近年、、注目を集めている樹木葬。

樹木葬は自然葬の中でも

比較的新しい埋葬方法であり

お墓の多様化によって近年

注目を集めている供養方法です。

 

好きな花木や樹木の下で

自然と一体になれる、非常に

魅力的な供養の形ですよね。

 

お墓と違って管理や宗派といった

面倒なこともないのが、特徴ですが

準備することはいくつかあります。

 

今回は、その樹木葬のやり方や

費用について解説していきます。

スポンサーリンク

樹木葬のやり方

できれば生前のうちに予約する

樹木葬の場合、生前のうちに

苗木を植え、死後に育った樹木に

埋葬することが可能なところも

あります。

 

生前のうちに管理費や会員費を

支払っておくことで、死後に

費用がかからないといった

プランを販売しているところも

数多いです。

 

散骨や手元供養などの他の供養と

違って、生前のうちに必要な

手続きを済ませることができます。

手元供養についてはこちら!

 

樹木葬を考えているのなら

できる限り、生前のうちに手続きを

済ましておくと良いですね。

 

どの樹木を使うのかを決める

jyumokusou

樹木葬を行う場合、まず遺骨を

埋葬する樹木を選択しますが

区画によっても埋葬できる場所は

限られます。

 

一人の遺骨に一つの樹木というのは

土地面積の関係上、都心部では難しく

自分の樹木を確保したい場合には

都心から離れたところに埋葬する

可能性があります。

 

樹木葬には大きく分けて2種類あり

自然と一体になる「里山型」

共同で遺骨を埋葬する

「公園型」があります。

 

それぞれ特徴があるので

比較検討した上で、どちらが良いか

決めていきましょう。

スポンサーリンク

里山型の特徴

里山型の特徴は、なんといっても

自然に最も近い形で、遺骨を

埋葬できるという点ですね。

 

一つの区画面積が広いため

一人に対して一本の樹木が

割り当てられることが多いです。

 

ただ、この形態は広い土地面積を

必要とするために、都市部において

この形態の墓地・霊園は数少なく

都心から離れたところにあるため

足を運ぶのが大変なことも多いです。

 

また、費用についても個別に

管理するので、若干高くなる

可能性があります。

 

公園型の特徴

公園型は、遺骨を同じ区画にある

一つの樹木の周囲に埋葬するのが

特徴です。

 

区画ごとに桜やバラ、スミレといった

目印となる樹木があり、その周囲に

共同または個別で遺骨を埋葬します。

 

土地の確保が難しい、都心部は

この公園型の樹木葬が一般的です。

 

共同で遺骨を埋葬するといっても

お参りの印になる樹木はあるので

遺骨の埋葬する形態について

特別こだわらないという人に

向いていると言えますね。

 

また、形としては共同墓地なので

費用についても里山型に比べて

安いことが多いです。

 

費用はどれぐらいかかるのか

樹木葬の費用は、里山型・公園型の

どちらを選んでも、お墓を持つよりかは

費用は安く済むことがほとんどです。

 

10万円~80万円が相場と言われており

墓地や霊園、その他、植林代やプレートの

作成等のオプションの種類によっても

その費用は変わってきます。

夫婦で一緒に入るといった場合、

セット価格で安くなることも多いです。

 

また、樹木葬を行っているのは

墓地や霊園だけでなく、近年は

都や自治体が樹木葬に乗り出している

こともあるので、複数の樹木葬を

比較検討してみて、納得のいくところを

選ぶと良いです。

 

樹木葬の注意点

樹木葬の場合には、散骨と同様に

自然に返すのが基本となるので

遺骨が帰ってくることはないです。

 

そのため、遺族の間で

同意が得られていないと思わぬ

トラブルを引き起こす恐れがあります。

 

特に、樹木葬は登場してから

まだ年月がたっていないので

保守的な価値観を持っている人には

受け入れられないかもしれません。

 

手元に残したい、お墓に埋葬したいと

考えている遺族の方がいる場合には

必要な遺骨を分骨してから、樹木葬を

行う方が良いでしょう。

手元供養で遺骨を残すためには?

 

事前に埋葬する形態については

親族との間でしっかりと相談することも

重要です。

 

まとめ

樹木葬は、お墓を持たなくても

樹木がお墓の代わりの役割を

持っているので、お墓を持ちたくない

あるいは持てない人にオススメの

供養方法と言えます。

 

また、生前のうちから予約できるのも

樹木葬の特徴なので、もしあなたが

樹木葬を希望しているなら生前の

元気なうちに、自分が死後に入りたい

樹木を選んでおくと良いですね。

参考になれば幸いです。