新たに家を建てることになった、

あるいは今の家をリフォームすると

いった際に、高齢の方が暮らすことを

考えるとバリアフリーの住宅の方が

良いことでしょう。

 

バリアフリーの住宅なら要介護者も

その家族も、誰もが生活しやすい

環境になります。

 

ただ、介護リフォームをしたいと

思っても、具体的に何をしたら良いか

分からないことも多いでしょう。

 

今回は、介護リフォームを行う時に

考慮するべきことについて

解説していきます。

スポンサーリンク

介護リフォームで考慮するべきこと

安全への配慮が一番大事

kaidantrsuri

介護リフォームにおいて

最も気を付けるべきところは

安全への配慮です。

 

歩行機能が低い方だったり、

車いすの方の場合には、

とりわけ階段や部屋の小さな

段差などは転倒の危険があります。

 

ちょっとしたところでも転倒や

ケガに繋がるところがあるので

隅々まで、危険なところがないかを

確認することが重要です。

 

安全面で気を付けるべきことは

  • 玄関や室内の段差をなくす
  • 階段は極力幅広く・手すりも付ける
  • 浴室の床を滑りにくいものにする
  • 車いすが通れる廊下
  • 引き戸扉にする
  • 寝室も近い

といったところです。

自分たちが高齢者の目線で

考えるとイメージしやすいかと

思います。

 

介護施設に行ったことがある人なら

その介護施設の設備環境や

配置などをイメージすれば、

具体的に、どのように改修すれば

良いかの検討が付きやすくなります。

 

また、要介護者のこと以外にも

一緒に住む家族・介護者にとっても

暮らしやすい環境にすること

重要なことです。

 

例えば、寝室とトイレが近ければ

介護をしなくても自力でトイレに

行くことができるかもしれません。

 

浴室へ行くにも手すりが

付いていれば、自分で歩いて

浴室まで行けるかもしれません。

 

zumenkannkyou

そのように部屋割りも考慮すれば

多少なりとも介護支援を行う回数を

減らすことも可能になります。

 

介護リフォームをする際には

介護者にとっても、介護を

行いやすい環境にするという点も

考慮しておくと良いですね。

 

もう1つ、介護リフォームの際に

考慮すると良いのは、要介護者は

1階で生活できるように1階部分の

環境を整えることです。

 

1階に要介護者が暮らせば階段の

上り下りする必要もなく、それだけ

転倒の危険を回避できます。

 

そのため、持ち家の場合には

1階部分だけバリアフリーにすれば

リフォーム費用も抑えられます。

 

要介護者が生活しやすい

環境はどのような環境かを、実際の

生活スタイルと照らし合わせつつ

介護リフォームの計画を立てれば

失敗することはありません。

スポンサーリンク

費用はどれぐらいかかるか

113577

介護リフォームを行うとなると

家の中の多くをバリアフリーに

改修するため、費用は数十万と

かかる場合があります。

 

しかし、介護リフォームを行う場合、

自治体から補助金が出る制度があり

その制度を利用すれば、

介護リフォームにかかる費用の

9割を補助してくれるので費用負担を

小さくできる可能性があります。

 

高齢者住宅改修費用助制度と

言われていますが、これを受けるには

以下の4つの条件を満たしている

必要があります。

  • 要介護認定において要支援・要介護の認定を受けている
  • リフォームする住宅の住所と被保険者証の住所が同じ
  • その住宅に本人が居住している
  • 支給額の上限は20万円の9割(18万円)まで

となっています。

詳細は別記事でまとめていきます。

 

まとめ

介護リフォームを行う時には

リフォーム後の住宅が安全で

誰でも暮らしやすい住宅に

改修することが大切です。

 

特に、そこで暮らす人と介護者が

最も生活しやすい環境になるよう

部屋割りや各設備の配置場所を

しっかりと考慮して計画を立てるのが

理想的な介護リフォームと言えます。

 

一見高額になりそうな、改修費用も

補助金制度を利用すれば、

軽減できるので、自治体の制度も

上手く利用していきたいですね。

以上、参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク