ただでさえ分かりずらい年金制度の中でも、最も複雑で分かりづらいと言われている「企業年金の仕組み」

企業年金は大きく分けて

  • 確定給付型
  • 確定拠出(きょしゅつ)型
  • 共済型

の3つに分かれていますが、個々の制度自体、仕組みが非常に複雑なのでどうしても分かりずらいです。

今回は、そんな非常に分かりずらい企業年金について、基本から分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

企業年金とは何か?

kigyounenkin (3)

まず企業年金は、国民年金や厚生年金といった国が運営する公的年金ではなく、企業が運営する年金、いわゆる民間の年金(私的年金)です。

この企業年金は、務めていた会社を退職するときにもらえる退職金と深い関係にあります。

 

退職金といえば退職するときにもらうお金というイメージがありますが、企業年金と退職金ではその形態が全く異なります。

退職金の場合は退職する際に一度に受け取りますが、退職金を分割して受け取る場合は、企業年金として扱われます。

 

つまりは、退職時に一括で受け取るお金は退職金となり、分割して退職後に少しずつ受け取る場合は企業年金となります。

そして、分割した企業年金の運用方法によって、確定給付や確定拠出といった制度が変わってくるのです。

 

確定給付型

Print

確定給付型は厚生年金と似ている制度であり、簡単に言えば毎月一定の金額を積み立てることで退職した後に、年金のようにお金を受け取れる制度です。

確定給付という言葉は、「企業(会社)が最終的に給付する金額が確定している」という意味から来ています。

 

会社が一括して退職金のお金を管理・運用してくれるため、退職後にいくらお金がもらえるかがはっきりとしています。

そのため加入者にとっては老後の計画が立てやすく、安定性の高い企業年金と言えます。

ただし、会社に依存する分、業績が大きく悪化した場合や倒産した場合には、受け取れる給付額が減少することがあります。

 

確定拠出(きょしゅつ)型

Print

確定拠出型は、簡単に言うと元の掛け金(積み立てるお金)を社員が自ら運用する制度です。

確定拠出という言葉は「会社が拠出する(出してくれる)金額が決まっている」という意味から来ています。

 

会社側は掛け金を出すだけで原則的に運用には関わらないので、例え企業の業績が悪化しても、企業年金の給付額が減ることはありません。

つまり、言い換えれば、自分で掛け金を上手く運用できれば、給付額を増やすこともできる制度と言えます。

 

ただし、退職後にもらえるお金は運用の成果によって変わるため、自己責任型とも言われています。

自分で運用するということもあり制度を理解することが難しく、運用の結果に退職後の給付額が左右されてしまいます。

そのため、給付型に比べて老後の計画が立てづらいというデメリットです。

 

確定拠出型については企業年金の中でも特に複雑なので、詳細はこちらの「確定拠出型年金の仕組みとは?」を参考にして頂ければとお思います。

 

共済型

kinyuukasikari

「共済型」は、外部の企業にお金を積み立てておき、その加入期間の長さによって退職時にお金がもらえるという仕組みです。

共済型は主に、独自に企業年金を運営するのが難しい中小企業に多く見られる制度です。

 

共済型の特徴は外部の企業に企業年金の運用を任せるので、企業の経営悪化や倒産の際でも「企業年金が受け取れない」という事態にはなりません。

 

スポンサーリンク

企業年金は必ずしも受け取れる訳ではない

kigyounenkin (2)

企業年金は、二十歳以上が必ず入る国民年金などの公的年金と違って、加入は義務ではありません。

そのため、企業・会社によっては、退職金や企業年金がない場合もあります。

 

もし勤めている会社に退職金や企業年金の制度がない場合は、退職金や企業年金は受け取ることができません。

実際に、退職金や企業年金制度を採用している企業は8割~9割と言われており、サラリーマンなら必ずしも企業年金を受け取れる訳ではないということには十分注意する必要があります。

一般的に退職金制度は創業当初の企業には少なく、逆に歴史が長く、社員も多い企業は退職金・企業年金制度が導入されているケースが多いです。

 

ただし、あなたの務めている企業がこの制度を導入している場合でも、あなたが企業年金の対象者となっていなければ意味がありません。

特に、これらの制度の対象は正社員に限定されることが多くパートや派遣社員、契約社員など非正規雇用者は、制度の対象外となることが多いです。

 

制度があるかどうかは、企業の就業規則や退職金規程などで確認できます。

就業規則を見るのが面倒であれば、人事や総務の担当者に直接尋ねてみるのもアリです。

また、制度の加入には社員本人の署名捺印が必要なので、そのような署名捺印があったかどうか確認すると良いです。

 

まとめ

企業年金とは簡単に言うと企業が運営する年金制度であり退職金を運用する制度です。

企業年金には

  • 確定給付型
  • 確定拠出型
  • 共済型

の3つに分かれていますが、全てを知る必要はなく、最低限自分が入っている制度の仕組みが分かっていれば問題ありません。

そのため、まずは最低限、自分が加入している企業年金の仕組みをしっかりと抑えておきましょう。

以上、参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク