近年、問題となっている無縁仏(むえんぼとけ)

そもそも無縁仏って何なのでしょうか。

割と身近にある言葉ですがこのような用語はやたら複雑でイマイチ理解しがたいことでしょう。

今回は、よく永代供養と間違われる無縁仏について分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

無縁仏ってなに?

無縁仏は簡単に言ってしまえば、お墓を管理する人がおらず完全に放置されてしまっているお墓のことを指します。

もう少し具体的に言うと

  • お墓の後継者がいない
  • そのお墓に入る人がいない
  • お墓参りをする人がいない
  • お墓の所有者が誰かわからない

といった場合に無縁仏となるケースが多いです。

 

そのお墓を見る人がいない。つまりは、縁がないということなので無縁仏と言われるのです。

無縁墓地とも言います。

 

本来、お墓はそのお墓の管理を委託しているお寺や霊園などに管理費を支払うことでお墓の維持・管理をしています。

また、定期的にお墓参りを行っていれば、お墓をきれいに掃除する機会があるのでお墓参りができていればお墓が荒れることはないです。

 

しかしながら、そのお墓の管理費を支払う人がいなかったり、遠くに住んでいてお墓参りにいけない状態になってしまうと、やがてお墓は荒れてしまいます。

特に、近年はお墓に対する価値観が変化してきたことや少子化などで、無縁仏となる墓の数も増えており、今後も増え続けるとまで言われています。

 

無縁仏になってしまうと、管理者はその無縁仏を撤去するのですが、撤去を行うにしても様々な手続きが必要となるので多大な迷惑をかけることになります。

 

さすがに、やむを得ない事情とは言え、お墓を投げやり状態にしてしまってはあまりに無責任すぎますよね。

そのような事態を避けるために、お墓をこれ以上管理できないような状態になると分かった場合には早めに墓じまい遺骨を永代供養するなどの準備を早めにしておきたいです。

 

スポンサーリンク

永代供養との違いとは?

よく間違われやすい永代供養ですが、永代供養はお墓をこれ以上管理することがことができない場合に用いられる埋葬方法の1つです。

一般的に、お寺や霊園の管理者に費用を前もって支払うことで、後の管理は全てそちらに任せるという埋葬方法です。

 

この永代供養を行えば、遺骨を埋葬した後の維持・管理やお墓参りをする手間がなくなります。

 

つまり、無縁仏は全く管理する人がいない放置状態のことを言い、永代供養はお墓を管理する人がいないから、お寺や霊園が変わりに管理を行うということです。

 

ただ、永代供養といっても永遠に遺骨が管理される訳ではなく、その管理するお寺や霊園によっても年数が決まっている場合があります。

また、永代供養の多くは、他の人の遺骨と一緒に埋葬される合祀であるため、納骨後は遺骨を取り出すことができなくなります。

 

永代供養については「永代供養とは何か?永代供養のメリット・デメリット」を参考にして頂ければと思います。

 

まとめ:無縁仏は完全に放置されたお墓のことを言う

お墓が無縁仏になると、そのお墓を管理しているお寺や霊園には多大な迷惑がかかってしまいます。

無縁仏となることが既に分かっている場合には、早めに墓じまいをするかお墓にある遺骨を永代供養するなど対応をしていきたいです。

 

特にお墓に関しては親族間の感情も考慮する必要があるので早め早めの対処が重要ですね。

スポンサーリンク