「いつかは自分も介護施設に入ろう」「自分の面倒を見てくれる人がいないから施設が頼り」

少子高齢化社会が進んだ結果「老後の生活は介護施設」と考えている方は多いと思います。

ただ、いざ介護施設を探そうにも様々な種類があるのでいったい何がなんだか分からずに混乱してしまいますよね。

今回は、介護施設の種類について簡潔に解説していきます。

介護施設の種類

介護施設は大きく分けると

  • 介護保険施設
  • その他の介護施設・老人ホーム

の、2つに分類できます。

この2つの違いは公的な施設か、民間経営の施設かの違いです。

 

介護保険施設とは

介護保険施設に該当する施設は

  • 特別養護老人ホーム(特養)
  • 介護老人保険施設(老健)
  • 介護療養型医療施設

3つの施設が該当します。

これらの介護保険施設に入るための条件は、介護保険の被保険者(原則65歳以上)で市区町村から要介護認定1以上を受けた人です。

関連:要介護度とは一体何か?その各区分を分かりやすく解説

 

基本的にこれら介護保険施設は、介護保険が適用されるために、利用料金は民間経営の施設に比べて割安なことが殆どです。

しかし、その分、入居待機者も多く倍率が高いために、全ての高齢者が入居できるとは限らないのが介護保険施設の特徴と言えます。

 

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは常時介護が必要な方で、在宅での生活が困難な方が新たな生活の場として入居します。

事業主は、社会福祉法人や地方公共団体となっています。

また、特別養護老人ホームの場合、要介護度が原則3以上でないと入居できません。

 

介護老人保険施設

介護老人保険施設は介護を必要とする高齢者の自立を支援し、家庭への復帰を目的とする施設になります

いわば、病気やケガのリハビリのために入居する施設と言えます。

 

介護療養型医療施設

介護療養型医療施設は介護老人保険施設と同じく、医療ケアやリハビリなどを行う施設となります。

介護老人保険施設と違うのは、病気やケガなどが重症で治療に時間のかかる方や要介護度が高い方が入居します。

要介護度1から入居できますが基本的に重度の方が優先されます。

こちらは病院に近い施設と言った方が良いでしょう。

 

その他の介護施設・老人ホーム

それ以外の有料老人ホームなどは民間経営の施設であり、基本的に要介護認定を受けていなくても各施設の条件を満たしていれば入居できる施設となります。

こちらの種類は非常に多く主に

  • 軽費老人ホーム
  • 有料老人ホーム
  • ケアハウス
  • 認知症高齢者グループホーム
  • シルバーハウジング

など名称によっても様々ですがとにかく種類が多いです。

 

基本的に、これらの施設はどれも要介護認定を受けていなくても入居できる施設となります。

また、これらの施設の中には介護施設というより高齢者向けの住宅のようなものもあります。

そのため、特別介護を必要とせず自立して生活できる高齢者でも高齢者向けの住宅や賃貸などには入居することができます。

 

ただし、民間の経営する施設である以上、利用料金は公的施設に比べると高く、自身の所得と将来の年金支給額などから計画的に利用を検討する必要があります。

老後が目前になってから検討するようでは希望の施設に入居できない可能性があるので、ある程度大まかな予算は把握しておくのが望ましいです。

 

まとめ

このように介護施設の種類は非常に多いですが、介護保険で利用できる施設は介護保険施設に限られています。

その人の健康状態や要介護度によってもどの施設が良いかは変わってくるので、現状をしっかりと整理して、どの施設が適しているかを判断していきましょう。

より具体的に介護施設のことで相談したい方は、「シニアのあんしん相談室」の利用することをオススメします。