「家に物がどんどん増えていく」「高齢になってから、物を溜めるようになりゴミ屋敷になりかけている」

この記事を見ているあなたも、きっとこのようなことで悩んでいることでしょう。

 

実は、筆者である私自身の祖父も、高齢になってからモノを溜めるようになり、家族と揉めることも多々ありました。

いらないモノは捨てて欲しいのですが、何度言ってもなかなか改善しないため、家族にとっては非常に悩ましい問題でもあります。

今回は、そんな高齢になるとなぜモノが捨てられなくなるのか?その心理・原因や解決策について解説していきます。

スポンサーリンク

高齢になるとモノが捨てられない理由

若い人との価値観の違い

高齢者世代の方が、若い時は贅沢は敵、そもそも物は貴重であるといった戦後、物がない時代を生きてきた世代です。

いまでこそ欲しいものはすぐに手に入りますし、100円均一の使い捨ての物も普及してきましたが、私たちのような若い世代の人とは物に対する価値観が異なります。

 

例えば、ちょっとした小物であっても「まだ使い道がある」と言ってしまい込んでしまうため、気が付くと同じようなものが沢山溜まっていきます。

特に、認知力が衰えてくると同じ物を買ってきたり、既に家にあるものも間違えて買ってきてしまうこともあるため、余計な物がどんどん増えてしまいます。

 

価値観の違いは変えようがありませんが、ある程度納得してもらわないと物が増えすぎて家族内でもトラブルになる可能性が高いです。

 

ストレスによるもの

物を溜めてしまうもう一つの理由は、ストレスや社会的孤立による寂しさから物を溜めてしまうことです。

これは若者・高齢者関係なくどの世代にも共通していることです。

 

具体的な症例として、強迫性障害という精神疾患があります。

強迫性障害を患うと物への執着心が強くなり、物を捨てられなくなったり、物を溜め込んでしまうといった症状が見られます。

特に、一人暮らしの高齢者や独り身の人に多いのが特徴です。

 

私の祖父も恐らく一人で暮らしていたら間違いなくゴミ屋敷になっていたことでしょう。

家族によってある程度、物を溜めないよう対策しているのでゴミ屋敷にならず、なんとか悪化を防いでいる状態でした。

物やゴミを溜めてしまうことには必ず原因があるので、まずはその原因が何であるかを知ることも大切です。

 

物を捨てるようにするには

では実際に、何をすれば物を捨てるようになるのかというと、高齢者の片付けの場合は時間をかけて少しずつ整理していくことが重要です。

特に、本人の知らないあいだに不要なものを勝手に捨ててしまうと、本人の自尊心が傷つくだけでなく、貴重なもの、思い入れのある物を捨てられると喧嘩になる恐れがあります。

 

また、基本的に「捨てろ」「ゴミ」「邪魔」「いらない」といった言葉は自尊心を傷つける恐れがあるので極力言わない方が良いです。

高齢者の心を傷つけないように本人に納得してもらってから、どれを残してどれを捨てるのかを判断し、時間をかけて物を整理していくことが重要となります。

 

そして、本人に残された人がどんな思いをするのか、その現実問題をしっかりと自覚させることも必要です。

特に、老前整理セミナーなどに出ることは、本人の意識を変えられるきかっけになるので自治体で、これらの講演会がないか一度調べてみることをオススメします。

また、いくら私たちの側が努力しても物が減らないという場合には、整理整頓のプロに相談してみると良いでしょう。

関連:目的に合った整理業者を見つけたい方はこちら!

 

katazukegurah

ちなみに、ゴミは溜まれば溜まるほど、整理するのが面倒になります。図で表すとこんな感じです。

もし、そこまで物だらけではないけど、最近なんだか物が増えてきたと思ったら、物が積み上げられる前の早い段階で物の整理を行った方が良いです。

物が溜まってから片付けるでは掃除にかかる時間や作業の手間が大きくなり、片付けに対する意欲も失われてしまうので、早いうちに対処しておきたいところです。

 

まとめ

高齢者が物を捨てられないのには価値観の違いだったり、物に対する思い入れが強いなどその原因は複雑で、すぐには物を捨てられないケースも多いです。

実際、私の祖父の場合でも本人と家族で何度も話し合いを行い、時間をかけて少しずつ片付けていくことが最終的な解決方法となりました。

 

特に、これらの物を整理できずに本人が亡くなってしまうと遺品の整理が極めて面倒なことになるので、できる限り早い段階から本人にも自覚してもらう必要があります。

時間はかかると思いますが、とにかく少しずつでも前に進めていきましょう。

どうしても家族だけで対処しきれない場合には、遺品整理や生前整理の業者サービスに相談してみることをオススメします。

【まずは無料相談】適切な遺品整理/生前整理業者を見つけたい方はこちら!