本人にがん宣告するかしないかは、がんと向き合う上では非常に大きな意味を持っています。

がんと宣告されたらそれだけでも衝撃的なことなので、人によっては知らない方が良い場合があります。

 

かといって、隠していると後々トラブルに発展する危険もあるので、その判断は慎重にならざるを得ません。

今回は、このがん宣告を本人に伝える方がよいのか、そのメリットとデメリットについて解説していきます。

スポンサーリンク

がん宣告を本人に告知するメリット・デメリット

告知するメリット

roujingenki

がんを告知することのメリットは真実を知ることで不安がなくなり、がんの治療に前向きに取り組む姿勢になることです。

 

何も病気のことを知らされていない状態だと、どのような病気なのか全く分からず、人によっては強い不安にさらされることになります。

 

病気の原因がはっきりと分かっていれば、現実的にどのような治療を行うのかを本人も知ることができますよね。

自分の体の状況をしっかりと自覚した上で治療に向き合うことができ、がん治療において理想的な状態を作れる可能性があるのです。

 

また、精神的に前向きになれば例え余命が宣告されたとしても、有意義なものにしたいと強い思いを持って残りの人生を過ごすことができるようになります。

 

がんのことをしっかりと伝えたことで、むしろ、家族との絆が深まることも少なくありません。

 

がん告知のデメリット

roujinhuan

がんの進行具合が初期の場合は完治できる可能性が高いので、がん宣告を受けても大きなショックを受ける可能性は低いです。

 

しかしながら、発見時の時点で末期がんの場合だと話は別です。

「治療をしても回復の見込みがない」という末期がんの場合には、自分の生死がかかわってくるので特に大きなショックとなり得ます。

 

ただ、告知をしないで隠していても本人が病気の状態や家族の会話の中で、自分が重大な病気であると何となく分かってしまうこともあります。

 

それなら、最初からはっきりと伝えた方が良いかもしれません。

下手に隠していると、逆に家族との関係がギクシャクしてしまうことも考えられます。

 

そのため、最も重要なのは告知を「する・しない」といったことではなく、告知後の本人の心のケアをしっかりと行うことが最も重要なことと言えます。

 

まとめ

がんを本人に告知することは人によっては、治療に積極的に取り組むなるなどメリットがありますが、一方でショックで立ち直れなくなる人もいます。

患者さんの性格にもよりますが、事実を隠して本人が不安になるより、早めに事実を告知した方が、その後の治療を進めやすくなります。

 

告知の仕方によっても、精神的な負担も変わってくるので、告知をすると決めた場合には、その後の治療や心ケアについて事前に医師とよく相談した上で告知するのが望ましいですね。

 

スポンサーリンク