皆さんは、介護の現状について

どれほど知っているでしょうか。

近年は「介護離職」などの言葉も

問題となっていますよね。

 

少子高齢化が急速に進んでいる

現在においては、相対的に見ても

介護を担う若者の人数が少なく

高齢者の中には介護が必要なのに

受けることができない事態も

発生しています。

 

今回は、なぜ介護の担い手が

不足しているのか、その原因や

問題点について解説していきます。

スポンサーリンク

介護の担い手が不足している原因

そもそも介護を担う人がいない

皆さんもご存知の通りに、近年は

核家族化や単身者の増加など

家族形態が多様化しています。

 

昔は、介護が必要になったとしても

その面倒を見てくれる家族がおり

介護度が低い方なら、家族の力で

十分介護を行うことができました。

 

しかしながら、現代においては

介護を行ってくれる家族がおらず

在宅介護は現実的に困難です。

 

また、介護施設に関しても

人手不足で空きがなく、待機せざるを

得ない事態になっています。

 

特に、介護保険が利用できる

特別養護老人ホームについては

平成26年3月の時点で全国で

52万人以上の待機者がいる程であり

その異常さが分かります。

多すぎて分からない!介護施設って
何種類あるの?それぞれの違いとは?

 

そのため、介護施設に入居するのに

1年以上待たされる・・・なんてことも

少なくないです。

 

さらには介護を行う人自身も

高齢者の老老介護といった事態も

問題化しています。

 

少子高齢化なので要介護者が増え

担い手が減少するのは必然とも言える

事態ですが、少子高齢化が進めば

より深刻化することは明らかです。

老老介護とは?その問題点とは?

スポンサーリンク

介護の現場は想像以上に厳しい

実際に介護を経験したことのある方なら

もはや説明不要ですが、介護は

想像以上に大変で苦労も多いです。

 

介護職の給料が安く、激務である

ということは既に周知の事実ですが

高齢者が増え続け、その担い手も

減少すると、一人あたりの負担がさらに

増加するので、耐えられず辞めてしまう

といった負の連鎖が発生しています。

 

介護職員になったとしても

職場の環境に上手く馴染めなかったり

非常に多忙な職場であったりなど

肉体的・精神的にも厳しいために

3年以内の離職率は30%以上という

データも出ています。(厚生労働省)

 

また、在宅介護においても

実際に働きながら介護を行うことは

非常に難しく、結局介護をするために

仕事を辞めざるを得ない介護離職

あるのというのも問題です。

 

両親の介護で自分のキャリアを

捨てざるを得ないといった

悲惨な事態が起こっているのも

悲しいですが事実です。

 

改善するにはどうするべき?

介護の問題を解決するには

少子高齢化の改善はもちろんのこと

介護職に就いている人への

給料を上げることも欠かせません。

 

勘違いして欲しくないのは介護職に

就いている人のメンタルが弱いとか

そういう訳ではないということです。

 

介護職に就く人のほとんどは

介護が厳しいということを知った上で

やりがいや社会貢献のために

懸命に働いている方々です。

 

しかしながら、その苦労とは裏腹に

全く割に合わない薄給であるのが

今の介護業界の現状なのです。

 

そのような懸命に介護をしている人の

生活がままならないようでは

誰も働きたがらず、離職率が高いのも

当然と言わざるを得ません。

 

所得の改善は介護の担い手を

補うために最も重要なことと

言えます。

 

まとめ

このように介護の担い手が

不足している原因は、相対的に

高齢者の数が増えたことや

介護の辛さ。厳しい介護職の

現状などが関係しています。

 

この現状が続けば、介護問題が

一層深刻化するのは明らかですが

改善したくても、そう簡単には

いかないということもまた事実です。

 

とにかく私たちにできることは

この厳しい介護の現状を

多くの人に知ってもらうことにあります。

 

今後の介護業界や政策などの動きには

注目しておきたいところです。

この記事を読んで少しでも介護問題に

関心を持って頂ければ幸いです。

介護が必要になってしまう原因とは?
ちょっとした転倒も要注意!

こちらも参考にして頂ければと

思います。

スポンサーリンク