近年、何かと話題となることの多い

高齢化の問題。

 

長生きすること自体は決して

悪いことではありませんが、

高齢者の割合が増えてくると

様々な問題が発生します。

 

そして、高齢化の問題は

少子化の問題とも関係しており

この2つは切っても切り離すことの

できない複雑な関係にあります。

 

今回は、この少子高齢化で

起こり得る問題点について

分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

少子高齢化の問題点

医療や介護サービスの不足

394901e1acdfe7a00a97a420031a6342_m

現在の日本の状況においては

少子化によって若い人の人口が

減少傾向にあり、それに伴って

医療や介護の現場で働く

若い人の数も不足しています。

 

その状況の中でも、高齢者の

数は増え続けているために

相対的に見ても、医療や介護等の

福祉サービスの供給量が不足し

サービスを受けたくても

受けられない事態が発生します。

 

現に、高齢者の福祉施設、

特別養護老人ホームなどでは

入居に半年~1年以上待たされる

といったことが現時点でも問題と

なっています。

介護施設の種類についてはこちらで紹介しております。

 

また、医療や介護の現場で

働いている人にとっても仕事量が

増加し、以前は2~3人で1人を

行うことであっても、1人で対応する

必要が出てくるなど、負担が

大きくなることも問題です。

 

老老介護の増加

961ad5985467a25c3514f77e56452a71_s

老老介護というのは

介護を行う側の人も高齢者で

やっている状態のことを指します。

 

上記に書いたように、現状では

高齢者の数が増加し、医療や

介護サービスについては

供給不足となっています。

 

そのため、人によっては、

介護施設に入居させたくても

満員で入居できないため、

在宅で介護をせざるを得ないと

いった状況が生まれてしまいます。

 

特に、近年は核家族化も進み

若い人とは別々に暮らすことが増え

身内で介護の面倒を見てくれる人は

少なくなっています。

 

施設も満員となってしまい

やむをえず在宅介護にしたものの

その面倒を見る人も高齢者・・・

という老老介護が増加する

危険があります。

老老介護の原因や問題点について詳しく知りたい方はこちら!

スポンサーリンク

社会保障の負担が増加

a5e1f5fc8b8a7ae28342c6be0f8b7c8c_s

高齢化が進むということは

それに伴って、年金や医療費など

社会保障にかかる費用も

増加します。

 

特に、現行の社会保障制度は

元々は若い人の割合が高い

高度成長期に作られた制度を

ベースとしているので、ある程度の

改善を加えても、急速に進む現代の

社会状況への対応が遅れているのが

課題となっています。

 

そして、その社会保障費の

ほとんどは現役の若い世代の

税金から支払われているのも

問題です。

 

年金の保険料が増加したり

増税が行われるといったことが

より深刻化する恐れがあります。

 

そのため、高齢化が進めば

現役世代への負担が大きくなり

それが少子化につながってしまう

負の連鎖が起こる危険があります。

(というより、すでに起きていると

言った方が良いでしょう。)

 

また、世代間で格差が生じて

それが社会不信に繋がる恐れも

あります。

 

人口比が崩れ国力の低下を招く

7c4ff289921d01a3d92ebcfa1938101b_m

高齢者は年を取ると身体的にも

厳しい面が出てくるため、誰もが

死ぬまで、一生仕事を続けることは

基本的には不可能です。

 

高齢化が進むと、その働くことが

できない人の割合が増えるので

労働力人口が減少することに

なります。

 

若い世代が増えているのなら

そこまで問題とはなりませんが

現代は少子化の問題もあるので

相対的に高齢者の割合が増え

労働人口は減少していきます。

 

労働力が低下すると、国の経済力も

低下することに繋がり、経済成長に

大きな影響を及ぼします。

 

まとめ

このように高齢化によって起こり得る

問題は様々であり、少子化の問題とも

関係することが殆どです。

 

実際、少子高齢化の問題は

日本だけでなく世界的に見ても、

多くの国々で問題となっており、

未だに決定的な打開策がないのも

少子高齢化がいかに難しい問題かを

物語っています。

 

少子高齢化は私たちの将来にも

深く関係してくることなので、

その問題を知ることは非常に

意味のあることだと思いますよ。

 

以上、少しでも参考になれば

幸いです。

スポンサーリンク