ADLとは、一般的に日常の

生活動作のことを指す言葉です。

ADLはActivity of daily lifeの

頭文字の略ですね。

 

具体的には、日常生活を送る上で

誰もが行っている、食事や移動、

排泄などの動作のことを指します。

 

でも、これが介護とどのような

関係があるのかまでは、イマイチ

分かりづらく、他にもIADLや

QDLといった用語も出てくるので

混乱してしまいますよね。

 

今回は、このADLについて

分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ADLとは何なのか?

ADLは生活に必要な動作のことを

示した、1種の指標のようなものであり

このADLが十分であるならば

介護がなくても問題なく自立した

生活ができるということです。

 

ただ、高齢になってくると身体機能が

衰えるために、このADLは少しずつ

低下してしまいます。

 

ADLは、日常生活の中で非常に重要な

動作であるために、この能力が低下した

場合には、自立での動作が難しくなるので

介護が必要となります。

 

また、似た言葉にIADLというのがあり

こちらは手段的日常生活動作と

言われています。

 

このIADLは、ADLに比べて

より複雑な動作・行動のことであり

例えば、買い物に行くことや

金銭の管理、掃除や洗濯などの

家事などがその動作に当たります。

 

ただ、ADLとIADLのどちらも

日常生活においては重要なことであり

どちらか片方の能力が低下した場合でも

介護が必要となる可能性は高いです。

スポンサーリンク

QOLとの違いはこれ!

さらに別の似た用語にQOL

(クオリティ・オブ・ライフ)という

言葉もありますが、こちらは

その人の生活や人生に対する

充実度を示した指標となります。

 

ADLとは異なり、日常生活の動作や

肉体的な面ではなく、その人の

自己実現、すなはち精神的な面に

着目したのがQOLと言えます。

QOLの目的はこれ!
介護には質と充実感も重要だった

 

介護において理想的なのは

ADL・IADLの2つの機能を高め

QOLの満足度も向上させることです。

 

どんなに身体機能を維持しても

介護やリハビリが苦痛である状態

すなはち、QOLが低い状態であれば

精神的な負担が大きいので本人が

その介護を望まないかもしれません。

 

特に、本人が望んでいないのに

延命治療を行うことはQOLを無視した

状態であると言えます。

 

ただ、逆に本人の気持ち

(QOL)を重視しすぎて、ADLを

疎かにしてしまうと、身体機能が

低下していき、健康を害してしまう

恐れがあります。

 

つまりは、本人が大丈夫と言っていても

本当に自立した生活を送ることが

できるとは限らないということです。

 

人に介護されるのが嫌だと

思う人も中にはいると思いますが

その言う通りに、介護を行わずにいると

それはそれで逆効果となります。

 

そのために、ADLとQOLは

介護においては切り離すことが

できない密接な関係にあるのです。

 

まとめ

このようにADL・IADLは

日常の生活動作に必要な身体機能が

どれほどのものかを測る一種の

指標のような役割を持っています。

 

ADLが低下すれば介護が必要に

なってしまいますが、だからといって

ADLの部分だけを重要視していては

本人の個性や意思決定を損う

恐れがあります。

 

このADL(IADL)とQOLの2つの

バランスを考慮した上で支援や

介護の必要性を考えることが

非常に重要なのです。

 

以上、少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク