皆さんは、介護予防について

どれほど関心があるでしょうか。

 

介護状態になると何か大変になる

ことも多いので、予防できるのなら

早めに対策をしておきたいところです。

 

今回は、介護予防について

解説していきます。

スポンサーリンク

介護予防とは

介護予防とは、高齢者が

要介護状態になるのを防いだり

既に、要支援の人であっても

それ以上悪化させないために

改善を目指すことです。

 

主に、要介護の前段階である

要支援の方にとって、要介護を

防ぐために非常に重要なことと

言われています。

 

要支援の方の多くは介護予防の

サービスを利用すれば、身体機能の

改善または、悪化の防止が十分に

見込める状態の人です。

 

そのような、まだ回復が見込める

要支援の方や、元気であっても

要介護にならないよう予防するのが

介護予防の一番の目的です。

 

主に、要介護認定において

要支援1、2の認定を受けた人が

サービスを受けることができます。

【要介護度とは?】区分によって
受けられるサービスは異なる?

 

スポンサーリンク

主な介護サービス

ケアプランの作成

ケアプランとは、いわば

介護予防サービスの計画書です。

 

一般的に介護保険を利用して

介護サービスを受ける場合には

このケアプランの作成は

必須になります。

 

ケアプランの作成は

地域包括支援センターの

ケアマネージャーが本人の状態、

生活環境などを参考にして

ケアプランを作成します。

 

要支援を受けた場合には

まず地域包括支援センター

ケアプランを作成しましょう。

要介護・支援認定を受けるには?
その流れや必要な手続きは?

 

在宅訪問サービス(自宅型)

これはjホームヘルパーさんが

実際に居宅を訪問して、本人が

自力で行うことができない行為に

ついて支援するサービスです。

 

介護以外にも、医師や看護師、

栄養管理士などが、体調管理、

栄養管理を指導するなど多様な

サービスがあります。

 

通所型介護サービス

実際に、介護施設などに行き

歩行の安定や転倒の予防に必要な

下半身の運動など、日常生活に

必要な動作のトレーニングを行います。

 

また、訪問型と同様に生活の指導や

健康管理などの指導も受けられます。

 

入所型介護サービス

入所とありますが、実際に介護施設に

長期間入所するのではなく、あくまでも

短期のショートステイです。

 

上記の通所型と同じように

デイサービスを受けつつ

身の回りの世話や身体機能の

向上のためのサービスを

受けることができます。

介護施設って何種類あるの?
それぞれの違いとは?

 

まとめ

このように介護予防は主に

これ以上、要介護度の度合いを

悪化させないために受けることが

できるサービスとなります。

 

介護予防サービスにも在宅や

通所など様々な種類があるため

実際に本人やご家族の生活環境に

合わせて、適したサービスを

受けましょう。

 

一度、要介護状態になってしまうと

回復は難しいので、できる限り

早いうちから介護予防サービスを

受けることをオススメします。

スポンサーリンク