家族葬とは、家族や親族を中心に行われる小規模のお葬式のことを言います。

近年は、お葬式に対する価値観や考え方が変わってきたことからも家族葬を希望する人は増えています。

 

しかし、家族葬といっても予めしっかりと計画・準備をしておかないと、後々思わぬトラブルを引き起こす恐れがあります。

今回は、家族葬の特徴や、そのメリット・デメリットについて解説していきます。

スポンサーリンク

家族葬とはこういう葬式

家族葬とは何か?」で解説した通り、家族葬には明確な定義はありませんが、一般的には家族や親族などを中心に行う葬儀のことを言います。

葬儀の流れとしては葬儀のプランによっても異なりますが、必要になる準備や式の流れ・形態は一般的な葬儀とほぼ同じです。

 

家族葬を簡単に言ってしまえば、「家族や親族だけで行う少人数の葬儀」となります。

 

家族葬のメリット

ゆっくりとお別れでき、故人の意向を尊重しやすい

magokoro

家族葬の一番のメリットは、参列者が親戚などの身内の人だけなので、周囲のことで気にかける必要もなく、親しい人を中心にお葬式を行える点です。

基本的にご近所さんや仕事関係の人は参列しないため、家族は周りの弔問者に気を使うこともなく、ゆっくりとした時間の中で故人を見送ることができます。

 

特に、近年ではお葬式が形式的な儀式というイメージが強くなったこともあり、あえて周りに気を使わなくて済む家族葬を希望する人もいます。

これは「故人とはあまり関わりがないけれども、お付き合いだから参列しなくてはならない」といった義理で参列する人に、わざわざ時間を割いて参列させるのは申し訳ないと感じる人が増えたからです。

 

また、家族葬が小規模ということもあり、お葬式の形態についても故人の意向や遺族の考えに沿った形で行いやすいのもメリットです。

「葬式はこういう感じで行いたい」と、故人や遺族の希望をかたちにしやすく、習慣的な形式にとられることなく葬儀を行うことができます。

 

故人や遺族の考えに沿って葬儀の内容や形式を選択しやすいという点も家族葬の大きなメリットと言えますね。

 

葬儀の費用・準備の負担が少ない

家族葬なら式の形態を小規模にできるので、葬儀費用についても通常の葬式に比べて安く抑えることができます。

また、一般的な葬儀に比べて、人数に応じて会場や食事の手配をしたり、香典のお返しの準備といった負担も少ないです。

 

家族葬が増えている背景には、この費用や準備の負担を家族にかけたくない理由も大きいと言えます。

 

スポンサーリンク

家族葬のデメリット

外部の人への配慮が必要不可欠

humansutores

家族葬のデメリットとしては、親戚や知人などの周囲のどこまでの人に声をかけたら良いのか、その範囲を決めるのが難しいことです。

親しい友人であった人が葬儀に呼ばれなかった場合には「どうして呼んでくれなかったのか」といった事態になり、葬儀後にトラブルになる恐れがあります。

 

また、家族葬だと外部の人は故人とお別れすることができないため、後日、弔問に訪れる可能性もあります。

特に、友人が多かったりすると、葬儀後しばらくは外部の人への対応に終われる可能性もあります。

 

家族葬を行う場合には身内だけでなく、故人の関係者にその意向をはっきりと伝えることも大事です。

例えば、参列をお断りすることや香典、供物を辞退するといった場合には、訃報の時点で周囲の人へ伝えておく必要があります。

 

つまりは、遺族の意向も大事だが、周囲への配慮も忘れずに行う必要があるのです。

故人の人脈の全てを把握するのはなかなか難しいですが、そこは葬儀屋と協力して、できる限り迅速に対処していきたいです。

 

必ずしも安いとは限らない

家族葬は準備の負担が少なく、費用負担も少ないというメリットがありますが、必ずしも安くなるとは限りません。

家族葬だと参列者が身内に限られるので、外部の人が参列する一般的な葬儀に比べると香典の総額が少なくなります。

 

家族葬の方が総費用を安くできるように見えても、実際に自分たちが出す費用が一般葬に比べて多くなる可能性もあります。

費用面を重視する際は、総費用だけでなく一人当たりの負担額にも注意が必要です。

 

まとめ

メリット・デメリットを踏まえた上で、家族葬に向いているケースは

  • 故人が家族葬やこじんまりとした葬儀を希望していた
  • 身内だけで葬儀を行いたい場合
  • お葬式や告別式の費用を抑えたい
  • 故人が高齢で友人が少ない場合

といった場合です。

家族葬は各個人によって独自のお葬式を行えるのが特徴ですが、その点、従来の葬儀とはまた異なる問題が出てくる可能性があります。

 

特に、どこまでの関係の人を呼ぶのかによって対応が変わってくるので、家族葬を希望している場合には、事前にしっかりと準備した上で行うのが望ましいですね。

お葬式はやり直しができないので事前に、葬儀屋とよく相談した上で納得のいく家族葬を行いましょう。

 

スポンサーリンク