家に物がどんどん増えていく・・・・

高齢になってから、物を溜めるようになり

半ばゴミ屋敷になりかけそう・・・・

この記事を見ているあなたはきっと

このようなことで悩んでいることでしょう。

 

実は、私の祖父も高齢になってから

モノを溜める傾向にあり、天井まで

ものが積み上げられ、それを見た

家族と揉めることも多々ありました。

 

いらないモノは捨てて欲しいですが

何度、言っても改善しないのが

難しいところですよね。

 

今回は、そんな高齢になると

どうしてモノが捨てられなくなるのか

その心理・原因や解決策について

解説していきます。

スポンサーリンク

高齢になるとモノが捨てられない理由

若い人とは価値観が異なる?

高齢者世代の方が、若い時は

贅沢は敵、そもそも物は貴重である

といった戦後、物がない時代を

生きてきた世代です。

 

いまでこそ欲しいものはすぐに

手に入りますし、100円均一の

使い捨ての物も普及してきましたが

私たちのような若い世代の人とは

物に対する価値観が異なることが

物を溜めてしまう原因でもあります。

 

長年築き上げられた、その価値観を

そう簡単には変えることできません。

 

ただ、現代は時代も変わり、物の

扱いに対する考えも改めなくては

どんどん物が増えてしまいます。

 

また、物を溜めてしまう理由には

もう一つあって、それはストレスや

社会的孤立による、寂しさから

物を溜めてしまうことがあります。

 

これは若者・高齢者関係なく

どの世代にも共通していることです。

 

強迫性障害という言葉を

一度は聞いたことがあると思います。

そのような精神的な問題も物を溜める

原因になっている可能性もあります。

 

特に、一人暮らしの高齢者や

独り身の人に多いのが特徴です。

 

私の祖父も恐らく一人で暮らしていたら

間違いなくゴミ屋敷になっていたと

思いますね・・・・。

 

家族によってある程度、物を

溜めないよう対策しているので

ゴミ屋敷にならず、なんとか悪化を

防いでいる状態でした。

 

物やゴミを溜めてしまうことには

必ず原因があるので、まずはその原因が

何であるかを知ることも大切です。

スポンサーリンク

物を捨てるようにするには

じゃあ実際に、何をすれば

物を捨てるようになるのかというと

高齢者の片付けの場合は時間を

かけて少しずつ整理していくことが

非常に重要です。

 

特に、本人の知らないあいだに

不要なものを勝手に捨ててしまうと

本人の自尊心が傷つくだけでなく

貴重なもの、思い入れのある物を

捨てられると喧嘩になる恐れがあります。

 

また、基本的に「捨てろ」、「ゴミ」

「邪魔」、「いらない」といった言葉は

自尊心を傷つける恐れがあるので

NGワードと言われています。

 

高齢者の心を傷つけないように

本人に納得してもらってから

物を処分したり、どの物を残すのかを

厳選するようにして、時間をかけて物を

整理し、少しずつ減らしていくことが

非常に重要なのです。

 

そして、本人に残された人がどんな

思いをするのか、その現実問題を

しっかりと自覚させることも必要です。

 

特に、老前整理セミナーなどに

出ることは、本人の意識を変えられる

きかっけになるので自治体で、これらの

講演会がないか一度調べてみることを

オススメします。

 

また、いくら私たちの側が努力しても

物が減らないという場合には

整理整頓のプロに相談するのも

検討してみると良いです。

 

ちなみに、ゴミは溜まれば溜まるほど

かたずけるのが面倒になります。

katazukegurah

図で表すとこんな感じです。

物が溜まってから片付けるでは

掃除にかかる時間や作業の手間が

大きくなります。

 

もし、そこまで物だらけではないけど

最近、なんだか物が増えてきたと

思ったら、物が積み上げられる前の

早い段階で物の整理を行うよう

十分に気をつけていきたいです。

 

まとめ

高齢者が物を捨てられないのには

価値観の違いだったり、物に対する

思い入れが強いなどその原因は

かなり複雑であり、すぐに物を

片付けるなんて正直無理です。

 

実際、私の祖父の場合でも

時間をかけて少しずつ片付けるのが

最終的な解決方法となりました。

 

特に、これらの物を整理できずに

本人が亡くなってしまうと遺品の整理が

極めて面倒なことになるので

できる限り早い段階から本人にも

自覚してもらう必要があります。

モノの片付けや整理整頓も重要?
その理由とは?

 

時間はかかると思いますがとにかく

少しずつでも前に進めていきましょう。

最近では片付けのプロの業者さんも

増えてきたので、それらの業者さんに

相談してみるのも良いかもしれませんね。

 

以上、少しでも参考になれば幸いです。