補聴器を選ぶ際に、よく勘違いして

購入しやすい「集音器」や「助聴器」

 

一見すると、どちらも聞き取った音を

大きくして聞こえやすくするものと

思われがちですが、実は大きな

違いがあり、補聴器は医療機器

あるというのが特徴です。

 

そのため、補聴器と集音器を

間違えて使ってしまうと、

耳を傷めたり、逆に聴力低下を

引き起こすなど思わぬトラブルに

繋がる危険があります。

 

今回は、この補聴器と集音器の

違いについて解説していきます。

スポンサーリンク

補聴器と集音器の違い

iryoukigusinsa (2)

補聴器と集音器の決定的な違いは

医療機器であるかどうかです。

 

補聴器は薬事法で定められた

管理医療機器なので、厚生労働省の

認定を受ける必要があり、難聴者が

使用することを前提にして

開発・設計されている機械です。

 

そのため、個々の補聴器1つ1つに

厳しい審査が行われ、難聴に対して

確かな効果があるのか、安全性は

どうなのかといった様々な面で

審査が設けられています。

 

一方の集音器は、医療機器ではなく

聞こえた音を大きくするだけであり、

難聴になった人が使用することを

前提としていないため、難聴の人が

実際に使っても意味がなかったり

難聴を悪化させる恐れがあります。

 

ちなみに、例え補聴器と全く同じ

機能を持っている、集音器だとしても

補聴器に必要な認定を受けずに

勝手に補聴器という名目で製品を

販売すると違法になります。

 

補聴器の特徴

iryoukigusinsa (4)

補聴器は個々の製品に細かな

審査があるので、個々の難聴者に

最も適したものとなります。

 

その難聴に対する効果や使用者への

安全性が確立されているため

その価格も高い傾向にあるのが

特徴です。

 

また、補聴器は付ける人の耳に

極力負担や違和感を与えないよう

細かな機能が付いています。

 

例えば、一定以上の音量を

聞き取った場合に、自動的に

その出力を抑えるハウリング機能

周囲の騒音の中でも会話を

聞きやすくする機能など、細かな

機能も充実しているのが特徴です。

 

補聴器の種類についてはこちらで解説しております!

スポンサーリンク

集音器・助聴器の特徴

iryoukigusinsa (1)

集音器は厚生労働省の審査を

受けなくても良いので、補聴器と

比べるとその機能は簡易的で、

単純に聞いた音を大きくするのが

メインとなります。

 

集音器は聴力そのものを補うのが

目的ではなく、あくまでも

入ってきた音を単純に大きくして

出力することを目的としています。

 

そのため、どちらかというと

難聴者ではなく、正常な聴力を持つ

一般の人や難聴初期の人が

使うことを想定しているものです。

 

また、厳格な審査もないので

価格が安価であること

大きな特徴と言えます。

おおよそ補聴器の半額以下

製品が多いです。

 

sutoppukinsibatu

ただし、安価だからと言って

集音器を補聴器の代わりに

使うのは危険です。

 

補聴器と比べると、難聴者の聴力に

完全には対応できず、細かな機能も

付いていないため、どうしても耳に

負担をかける恐れがあります。

 

使い方によっては逆に聴力が低下し

難聴が悪化する恐れもあるので、

補聴器と集音器の違いは

必ず理解しておきたいです。

 

難聴と診断された方が使うのは

やはり難聴に特化した補聴器の

使用を検討した方が良いです。

 

まとめ

このように補聴器と集音器は

医療機器であるかないか

一番の違いとなります。

 

どちらも音を大きくすることには

変わりありませんが、使用者の

聴力に合ったもので、なおかつ

安全に聴力を補うことができるのは

補聴器になります。

 

集音器を使うのがいけないという

訳ではありませんが、これら2つの

違いをしっかりと理解すること

一番重要なことと言えますね。

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク