近年、問題となっている無縁仏。

 

お墓の後継者がおらず放置される

お墓も少なくありません。

 

放置するのはご先祖様に申し訳ないが

このままにしておくわけでにもいかない

という場合の対処法として

墓じまいがあります。

 

今回は、墓じまいのことについて

解説していきます。

スポンサーリンク

墓じまいとは

墓じまいとは極端に言ってしまえば

そのお墓を処分することです。

「廃墓」とも言われています。

 

よく「店じまい」という言葉がありますが

その墓バージョンと考えると良いです。

 

墓じまいとなる主な例は

  • お墓を継いでいく人がいない
  • お墓が遠くて管理できない
  • 古いお墓がいくつもあり管理しきれない

といった、これ以上お墓を

管理することができない状態に

なったときに行われます。

 

特に、近年は少子高齢者によって

お墓を継いでいく者の人数そのものが

減少しているためにお墓の管理は

一層難しくなっています。

 

また、お墓を管理することには金銭的

宗教的なことが関係しているため

お墓を継いでいく負担が大きく

息子にまで負担をかけたくないという

理由から、墓じまいを希望する方も

多いそうです。

 

墓じまいはどのように行われるのか

墓じまいは単純に墓石や遺骨を

撤去すればよい良いう訳ではなく

ちゃんと手順が決められています。

 

また、そのお墓が寺院のお墓

民間の霊園などの管理しているところに

よっても手続き方法が変わってきます。

 

ただ一般的な流れとしては

  1. 寺院の住職または霊園管理事務所に墓じまいをする旨を伝える
  2. 墓石を処分してくれる業者を決める
  3. 遺骨の取り出し及び工事の日程を決める
  4. 閉眼供養と遺骨の取り出しを行う
  5. お墓の撤去作業
  6. 更地に戻す
  7. 完了

というような流れとなります。

スポンサーリンク

墓じまいのトラブル

上記の流れのように文章にすると

非常に簡単そうに見えますが

実際は、全ての手順がたんたんと

進むことは滅多にないです。

 

どんなに早くても1ヶ月程かかり

通常は1~3年程かかるケースが

ほとんどと言われています。

 

逆に、急いで墓じまいを行うと

親族間でのトラブルを引き起こす

危険性があります。

 

親族の方の中には墓じまいを

望んでいない方もいるので、墓じまいを

勝手に行ったために、後々トラブルに

発展するケースは少なくありません。

 

そのような墓じまいに反対の方を

説得するのには非常に大変であり

時間をかけてしっかりと墓じまいの

必要性を理解してもらう必要があります。

 

また、墓じまいにかかる費用は

墓の広さや墓石の大きさなどにも

左右されますが最低でも数十万以上

かかるのが相場であり、費用負担も

馬鹿になりません。

 

さらには納骨されている遺骨を

取り出した後、その遺骨を

どうするのかも決める必要があります。

 

特に、先祖代々長く続いてきた

お墓の場合は、多くの遺骨が残されており

それらの遺骨を墓じまいした後

改葬するのか、処分するのかでも

親族で揉める可能性があります。

 

正直なところ、墓じまいにも

これら数々の問題があるので

なかなか墓じまいができず

結局、放置されて続けるお墓が

非常に多いのも現状です。

 

まとめ

墓じまいは作業の手順だけなら

そこまで複雑ではありませんが

そこに至るまでの過程が

墓によっては極めて複雑で

上手く進まないことがあります。

 

特に、親族や寺院との関係が

悪かったり、疎遠になっていると

数年かかる可能性もあります。

 

墓じまいを希望する場合には

親族や寺院とはしっかりと連絡を

取り合って、少しずつ慎重に物事を

進めるようにしたいところです。

 

自分はまだ大丈夫だろうと

思っていても突然病気になる

可能性もないとは言えません。

お墓のことも健康なうちに早め早めの

行動を心がけましょう。