要介護認定を受けた人が

入居できる介護保険施設

 

この介護保険施設には

  • 特別養護老人ホーム(特養)
  • 介護老人保険施設(老健)
  • 介護療養型医療施設

の3つの種類があります。

 

今回は、この3つの特徴や違いを

分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

介護保険施設

特別養護老人ホーム(特養)

特養は、日常生活において

介護なくしては生活できない

高齢者が入居します。

 

死を迎える最後の時まで

その施設で生活する方が大半であり

いわば人生最後の家といった

感じです。

 

また、一度入所したら基本的に

退所となることもなく、公的施設なので

利用料金も民間の老人ホームよりも

安いのが特徴です。

 

レクリエーションなども多く

人生の最後まで楽しく生活を

送れるのが特徴の施設です。

 

ただ、入所の条件はかなり厳しく

原則として65歳以上で

要介護度3以上の方が

入居することができます。

 

また、一度入所できれば退所がなく

利用料金が安いということからも

人気が非常に高いです。

 

それゆえに空き待ちが発生し、

待機せざるを得ない高齢者も多く

すぐに入居することは

非常に困難な現状にあります。

 

入所にも審査や優先順位があり

  • 要介護度が高く介護の必要性が高い方
  • 経済的に困っている方

の2つの理由がある方が優先されます。

 

介護老人保険施設(老健)

こちらは主にリハビリや訓練を行い

在宅または他の施設に復帰することが

目的とされている施設です。

 

多くの施設は医療法人によって

運営されており、特養と異なり

医務室や診察室などの医療設備が

充実しています。

 

常勤の医師もいるので

緊急時にも安心です。

 

在宅復帰が目的とされていることから

入居期間は比較的短期であり

原則として3ヶ月ごとに入退所の

判定が行わます。

 

そのため、医療ケアやリハビリで

在宅への復帰が可能なまでに

回復した場合は退所となります。

 

生活についても特養に比べて

自由時間は少なく、リハビリや治療が

中心となります。

 

入所条件としては、要介護認定以外に

身体的・精神的に入院が必要でない

状態であることが条件となります。

 

また、リハビリに対する意欲なども

入所の判断基準となります。

(その他、細かな入所条件は

施設によっても変わってくるので

各施設の要項を確認しましょう。)

 

介護療養型医療施設(療養病床)

病気の状態は安定してはいるものの

長期的に治療やリハビリが

必要な方のための施設となります。

 

つまりは、老建をより医療中心にした

感じの施設です。

 

介護施設というよりかは

病院のような位置づけで

実際に病院や診療所の中に

設けられている施設もあります。

 

ただ、2014年以降は

厚生労働省の決まりによって

新設が認められなくなったので

今後は次第に施設数が減っていくと

予想されます。

 

もし療養病床を希望する場合には

今後、施設がどのようになるのか

その先行きについてもしっかりと

把握しておくことが重要です。

 

まとめ

ざっくりまとめると

特養 人生の最後を過ごす、いわば家となる施設
老健 リハビリや医療ケアを受け、在宅復帰を目的とする施設
療養病床 老健の医療面をさらに充実させた施設だが、今後、新設はない

といった感じです。

 

それぞれメリット・デメリットがあるので

どの施設が最も適切なのかを

しっかりと相談した上で、入所を

希望する施設を検討して行きましょう。

【要介護度とは?】区分によって
受けられるサービスは異なる?

こちらも参考にして頂ければと

思います。

スポンサーリンク