人が亡くなると発生する相続のこと。

 

単純に相続するということは

財産だけでなく負債についても

全て相続する必要があります。

 

亡くなった方が、もしも多額の

借金や負債を抱えていた場合

相続してしまうと相続人の生活が

成り立たなくなる恐れがあります。

 

そのような事態を避けるために

相続放棄や限定承認という方法が

存在します。

 

相続放棄はなんとなく想像が

できる方も多いと思いますが

「限定承認」ってあまり聞かない

用語ですよね

 

今回は、その限定承認について

解説していきます。

スポンサーリンク

限定承認とは?

限定承認とは、財産というプラスの面と

負債というマイナスの面を合わせて

プラスの面が多く残る場合に遺産を

相続するということです。

 

ただ、これだけだと

いまいちピンと来ないので

簡単な具体例を挙げます。

 

例えば、亡くなった方が持っていた

財産全てで500万円になり

同時に負債(借金)が100万円

残っていたと仮定しましょう。

 

この場合、その遺産500万円の内

100万円分を借金の返済にあてれば

400万円は相続人の手元に残りますよね。

 

この場合は、明らかに相続した方が

合理的と言えるでしょう。

 

ここでもう一つ例として

財産は500万円で変わりませんが

借金が600万円もあった場合

どうなるでしょうか。

 

この例で相続を行った場合は

相続した全財産を売り払って手に入れた

500万円を、全て借金の返済にあてても

借金は100万円残ってしまいますよね。

 

このような場合は相続すると

ただ借金を抱えることと同じなので

相続したいとは思いませんよね。

 

限定相続とは、前者の例ような

財産や負債を相続しても財産の方が

多く残る場合には相続して、

後者のように、そうでない場合は

相続しないという方法です。

 

もっと極端に言ってしまえば

借金よりも財産の方が多かったら

相続する方法だということです。

 

特に、実際に相続する際は

プラスの財産とマイナスの借金の

どちらが多いか分からないことも

多いために、限定承認なら

その心配もなくなります。

スポンサーリンク

単純承認や相続放棄との違い?

単純承認は財産や負債に関係なく

全てを相続するという普通の相続の

ことを指します。

 

限定承認の申請をしなかった場合は

この単純承認となり相続されます。

 

相続放棄との違いは相続放棄は

そもそも「相続人にならない」ことなので

限定承認で相続するかしないかの

問題以前のことになります。

 

そのため、莫大な借金が残っており

それが相続できる財産よりも多いという

ことが、明らかに分かっている場合には

相続放棄をする方が良いことになります。

 

そこの判断がまだ不透明な場合に

限定承認が役に立つのです。

 

限定承認は便利だどややこしい?

こうして見ると限定承認は

プラスの財産の方が多い場合のみ

相続することができるので、非常に便利

かつ、合理的な方法に見えますが

その分、手続きが非常に面倒という

欠点があります。

 

限定承認で相続すると決めた場合

相続放棄と同じように、3ヶ月以内に

家庭裁判所にその旨を申告する

必要があります。

相続放棄の手続きの流れとは?

 

また、相続放棄とは異なり

相続人全員が限定承認に合意する

必要があります。

 

ここが一番面倒なことであり

相続人(相続放棄していない人)の中で

1人でも限定承認に反対の方がいれば

他の相続人も限定承認とすることが

できなくなります。

 

このような面倒な手続きがあるため

一般的にも限定承認となるケースは

少ないと言われています。

 

相続人が1人、2人程度なら

そこまで面倒ではありませんが

相続人がそれ以上いるとなると

考え方の食い違いも発生しやすく

限定承認にするのは大変です。

 

特に、決断するのに3ヶ月しかない

ということもあるので、迅速な

話し合いが必要となります。

 

まとめ

このように限定承認は

その相続する財産と負債の

両方を合わせて、財産の方が

多い場合には相続するという

相続方法です。

 

亡くなった方の財産や負債が

どれぐらいの金額なのかを

明確に把握できない場合に

便利な方法ですが、その手続きは

相続放棄よりも複雑となります。

 

限定承認で相続する場合には

申請書を家庭裁判所に提出すること

以外にも、他の相続人との話し合いが

非常に重要となりますので

早めに行動するようにしましょう。

限定承認の手続き方法やその流れとは?

こちらも参考になれば幸いです。