毎月一定額の掛け金を拠出し、

自分自身でその掛け金を運用する

確定拠出年金。

 

自分で運用する必要があるため

失敗のリスクはありますが

確定給付型に比べて、比較的自由に

運用することができ、税制上でも

多くのメリットがあります。

 

今回は、この確定拠出年金の

メリットについて解説していきます。

スポンサーリンク

確定拠出年金のメリット

運用によっては年金額を増やせる

kakuteikyosyutu2 (2)

確定拠出型の一番の特徴とも

言えるのは、運用結果次第で

受け取れる年金額を増やすことも

できるという点です。

 

運用にはリスクを伴うので、この点は

デメリットの側面も持っていますが

確定拠出年金の運用商品には

掛金(元本)が保証される

「元本保証型」の商品もあります。

 

リターンは小さいですが、安定性の

高い運用商品なので、運用する

商品全てがリスクを伴うという訳では

ありません。

 

掛金や運用で出た利益は非課税

kakuteikyosyutu2 (1)

確定拠出年金の大きなメリットとして

掛金に対して所得税や住民税の

課税はなく、運用における利子や

配当といった運用益に対しても

非課税となります。

 

簡単に言ってしまえば、

掛金がまるまる所得控除になり、

例え、利息などで利益が出ても

その利益に対して税金が

かかることはないということです。

 

例えば、通常の投資(株)などの

資金運用で利益が出た場合には

利益に対して20%の課税が

かけられます。

 

しかし、これが確定拠出年金の

場合には、非課税となるため

同じ利益が出た場合でも、手元に

残る金額には差が生まれます。

スポンサーリンク

受け取り時にも税制上のメリットがある

企業年金を受け取る方法には

年金形式だったり、退職金のように

一括で受け取る、あるいは両方を

併用するといった選択があります。

 

一括で受け取った場合には

退職所得控除」となり

税金が軽減されます。

 

また、年金として受け取る場合は

公的年金等控除」という

控除の対象になるので、税負担が

軽減されます。

 

確定拠出年金は公的年金では

ないにしても、公的な制度なので

個人年金保険や民間の金融商品と

比べて、税制上で受けられる

メリットにもかなり差があるのです。

 

ポータビリティがやりやすい

kakuteikyosyutu2 (4)

ポータビリティが可能というのは

確定拠出年金の場合、年金資産を

個人で管理・運用しているため

もし別の会社へ転職した場合でも

その積み立てた資産を転職先へ

移すことができるということです。

 

確定給付型年金の場合には

その務めている企業が年金資産を

管理・運用しているため、

ポータビリティの手続きが複雑で

時間がかかる場合があります。

 

確定拠出年金は、もともと自分で

年金資産を管理運用しているので

その資産の移動が比較的簡単なのも

メリットと言えますね。

 

まとめ

このように確定拠出年金制度には

いくつかのメリットがあり、

特に税金関係は、長い目で見ると

大きな差が生まれる可能性が

高いです。

 

運用へのリスクも給付型に比べて

大きいように思われがちですが、

実際は運用する商品によっても

リスクとリターンの割合は異なるため

必ずしも、大きなリスクを負うという

訳ではありません。

 

確定拠出年金のメリットをしっかりと

活かして、上手に掛金を運用して

行きたいところです。

以上、参考になれば幸いです。

確定拠出年金の基本的な仕組みについてはこちら!

スポンサーリンク