介護保険施設や有料老人ホームと

非常に似ている「高齢者住宅」

「サービス付き高齢者住宅」や

「サ高住・サ付き」とも言います。

 

高齢者住宅とは、簡単にいうと

高齢者向けの賃貸といった感じです。

 

今回は、この高齢者住宅とは

どういうものか、他の施設との違いや

メリット・デメリットを含めて

解説していきます。

スポンサーリンク

高齢者住宅とは何か?

高齢者住宅の特徴とメリット

baiahuri

高齢者住宅とは、高齢者が

生活しやすいよう配慮された

設計であり、医療や介護といった

福祉のサービスも充実している

賃貸物件です。

 

一番のメリットなのは賃貸物件と

ほぼ同じような形態なので

介護認定を受けている、いないに

関わらず入居できることです。

 

また、賃貸と同じなので自宅同様に

自由な生活を過ごすことが可能であり

必要に応じて様々なサービスを

選択できることもメリットと言えます。

 

高齢者住宅のデメリット

nayamukurumaisu

高齢者住宅はあくまでも普通の

住宅に近い形なので、常に介護を

受けられる訳ではなく、要介護度が

高くなると他の福祉施設に

住み替えが必要になる場合が

あります。

 

また、元から要介護度が高いと

入居することができない、

あるいは入居しても満足のいく

生活を過ごせない可能性が

高いです。

 

施設によっても利用できる

サービスに違いがあるので、

事前に細かく調べておかないと

思わぬ失敗を招きます。

 

そしてもう一つのデメリットとして

サービスが充実している分、

家賃が高かったり、利用料の計算が

複雑になることがあります。

 

どのようなサービスがあり、

それの利用には追加料金がいくら

必要になるのかといった、具体的な

料金形態についてもしっかりと

把握する必要がありますね。

 

スポンサーリンク

他の福祉施設との違い

pointo24

介護保険施設との違いは、

要介護度が低くても、入居しやすい

という点です。

 

介護保険施設は入居条件が厳しく

例えば、特別養護老人ホームの場合

原則、要介護度が3以上でないと

入居できないことになっています。

 

特に、特養の場合は数年、

数か月といった入居待ちに

なっているのが現状なので

高齢者住宅の入居へのハードルは

特養に比べて低いです。

 

もう一つの施設である老人ホームや

グループホームとの違いは、

契約形態の違いです。

 

高齢者住宅の契約は

賃貸借契約という賃貸マンションを

借りるのとほぼ同じであり、

老人ホームは利用権契約なので

入居に一時金が必要になります。

 

特に老人ホームやグループホームは

入居に際して、高額な一時金

必要になるケースが多いです。

 

それぞれの施設でもメリットと

デメリットが異なるので、自分の

現状に合った施設を選ぶことを

オススメします。

 

まとめ

このように高齢者住宅は

要介護度が低くても入居しやすく

自由な生活を過ごすことができる

いわば賃貸マンションを高齢者用に

改修した住宅と言えます。

 

入退去が比較的容易であり、

自由度が高いというのがメリットですが

常時、介護を受けることは難しいことと

サービス内容によっては利用料が

高額になることがデメリットです。

 

人によってもどの施設が適切かは

異なるので、現状をしっかりと把握して

最も適切な施設を選択しましょう。

 

高齢者住宅の選び方についても

解説しているので、そちらも

参考にして頂ければと思います。

スポンサーリンク