車いすに付いている機能の中でも

特に重要な要素である

ブレーキの存在。

 

ほぼ全ての車いすには何らかの

ブレーキが付いており、転倒防止には

欠かせないものとなっています。

 

車いすのブレーキは大きく分けて

  • 車輪止めのブレーキ
  • 介助用のブレーキ
  • 自動ブレーキ

の3つに分けられており、車いすを

購入またはレンタルする際には

ブレーキについてもしっかりと

検討することが重要です。

 

今回は、この車いすのブレーキの

種類やブレーキの重要性について

解説していきます。

スポンサーリンク

車いすのブレーキの種類

車輪止めのブレーキ

kurumaisubureki (1)

一般的な車いすについている

ブレーキはこのレバータイプの

車輪止めブレーキになります。

 

レバーを手前に引くことで

ストッパーがタイヤに食い込み

車輪を固定する仕組みです。

 

左右のタイヤ両方についており

確実に止めるためには

両方のブレーキレバーを引き

固定する必要があります。

 

このブレーキは、車いすを

しっかりと止める上で欠かせない

非常に重要なブレーキです。

 

少しでも介助者が離れるような

場合でも、忘れずに両方の

ブレーキをかけましょう。

 

例え、介助者がいる場合であっても

ブレーキをかけ忘れて、ちょっと目を

離している間に、車いすが動き出し

事故に巻き込まれるといった

ケースは少なくないです。

 

burekisuropu

介助者にとっては傾斜がないように

見えても、実際に車いすが

動いてしまうことはあります。

 

そのため、平坦な場所であっても

少し目を離す場合には、必ず

ブレーキをかけて固定する

習慣を身に着けることが重要です。

 

また、介助者がおらず本人が

一人で動かす場合にも注意が

必要です。

 

特に、認知症などで判断能力が

低下していると、立ち上がるときに

ブレーキをかけ忘れて転倒する

恐れがあります。

 

できる限り、車いすでの移動は

介助者が付き添って見守ることが

望ましいと言えますね。

スポンサーリンク

介助ブレーキ

kurumaisubureki (2)

こちらは介助者が車いすを動かす

場合に使われるブレーキです。

取っ手の部分にレバーがあり、

それを引くとブレーキがかかります。

 

こちらは介助用の車いすには

ほぼ必ず付いていますが

自走タイプの車いすには

付いていないこともあります。

 

介助ブレーキが付いていた方が

万が一、介助者による助けが

必要になった時でも、安全に

車いすを動かすことができます。

 

特に、坂道を車いすで下る場合、

介助ブレーキが付いていないと

介助者の腕への負担が大きくなる

恐れがあるので、介助用ブレーキは

付いている車いすの方が良いです。

 

自動ブレーキ型

jidouburekikuruma

自動ブレーキとは、乗っている人が

立ち上がった時に、自動的に

ブレーキがかかるものです。

 

立ち上がると同時に、車輪止めの

ブレーキがかかり、座るとまた

ブレーキが解除されます。

 

このブレーキは安全性の面では

非常に優れており、本人が一人で

動かす場合でもブレーキの

かけ忘れによる転倒を防げます。

 

ただ、自動ブレーキというだけあって

車いすの構造が複雑になるため、

このブレーキを搭載している

車いすは価格がやや高めです。

 

そのため、経済的にある程度

余裕がないと購入できないという

デメリットもあります。

 

まとめ:確実に防ぐなら自動ブレーキが良い

このように車いすのブレーキには

大きく分けて3種のブレーキがあり、

一般的には、レバー式のブレーキと

介助用のブレーキが付いています。

 

かけ忘れの防止といった安全性を

重視するならば、自動ブレーキを

搭載した車いすが一番良いですが

その分、どうしてもお金がかかります。

 

予算と照らし合わせて、可能ならば

自動ブレーキが付いている車いすを

選ぶことをオススメします。

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク