入院や身体的な病気等が原因で

寝たきりの状態が続くと発生する

廃用症候群(はいようしょうこうぐん)

 

長期間、寝たきりの状態だと

体の筋肉や関節を使う機会が

非常に少ないため、その動きが

悪くなり、身体機能の低下や

放置していると精神的にも

悪影響をもたらすことがあります。

 

今回は、この廃用症候群とは

具体的にどういう状態なのか、

その原因を含めて解説していきます。

スポンサーリンク

廃用症候群とは?その原因は?

netakirihaisyou (1)

廃用症候群とは、長期にわたって

安静状態が続くことが原因で

身体機能の低下や精神的にも

悪影響を与えることの総称です。

 

別名で、寝たきり症候群とも

言います。

ただ、これだけだと分かりずらいので

具体例を出してみましょう。

 

例えば、あなたはこれまでに

入院した経験はあるでしょうか?

 

入院した経験がある人なら

この廃用症候群と似たような現象を

一度は経験していると思います。

 

何らかの病気やケガで入院して

何もできずに寝たきりの状態が続くと

寝ること以外にできることがないので

非常に退屈で精神的にも

かなり辛いですよね。

 

そして、トイレに行く時や

治療が終わり退院する時に、

ベッドから起き上がろうとしても

上手く立ち上がれなかったり、

ふらついた経験はありませんか?

 

まさに、その入院で寝たきりの状態が

廃用症候群の症状に近い状態と

言えます。

 

これが寝たきりの高齢者になると

さらに長期的に寝たきりの状態が

続くので、その症状が重くなる

危険があるのです。

 

特に、高齢になると筋肉の衰えが早く

関節の動きも悪くなり、さらに神経が

鈍ることで異変に気が付かないことも

症状が急速に進む原因となる

恐れがあります。

廃用症候群の具体的な症状についてはこちら

スポンサーリンク

廃用症候群の予防と対処法

kaigorihabiri

この症状を予防・改善するためには

体を動かす機会を増やすことが

最も重要です。

 

高齢になると車いすや介護等で

自力で体を動かす機会が

少なくなります。

 

意識して運動しないと自然と

体の筋肉や関節が衰えていき、

やがて寝たきりの状態になってしまう

恐れがあります。

 

介護する側の人も、何でもかんでも

介護を行うのは避けて、自分でできる

動作は極力自分で行い、介護は

必要最低限のことに限るのも

廃用症候群予防に重要です。

 

また、既に寝たきりの状態が

長期化していると、本人自身が

体を動かす気にならないことも

あり得ます。

 

そのような場合には、無理やり

体を動かすことを強制すると

逆に自尊心を傷つける恐れが

あります。

 

そのため、本人と相談して

具体的な目標を立てたり、

少しずつ運動を始めるなど

工夫をして、ゆっくり焦らず体を

慣らしていくことが大切です。

 

まとめ

このように廃用症候群は体を

ほとんど動かすことがない

寝たきりの状態が続くと発生する

厄介なことです。

 

特に、一度寝たきりになってしまうと

回復するのにも時間がかかるため

まだ健康な人であるならば

極力寝たきりにならないよう努力し、

既に寝たきりの人であっても、焦らず

少しずつ体を動かすことが重要です。

 

身体機能が衰えてしまうことは

避けられないことではありますが

定期的に運動を行って、その老化を

少しでも抑えるよう、できることは

しっかりと行っていきましょう。

 

寝たきりの人が運動する際の

注意点も参考にして頂ければと

思います。

スポンサーリンク