少子高齢化に伴い、お葬式は簡略化されているのが最近の流れです。

この流れの影響もあると思われますが、最近家族葬という言葉をよく聞くようになりました。

家族葬とはどんなものか、ご存知ですか?

古くからある密葬のようなもの?とお思いの方もいるかもしれませんが、密葬とは少し違います。

密葬の場合、お葬式は家族や親族など身内のみで執り行い、その後生前に親交のあった方などのために本葬やお別れの会が催されます。

故人が有名な人物であった場合や、地位のある方で会葬者が非常に多くなると考えられる場合に行われる方法です。

一方家族葬は、家族だけで小さな規模のお葬式を行うのみで、親交のあった方にはお葬式に参列して頂かないというもの。

後日本葬やお別れの会を執り行うという事もありません。

仰々しいお葬式よりも身内のみで静かに故人を見送りたいという思いから家族葬を選ぶ方も増えているようですが、この家族葬によって思わぬトラブルも起きています。

一体どういうことでしょうか?

今回は、この家族葬とはどういう葬儀なのか、詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

家族葬を希望していた故人。どこまで故人の意思を尊重する?

kazokukazokusou (2)

「私が死んだらお葬式はごく身内だけで行ってほしい」と希望する方は多いもの。

これは遺族に大きな負担をかけたくないという気持ちや、自分の事で大騒ぎされるのを好まないという気持ちから出る希望です。

この希望通り家族葬をしようと思ったら、本来は葬儀を行った後に親交のあった方々にお知らせをする事になります。

本当に家族のみで、という場合は親族にも知らせないという事になるのですが、それで本当に大丈夫でしょうか?

親族の中には、顔をつぶされたように感じる人がいたり、最後にひと目故人にあいたかったという人がいたりと後からトラブルになる事はけっこう多いものなんです。

従来の日本のお葬式のあり方を考えれば、そのように感じる親族がいても無理はありませんよね。

これは、親族としても故人を大切に思うからこその心情ですから無視する事はできません。

家族葬にするとして、親族に参列してもらうかどうかは慎重に判断する必要があります。

そして故人の知人や友人がとても多かった場合、故人の訃報をあとから知った人たちが自宅などにお焼香をしたいと次々押しかけてくるという事態もままあります。

故人の望みとはいえ、亡くなった時お別れしたいと思うのは知人ならば当然の思い。

立場や人柄によっては、故人の望みは家族葬であったとしても密葬にするのがふさわしい場合もあるでしょう。

スポンサーリンク

家族葬の場合、親族はどこまで参列するもの?

sararimannayamu

家族葬の参加範囲に明確な決まりはありません。

一般的には、配偶者・子・孫・親・兄弟姉妹までというところであり、配偶者と直系血族のみ、というところですね。

この範囲の人のみで家族葬を行う場合、亡くなった事を親族も知っているなら「家族葬を行う。出席するのは○○のみであり、親族の皆さんには出席をお願いしない事にしたので、香典も辞退する」とはっきり伝えておかなくてはいけません。

はっきりと伝わっていないと、葬儀の時に一部の親族がやってきてしまって仕方なく参列してもらう事になり、後日別の親族から「私は参列させてもらえなかった」と大クレームをもらう事にもなりかねません。

家族葬といっても、故人と親族の関係によっては親族まで参列範囲を広げたほうがいい場合もあるのです。

このあたりは個々の事情によりますから、慎重に見極める必要がありますね。

家族葬で一つ誤解しないよう注意していただきたいのが、決して「費用が安いお葬式」ではないという事です。

家族葬といえども祭壇は作りますし、僧侶の読経などももちろんあります。

簡素化したとしても、相互扶助の意味が強いお香典がほとんど集まらないわけですから、結果として普通のお葬式より自己負担が増える場合もあるのです。

家族葬を検討しているなら、一度家族葬を扱っている葬儀社などに詳しく相談してみるとよいでしょう。

関わる人が少ない葬儀とみて、よからぬ事をたくらむ業者もいないとは言えませんから複数の業者に聞いてみる事をお勧めします。

まとめ:家族葬は身内でひっそりと行う葬儀形態

このように家族葬は密葬よりも小規模でこじんまりとした葬儀と言えます。

しかし、家族葬を行うにあたっては事前に関係者たちに、家族葬であることをしっかりと伝えなくてはなりません。

勝手に家族葬を進めてしまうと、後々思わぬトラブルを引き起こすことにもなりかねないので、家族葬を希望しているのであれば早めに計画・行動を始めることをオススメします。

スポンサーリンク