近年、遺骨の供養形態は多様化が進み、お墓を持たない葬儀を行わないケースも割と一般的になりつつあります。

さらには、お墓どころか遺骨もいらないと考えている人もおり、その形態はますます多様化しています。

 

ただし、遺骨が不要な場合には適切な手順を踏まえた上で行う必要があり、遺骨の処分に関する法律もあるため、勝手に処分することもできません。

今回は、遺骨が不要な場合にはどう対処する必要があるのか解説していきます。

スポンサーリンク

遺骨は不要な場合はどうするのか

火葬場で処理してもらえる?

honou

火葬場や葬儀屋によっては火葬後の遺骨を引き取ってもらえたり、すでに持っている遺骨を引き取って処分してくれるところもあります。

 

また、火葬の方法として焼き切りという方法があります。

この方法で火葬を行うと遺体は遺灰となり、遺骨が残ることは殆どありません。

そして、その遺灰は火葬場の職員が適切な方法で処分するため、遺骨を受け取らないことは可能です。

 

ただし、焼き切りを行うためには、焼き切りが行える火葬場を探す必要があります。

焼き切りを行うために高火力の焼却炉が必要になるので、全ての火葬場が対応しているとは限りません。

 

遺骨の焼き切りや受け取りを拒否する場合には、事前に葬儀屋と相談する必要があります。

火葬が終わってから急に遺骨を受け取らないと言うのはできないので注意しましょう。

 

近年は、事前に相談すれば遺骨の焼き切りや処分を請け負ってくれるところも増えてきたので、遺骨は受け取らないと希望する場合には一度、葬儀屋に相談することをオススメします。

 

スポンサーリンク

すでに持っている遺骨を処分したい場合

すでに持っている遺骨の場合、その遺骨をそのまま捨ててしまうと遺骨遺棄罪という罪に問われるので、勝手に遺骨を処分することはできません。

実際に過去には、スーパーのトイレに遺骨を捨て去った男性が逮捕される事件が発生しています。

 

遺骨を処分・散骨するためには必ず遺骨を粉骨して、直径2mm以下に細かくしておく必要があります。

つまりは、遺骨を後から破棄する場合でも遺灰に近い形にしておく必要があるのです。

 

遺骨を処理する方法はいくつかあり、

  • お墓に埋葬する
  • 散骨する
  • 樹木葬にする
  • 手元供養にする

といった方法があります。

遺骨の処分は個人では難しいので、遺骨を処分するとなった場合には、基本的には散骨業者に依頼するのが望ましいです。

とにかく、今すぐに遺骨を何とかしたいという場合には、最も費用負担が少ない散骨がオススメです。

 

現在では「委託散骨」という、遺骨を郵送するだけで散骨が完了するサービスもあります。

散骨だけなら5万円~10万円程度で行えることがほとんどなので、まずは業者に依頼してみることをオススメします。

 

まとめ:遺骨の処分にもルールがある

このように遺骨を受け取らないようにするには、事前に火葬場や葬儀屋と相談しておく必要があります。

お墓だけでなく遺骨そのものも不要だという方は、早い段階で遺骨の扱い方について準備しておくことが大事です。

 

また、後から遺骨を処分するのであれば、基本的に散骨業者に依頼して適切に処分するようにしましょう。

具体的な処分方法に関しては「墓を持たない人の供養方法」を参考にして頂ければと思います。

 

失敗しないお墓探しなら
もしもドットネット

 

スポンサーリンク