介護が必要になった場合や

将来、介護が必要になるであろうと

想定できる場合、今住んでいる

住宅をバリアフリーに改修しようと

考えることでしょう。

 

介護リフォームには条件を満たせば

自治体から改修費用の9割も

補助金が出るため、リフォームに

使える予算が少なくても改修が

できるかもしれません。

 

今回は、介護保険制度の1つの

高齢者住宅改修費用助制度を

利用して、介護リフォームを

行う際に必要になる条件について

解説していきます。

スポンサーリンク

介護リフォームの助成金を受け取るためには

介護リフォームで助成金を

受けるためには、まず最低限

以下の4つの条件を満たしている

必要があります。

 

①要介護・要支援認定を受けている

hokoukiirasut (1)

補助金を受けるには要介護または

要支援の認定を受けている

必要があります。

 

例えば、80歳以上でも元気であり

日常生活において何ら支障がない

場合に、将来を見越して住宅を

介護リフォームをしようと考えても

それは補助金の対象には

ならないという訳です。

 

つまりは、この補助金の制度は

介護保険制度の1つなので、

まず第一に要介護者、要支援者が

いるということが前提なのです。

 

要介護認定の詳細については

こちらに分かりやすくまとめたので

合わせて参考にして頂ければと

思います。

 

②要介護・要支援認定を受けた人が住んでいる

jyutkumaihom

 

実際にそのリフォームを行う住宅に、

要介護、要支援認定を受けた人が

住んでいることも補助金を受ける上で

必要な条件となっています。

 

例えば、要介護者は介護施設に

入居していて、たまに家に戻って

来るといった場合には、本人が

実際にそこで暮らしている訳では

ないので、補助金の対象外と

なってしまいます。

 

あくまでも、本人がその住宅に

暮らしていなくてはいけません。

スポンサーリンク

③支給限度額以内のリフォームであること

介護リフォームで助成金が

出るといっても、あまりに高額な

リフォームは対象外となります。

 

具体的には、計20万円を超える

介護リフォームは対象外となります。

 

④対象の改修であること

toirebarihauri

簡単に言ってしまえば、

介護リフォームに関係のある

改修でないと助成金の対象には

ならないということです。

 

つまり、介護リフォームなので

手すりの設置やスロープの設置、

扉の取り換えなど介護にかかわる

こと以外は対象になりません。

 

対象になることは主に

  • 転倒防止、移動補助のための手すりの取り付け
  • 段差の改修工事
  • 滑り止め防止のための床材変更
  • 扉の変更
  • 洋式便器への変更

といった改修です。

 

ただ、これらの対象の中にも

細かな決まりがあるので、

事前に介護支援専門員や

リフォーム業者との入念な

打ち合わせが必要です。

 

助成金の申請方法

助成金を受けるためには

  • 本人名義の領収書
  • 工事費用の内訳書
  • 改修費完了の確認書(改修前と後の写真など)

といった書類を市区町村の

介護保険課に届け出る必要が

あります。

 

自分で申請する必要があるので

助成金を受ける条件を満たしている

場合には、忘れずに申請しましょう。

 

まとめ

このように介護リフォームを

行う際、要介護・要支援認定を

受けている人ならば、費用負担を

抑えることができるかもしれません。

 

また、各自治体によっても

この助成金制度とはまた別の

助成金制度が利用できることも

あるので、一度自治体に

相談することをオススメします。

 

助成金があるとないでは

大きな違いですので、利用できる

制度はしっかりと活用させましょう。

 

こちらの介護リフォームで

配慮するべきことについても、

合わせて参考にして頂ければと

思います。

スポンサーリンク