車いすや自力での歩行に苦労する

人にとって非常に役に立つ

乗り物である「介護タクシー」

 

介護タクシーは他の乗り物と違い

介護保険を利用することができる

唯一の乗り物でもあります。

 

ただ、介護保険で介護タクシーを

利用する場合、要介護度の程度や

行き先など、いくつか条件があります。

 

今回は、この介護タクシーと

介護保険について解説していきます。

スポンサーリンク

介護保険を利用してタクシーに乗る場合

介護保険を利用できる

介護タクシーのことを

介護保険タクシー」と呼びます。

 

介護保険を利用してタクシーに

乗る場合には、要介護度が1以上で、

担当のケアマネジャーがついている

必要があります。

 

また利用する場合、介護保険証の

写し(コピー)が必要です。

 

通常の介護タクシーの場合、

要介護でなくても、歩行に危険を

伴うなどして、一人でタクシーや、

公共交通機関を利用できない方は

誰でも利用できます。

 

そのため、勘違いしやすいのは

介護保険タクシーの場合には、

要支援の人は利用することが

できないということです。

 

あくまでも、利用者は

要介護度1以上であることが

前提条件となっています。

 

行き先は限られている

byouinriasuto

介護保険タクシーの場合には

どこでも移動できる訳ではなく

利用できる目的が決まっています。

 

主に

  1. 病院などの医療機関の通院のため
  2. 市役所等の公的機関に行くため
  3. 選挙の投票に行くため
  4. 福祉施設への通所や見学するため

の4つに限定されています。

 

親戚や知人の家に行くときや

買い物、観光目的、病院や施設への

入院退院、転院といった場合には

介護保険タクシーを利用することは

できません。

 

そのため、事前に介護タクシーを

何のために使うのか、まず目的を

明確にしておく必要があります。

スポンサーリンク

介護保険タクシーの利用料金はどれぐらいか

kaigotakusi (2)

介護保険は自己負担額は1割

なっているので、通常の

介護タクシーに比べると費用負担が

少なくなることには変わりません。

 

ただ、その料金の計算方法が

タクシー会社によっても異なり

また利用する人の要介護度や地域、

車両によっても差が出てくるので、

1つの計算式が全国共通で絶対に

正しいという訳ではありません。

 

例えば、あるタクシー会社の場合

目的地までのメーター表示額が

一定の金額までは、一律でいくらと

決まっていて、それ以上の場合には、

表示額から一律で一定額が割引

といった形態が取られています。

 

また、介護保険を利用して

福祉施設に入居している方の場合、

それだけで介護保険の上限額に

達してしまっていることもあるので

介護保険がどれぐらい使えるのか

限度額の確認も必要になります。

 

そのため、介護保険タクシーを

利用する場合には、事前に担当の

ケアマネジャーと相談しましょう。

 

まとめ

このように介護保険を利用して

介護タクシーを使う場合には

要介護度が1以上で、なおかつ

利用目的も病院や役所に行くなど

ある程度限られています。

 

料金形態についてもバラバラなので

介護保険タクシーを利用するのなら

できるだけ早くに、担当の

ケアマネジャーと相談することを

オススメします。

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク