厚生年金というのは、一般的に自営業を除いた、会社員や公務員といったサラリーマンが加入する仕組みです。

パートやアルバイトといった非正規社員は加入できないと思っている方は多いですが、実際は労働時間や労働日数が正社員並み3/4以上)の場合には厚生年金に加入できます。

 

また、2016年10月以降はこの範囲が変更になり、加入条件が緩くなりました。

今回は、そのパートやアルバイトといった非正規社員の厚生年金について解説していきます。

スポンサーリンク

非正規社員が厚生年金に入るには

従来の条件

roudoujikan

非正規社員が厚生年金に加入するには以下の条件を満たしている必要があります。

  1. 1日の所定労働時間が正社員の約3/4以上
  2. 1ヶ月の勤務日数が正社員の約3/4以上

の2つです。

 

ただし、雇用期間が2か月以内の短期の場合には対象外でした。

基本的に、非正規社員でも正社員並みに働いている人は厚生年金の対象になると考えていれば良いです。

 

例えば、正社員の労働時間・日数は、一般的に週休2日の1日8時間勤務(週40時間)が原則です。

そのため、この原則の通りなら週に30時間以上、働いているパートやアルバイトの人は厚生年金の加入対象者となります。

 

現在の加入条件

kousinmaku

これまでの加入条件の下では労働時間と勤務日数だけでしたが、2016年(平成28年)10月以降、その範囲が変更されました。

その条件は

  1. 週に20時間以上労働している人
  2. 給料で月に8万8千円以上受け取っている人
    (年収換算で106万円以上)
  3. 従業員数が501人以上の企業で働いている人
  4. 1年以上働く見込みがある人
  5. 学生ではないこと

の5つになります。

5個も条件があるので一見すると厳しいようにも見えますが、実際のところ、加入できる人はこれまでの範囲に比べて大幅に増加します。

 

ただ、日雇い労働者のように勤務日数が1ヶ月以下といった短期の労働の場合は、厚生年金に加入することはできません。

厚生年金がどうなっているのかまた加入しているか、していないかについては、その働いている会社に一度、聞いてみると良いです。

 

厚生年金加入は大きなメリットがある!

nayamuirasuto

よく厚生年金に加入してしまうと保険料が天引きされて手取りが少なくなることを心配する人がいます。

 

確かに、実質的な手取りは厚生年金に加入しない方が高くなる可能性はあります。

現状では生活がギリギリであり、手取りが減るのはマズイという方には厚生年金への加入はデメリットかもしれません。

 

しかし、厚生年金に加入することができれば、将来受け取れる年金の額を増やすことができます。

また、厚生年金は会社側が、その保険料の半分を負担するのでかなりお得な年金と言えます。

 

短期的に、お金が必要という方を除けば、厚生年金に加入することは基本的にはメリットとなるのです。

 

まとめ:長期的に見ればメリットが大きい

このようにパートやアルバイトといった非正規社員の場合でも、週に20時間以上の勤務であれば厚生年金に加入できる可能性が高いです。

自分が今、厚生年金に加入しているのかどうか気になる方は、一度会社に社会保障の加入についてどうなっているのか確認を取ってみると良いでしょう。

以上、参考になれば幸いです。

 

年金 関連記事

【簡単解説!】厚生年金の受給に必要な加入期間はこれ!

【厚生年金とはこういう仕組み!】超分かりやすく教えます!

【ベーシックインカムのメリット】従来の社会保障との違いとは?

確定拠出型年金の仕組みはこう!企業型と個人型は異なる!

【年金はいつから払うのか】国民年金の基礎を確認!

 

スポンサーリンク