「学生だから収入もほとんどないし、年金を支払うことができない!」

私自身も、20歳当時は収入が殆どなく、年金の保険料は非常に大きな負担となっていました。

しかし、学生であるならば学生納付特例制度という制度を利用することで学生期間中は年金の支払いを猶予することができます。

今回は、この学生納付特例の仕組みについて解説していきます。

スポンサーリンク

学生納付特例制度とは何か

年金はいつから払うのか?国民年金の基礎はこれ!」で解説した通り、日本国内に住んでいる人は20歳になると誰もが国民年金に加入することになります。

しかし、実際のところ20歳になった時点では、大学生や専門学校生といった学生であることも多いです。

 

konnbinitenin

中には、実家から離れてアルバイトをしながら、一人暮らしを行っている人もいるでしょう。

そのような場合、保険料の支払いが難しいこともあり得ます。

 

学生納付特例制度はそのような学生さんが対象であり、申請を行うことで、在学中の保険料の納付が猶予される制度です。

この特例制度を受けるためには学生であることと同時に、本人の所得が一定以下であることが条件です。

 

その所得基準は年間で、

118万円×扶養親族等の数×38万円+社会保険料控除等

が基準となります。

 

イラストACラフ2

扶養親族というのは、簡単に言うと本人が養っている人、すなはち子供や配偶者のことを指します。

学生さんの多くは扶養親族はいないかと思いますが、大学・専門学校には既に結婚している社会人でも入学することは可能です。

そのような場合には、扶養親族がいることも考えられますよね。

 

いろいろと計算式が面倒ですが、一般的には年間所得が118万円以下の学生なら利用できる制度と考えていれば良いです。

 

特例制度の申請はいつやるべきか

この学生納付特例制度を利用する場合には、できれば国民年金加入後すぐに手続きをしておくのが良いです。

20歳になる誕生日の1か月前になると、国民年金機構から申請書が届きますが、この時一緒に猶予手続きに必要な申請書類も送られてきます。

国民年金の加入が完了し、年金手帳を受け取ったら、すぐに猶予の手続きを行いましょう。

 

万が一忘れてしまっても、2年1ヶ月前までならさかのぼって申請することができるので忘れずに申請したいです。

そして、この申請は必要ならばできる限り早くに行った方が良いです。

 

kurumaisu

なぜなら万が一病気やケガ、あるいは事故で障害が残った時に、この納付特例の手続きをしていないと障害年金を受け取ることができないからです。

また、学生納付特例制度を利用するとその猶予した分は年金の納付期間に含まれます。

 

そのため、申請しないと納付期間が短くなるので、年金を受け取れない恐れも出てきます。

※年金を受け取るには10年以上の納付期間が必要です。

 

学生納付特例の申請方法

学生納付特例の申請書は日本年金機構HPから用紙をダウンロードするか、近くの年金事務所に請求することで入手できます。

申請書以外にも

  • 国民年金手帳
  • 学生証といった学生であることを証明する物の写し

の2つが必要になります。

 

申請書に必要事項を記入し添付書類をそろえたら、住民票登録のある住所地の役場(国民年金担当窓口)に提出しましょう。

申請書類は郵送も可能です。また学校の学生課でも学生納付特例の代行事務を行っていることもあるので、一度確認してみましょう。

 

2、3ヶ月ほどで、その審査結果が住民票の住所地に送られてきます。

その間に納付書が来ることもありますが保険料を納める必要はありません。

万が一、審査に落ちた場合には後から保険料を納めれば問題ないです。

 

なお、学生納付特例が適用される期間は、原則として申請日にかかわらず4月から翌年3月まで対象となっており、1年ごとに申請が必要になります。

特例が適用されている場合、毎年4月上旬に申請書類が送られてくるので、再度申請手続きを行いましょう。

 

 

特例期間が終わったら

hurikominenkin

特例期間が終わった場合、猶予した分の保険料を支払う必要があります。

この制度は免除ではなく猶予なので、保険料をしっかりと支払わないと将来受け取れる年金の額が減額となるので気を付けましょう。

 

期限は10年以内であり、猶予した分の年金をさかのぼって納めること(追納)ができます。

例えば、平成27年の1月分の場合、平成37年の1月末までなら追納することができるということです。

 

ただし、経過年数が3年以上経過してしまうと、追納額が当時に支払った時に比べて増額となってしまいます。

 

日本年金機構HPの追納額にある通り、3年目以降は本来の保険料と比べて増額となります。

 

そのため、できる限り早くに保険料は支払ってしまう方が望ましいです。

例えば大学生の場合、大学卒業後に就職して働き出したら、できるだけ早くに保険料を追納するといった感じになります。

 

まとめ:必要ならば早めに申請を!

このように学生さんの場合には収入が少なく、保険料を支払うのが経済的に難しい場合があります。

学生納付特例制度を申請すれば、保険料を猶予できるだけでなく、万が一障害を負った時にも障害年金が支給されるため、必要ならば早くに申請した方が良いです。

 

ただし、あくまでも免除ではなく猶予なので、どちらにしても後々年金を支払う必要があります。

この点は免除とは違うので間違えないようにしましょう。

 

以上、参考になれば幸いです。

関連:国民年金の免除と猶予の違いはこれ!未納よりはマシ!

こちらも参考にして頂ければと思います。

 

スポンサーリンク