樹木葬は自然葬の中でも比較的新しい埋葬方法であり、宗教・宗派にとらわれず故人を供養できることで注目を集めています。

好きな花木や樹木の下で自然と一体になれる、非常に魅力的な供養の形ですよね。

 

お墓と違って管理や宗派といった面倒なこともないのが、特徴ですが準備することはいくつかあります。

今回は、その樹木葬のやり方や費用について解説していきます。

スポンサーリンク

どこに遺骨を埋葬するかを決める

jyumokusou

樹木葬を行う場合、まず遺骨を埋葬するための場所を選ぶ必要があります。

樹木葬の場所に関しては、主に里山型と公園型の2パターンあり、それぞれメリット・デメリットが異なります。

 

里山型

里山型とは、都市部から離れた山間部に埋葬する方法です。

土地の広い地方の山に埋葬を行うので、一人の遺骨に1本の樹木が割り当てられることが多く、自然に還るという意味では最も理想的な形です。

 

里山型は、地元の自然が好きな方、自然の中に遺骨を埋葬したいという方にオススメの方法と言えます。

 

ただし、里山型は都市部から離れた場所に埋葬することになるので、埋葬場所によっては交通の便が悪い可能性もあります。

購入前に必ず下見を行い、本当にこの場所で良いのかを確認することが大事です。

 

公園型(都市型)

公園型は、都心部にある霊園や公園墓地などの許可された埋葬場所にて樹木葬を行う方法です。

区画ごとに桜やバラ、スミレといった目印となる樹木があり、その目印の周囲に共同または個別で遺骨を埋葬します。

 

里山型に比べると交通の便が良く、お参りの負担が少ないことがメリットです。

土地の確保が難しい都心部では、この公園型の樹木葬が一般的となっています。

 

ただし、公園型・都市型は、里山型に比べて使用できる区画が狭いので、一人当たりのスペースが狭いことが多いです。

 

埋葬方法について

1本の樹木(1区画)に1人の遺骨

里山型など、敷地の広い場所で多く見られるのが、1本の樹木に1人の遺骨を埋葬する方法です。

1本1本、個別に埋葬されるので個別型とも言われています。

 

個人のスペースを用意するので、樹木葬の方法としては最も費用の高い方法です。

里山だとスペースに余裕があるので比較的安いですが、都市部だと使用できる面積が限られる分、費用が高くなる傾向にあります。

 

1本の樹木に複数(身内)の遺骨

1本の樹木に対応して、複数人分の遺骨を埋葬する方法もあります。

これを区分け型または集合型と呼びます。

 

夫婦で一緒に埋葬したり、家族単位での樹木葬が可能なタイプもあり、残された家族や後の世代の人も利用できるのが特徴です。

利用の幅が広く、費用に関しても1区画に1人の樹木に比べて安いため、夫婦・家族単位で利用する場合にオススメの方法と言えます。

 

合祀(ごうし)型

合祀型は1本の樹木に対して、身内や他人を問わず、全ての遺骨を一緒に埋葬する方法です。

いわゆる、永代供養の埋葬方法であり、他人の遺骨も一緒に埋葬されます。

 

樹木葬の形態としては最も費用が安く、お墓の跡継ぎがいない場合や少しでも費用を抑えたい場合にオススメの方法と言えます。

また、合祀の場合、宗教・宗派に関係なく利用できることもメリットです。

 

ただし、合祀型で埋葬した場合、遺骨は他の人と一緒になってしまうので、後から遺骨を取り出すことができません。

後にトラブルに発展しないよう家族・親族とよく相談した上で決めましょう。

 

樹木葬を行う際の手順

樹木葬を希望する場合は、希望の墓地を探し、そこへ資料請求・申し込みを行います。

墓地によって、選択できる埋葬方法や料金形態が異なるので、複数の墓地を比較してみましょう。

 

また、多くの場合、生前のうちに樹木葬で使用する区画を予約購入することが可能です。

人気の高い墓地だと抽選や順番待ちが発生することもあるので注意しましょう。

 

そして、希望の条件に合う場所を見つけたら、実際に足を運んで下見を行うことも重要です。

購入後に「思っていたの違った」ということのないよう、分からないことや不安なことはよく相談した上で決めるようにしましょう。

 

まとめ:埋葬場所・区画の大きさで費用も変わる

樹木葬は、お墓を持たなくても樹木が墓石の代わりになるので、お墓を持ちたくない方や費用負担を少しでも安くしたい方にオススメの供養方法と言えます。

 

生前のうちから予約購入できるのも樹木葬の特徴なので、樹木葬を希望する場合は、よく比較検討した上で納得のいく埋葬場所を選びましょう。

参考になれば幸いです。

 

失敗しないお墓探しなら
もしもドットネット