命というのは何事にも変えることのできない、かけがえのないものであるために一概に延命治療がダメだとは言い切れません。

もしも延命治療を行うのであれば、これら現実的な問題をしっかりと理解した上で行うことが必須と言えます。

決して簡単な決断ではありませんが、感情論だけでなく現実的に起こりうる問題も考慮して、延命治療を行うかどうかの選択をしましょう。

延命治療を行うか否か?延命治療の決定権は誰にある?

 

スポンサーリンク