家族葬とは、家族や一部の親しい

友人を中心に行われる小規模の

お葬式のことを言います。

 

近年は、お葬式に対する価値観や

考え方が変わってきたことからも

家族葬を希望する人は増えています。

 

ただ、家族葬はしっかりと計画を

立てておかないと、思わぬトラブルを

引き起こす恐れがあります。

 

今回は、家族葬の特徴や

メリット・デメリットについて

解説していきます。

スポンサーリンク

家族葬とはこういうお葬式!

家族葬に明確な定義はありませんが

一般的には、家族や親しい友人

知人などを中心に行う葬儀のことを

言います。

 

厳密な定義がないために

お身内葬や密葬とも混同しますが

基本的には、家族葬はこれらの

葬儀をひとくくりしたものと

考えていれば良いです。

 

葬儀の流れとしてはそのプランに

よっても異なりますが、必要になる

準備や式の流れ・形態は一般的な

葬儀とほぼ同じです。

 

今では、インターネットでも様々な

プランを比較検討することが

できるので、故人や遺族の意向に

合ったプランを選べます。

 

家族葬のメリット

magokoro

家族葬の一番のメリットは

親戚などの身内の人だけで

周囲のことで気にかける必要もなく

親しい人を中心にお葬式を

行うことができるということです。

 

周りの弔問者に気を使うこともなく

ゆっくりとした時間の中で

故人を見送ることができます。

 

また、親戚が少なく人付き合いも

一部の人に限られている人には

家族葬はメリットです。

 

特に近年、お葬式は形式的な

儀式といった印象が強くなったために

あえて、周りに気を使わなくて済む

家族葬を希望する人もいます。

 

これは、「故人とはあまり関わりが

ないけれども、お付き合いだから

参列しなくてはならない」といった

義理で参列する人に、わざわざ時間を

割いて参列させるのは申し訳ないと

感じる人が増えたからです。

 

そして、家族葬なら式の形態を

小規模にできるので、費用面に

ついても通常のお葬式に比べて

安く抑えられるのもメリットです。

 

家族に負担をかけたくないという

理由で、生前のうちに家族葬を

選択する人もいます。

エンディングノートは故人の最後の意思決定?

 

また、家族葬は小規模なので

お葬式の形態についても故人の

意向や遺族の考えに合った

形式で葬儀を行うことができます。

 

つまりは、習慣的な形式に

とらわれず、葬儀の内容や形式を

柔軟に対応できるというのも

大きなメリットと言えますね。

スポンサーリンク

家族葬のデメリットや注意点

humansutores

家族葬のデメリットとしては

親戚や知人など、どこまでの人に

声をかけたら良いか、その範囲を

決めるのが難しいことです。

 

特に、親しい友人であった人が

葬儀に呼ばれなかった場合には

「どうして呼んでくれなかったのか」

といった事態になり、弔問が長引く

恐れがあります。

 

つまりは、家族葬を行いたいという

意向を、故人の関係者に正確に

伝えておかないと後に思わぬ

トラブルを引き起こす可能性が

あるということです。

 

実際に、家族のみの葬儀に

こだわるあまり、故人の兄弟姉妹に

声をかけ忘れ、トラブルに発展する

といったことも起きています。

 

特に、故人の人脈の全てを

把握するのはなかなか難しいので

葬儀屋と協力して、できる限りの

対処を行う必要があります。

 

また、参列をお断りすることや

香典、供物を辞退する場合、

そのことについても訃報の時点で

伝えておく必要があります。

 

家族葬を希望する場合は、

できる限り、事前に家族葬について

計画を立てておいた方がトラブルを

避けることができますね。

 

まとめ

このように家族葬にはそれ独特の

特徴がありますが、通常の葬儀とは

また異なる問題が出てくる可能性が

あります。

 

特に、どこまでの関係の人を

呼ぶのかによっても対応が

変わってくるので、家族葬を

希望している場合には、事前に

しっかりと準備した上で行うのが

望ましいですね。

 

お葬式はやり直しができないので

事前に、葬儀屋とよく相談した上で

納得のいく家族葬を行いましょう。

家族葬について、より具体的な解説はこちらにまとめております!

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク