企業年金の中でも特に分かりずらい

確定拠出型年金の仕組み。

 

確定拠出型年金は給付型と

違って、掛け金を自分で運用する

必要があり、さらに個人型と企業型の

2つに分かれていることから、余計に

分かりずらい制度と言えます。

 

前回の記事で企業年金の大まかな

仕組みについて解説しましたが

今回は、その中でも確定拠出型の

仕組みについて解説していきます。

スポンサーリンク

確定拠出型年金とは?

kakuteikyosyutunenkin (1)

確定拠出型年金は

確定給付型年金とは異なり、

退職金の資産運用は会社ではなく

自分自身で行います。

 

社員一人一人に専用の口座が

設けられており、掛け金は一般的に

会社側が負担(拠出)してくれます。

その掛け金の運用は社員一人一人が

自由に決めて、自分で運用します。

 

ちなみに、確定拠出という意味は

実際に働いている現役の時に

掛け金をあらかじめ確定させて

拠出することから来ています。

 

簡単に言うと、自己責任の制度であり

運用結果によっては、受け取れる

給付金が増えたり、減ったりと

変動します。

 

確定拠出型年金の制度は

2001年の10月から始まった

歴史的に見ても割と新しい

制度です。

 

従来の退職金や確定給付型の

制度がありながらも

確定拠出型が登場した背景には

会社への負担の大きさにあります。

 

yakusokuakusyu

退職金や確定給付型といった制度は

会社側が退職時に、その社員に

約束したお金を支払う責任があるため

もし運用が上手くいかず、お金が

不足した場合には、その不足分を

会社側で補う必要があります。

 

しかし、そのお金を準備するのは

景気が悪い状況が続いた

近年において、大きな負担となり、

業績や財政に悪影響をもたらす

ケースも増えてきました。

 

そのため、退職金といった

退職後のお金は、掛け金のみ

社員に渡し、その掛け金を

社員自ら運用させるように

制度を変えたのです。

 

一見すると、リスクを社員に

押し付けているようにも見えますが

実際のところ景気の悪化等で、

退職金や確定給付型の制度でも

給付額が減額されることがあるので

どちらが良いとは一概には

言えません。

 

スポンサーリンク

確定拠出型年金の種類

確定拠出型の企業年金には

大きく分けて、個人型と企業型

2つに分かれており、これら2つの

制度に同時に加入することは

できません。

 

この2つの一番の違いは

企業年金の元となる掛け金を

個人が出すか企業が出すかで

変わってきます。

 

企業型とは?

kakuteikyosyutunenkin (3)

企業型の場合、企業年金の

掛け金は企業側が出します。

 

約400万人以上の社員が

利用しているため、一般的に

企業年金の確定拠出型というと

この企業型のことを指すことが

多いです。

 

企業型の場合には、

企業側が企業年金制度を

導入するかどうかを決めます。

 

主に、退職金制度の一環として

導入されるケースが多いです。

 

個人型とは?

kakuteikyosyutunenkin (2)

個人型の場合、企業年金の

掛け金は社員本人(個人)が

出します。

 

企業型に比べて利用者数の

割合は少ないですが、個人型は、

自営業者であったり、会社員で

あったとしても、企業年金がない

会社の社員でも利用できるのが

特徴です。

 

具体的には、

  • 自営業者で国民年金に加入している20歳以上60歳未満の方とその家族
  • 60歳未満で、厚生年金に加入しているが企業年金には加入していない方

といった形です。

 

自分で掛け金を決めて、自分で

運用商品も決める必要がありますが

その分、掛け金を企業型に比べ

さらに自由に運用できるのが

個人型の一番の特徴です。

 

まとめ

確定拠出型年金というのは

現役時代にあらかじめ一定額の

掛け金を用意して、その運用は

自分自身で行うのが一般的な

企業年金制度です。

 

一般的には企業型の制度が

使われていますが、個人型を

利用している人もいます。

 

確定拠出型の仕組みは

かなり複雑ですが、これら全てを

覚える必要はなく、最低限自分が

加入している制度の仕組みを

理解していれば問題ありません。

 

ただ今回、紹介したのはあくまでも

一般的な仕組みなので、自分が

加入している企業年金について

詳しく知りたい、または気になる方は

  • 会社の人事・総務担当者へ確認
  • 就業規則、退職金規程を確認

といった方法で確認を取りましょう。

以上、参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク