日本における介護問題の1つとして挙げられる「寝たきり老人」の問題。

実は、寝たきり老人が多いのは日本特有の現象であり、ヨーロッパやアメリカなど欧米諸外国では寝たきり老人が殆どいません。

今回は、なぜ日本に寝たきり老人が多く、外国ではいないのか、その理由について解説していきます。

スポンサーリンク

外国に寝たきり老人がいない理由

寝たきりになる前に死ぬから

日本の医療では、終末期になっても胃ろうや点滴などあらゆる処置を施して、できる限り命を繋ぎ止めるのが一般的です。

また、延命治療の殆どは回復の見込みがなく、命を少しでも長く繋ぎ止めることを目的としています。

日本では「長生きすることが美徳」という価値観が根強いために、寝たきり老人・延命治療の割合も諸外国と比べても高いです。

 

しかし、欧米諸国では「寝たきりになる前に死ぬ」「延命治療は不要」という価値観が強く、苦しんでまで長生きすることに抵抗があります。

また、胃ろうや点滴などの人工栄養により、いわば本人の意思に関係なく延命することは非倫理的であるという考え、自然な死を受け入れるという価値観を持っています。

そのため、末期患者の多くは余計な治療を受けず、処方箋などで済ませるため、寝たきりになる前に死ぬことが殆どです。

欧米諸国は「自然に死ぬことこそが人間の尊厳を守る最善の方法」という価値観なので、決して「早くに死ぬこと=高齢者の切り捨て・医療費削減のため」という訳ではないのです。

 

スポンサーリンク

日本でも価値観が変わってきている

寝たきりになって身動きが取れず、さらに延命治療による苦痛を受けることぐらいなら、確かに死んでしまった方が楽のように思えます。

私自身も正直、いくら長生きすることが良いといっても、胃ろうや点滴を受けてまで長生きしたいとは思いません。

しかし、皆が皆必ずしも同じような考えを持っているとは限らず、いざ延命治療の判断を迫られた時には迷ってしまうかもしれません。

日本と欧米のどちらの価値観が良いかは簡単に判断できないので、終末期医療の判断は大きな課題となっています。

 

ただ、そのような事態を防ぐために近年では、延命治療に対する意思表示への関心も高まっています。

本人が健康な内に書面に意思表示を残しておくことで、残された家族へ心配事や負担を減らすことができます。

延命治療の有無はとても難しい問題なので、家族の皆が元気な内に、延命治療・終末期について話し合っておくのが望ましいのです。

参考:延命治療を拒否する場合はどうすれば良いか

 

まとめ:長生きが必ずしも善とは限らない

このように外国に寝たきり老人がいないのは、自然な状態で死を迎えるべきという価値観が強く、寝たきりになる前に死んでしまうためです。

日本と欧米、どちらが正しいかは簡単には判断できませんが、延命治療で苦しむぐらいなら、最後まで自由に生きて死んだ方が良いという考えも理にかなったものであると思います。

日本では長生きすることが良いという考えが根強いですが、世界的には必ずしも長生きすることが良いことではないということも覚えておきたいですね。

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク