国民年金は月に6万円ほどしか

支給されないから老後の生活が

成り立たないのでは・・・・?

恐らく、あなたもそう感じている

ことでしょう。

 

国民年金だけでは生活が

できないと言われますが、なぜ

そうなってしまうのでしょうか。

 

今回は、この国民年金の

本質について解説していきます。

スポンサーリンク

国民年金の平均受給額はいくら

nenkinkingaku

国民年金の平均受給額は

平成28年度(2016年度)で

国民年金の場合は、満額で

年間78万円ほど、1か月で

6万5千円ほどです。

(厚生労働省より)

 

ただ、満額で支払われるのは

40年間保険料を納め続けた

人に限られるため、そうでない人は

ここからさらに減額されてしまいます。

 

また、厚生労働省の国民年金の

平均受給額について見ると

近年は月額5万5千円ほどという

データが出ています。

 

そのため、国民年金が満額で

支給されも月6万円と少ないため

家賃や水道光熱費、食費等を

十分に賄うことはできないのです。

 

また、厚生年金の場合には

平均して月額15万円ほど

国民年金とは別に受け取れますが

全員が厚生年金を受け取っている

訳ではありません。

スポンサーリンク

国民年金の本質について

hatenakangaeru

なんで、こんなにも国民年金の

支給額が少ないのかというと

国民年金は本来、老後に貯金と

持ち家等の生活基盤がある状態を

想定して作られた制度だからです。

 

また、老後は子供に養ってもらう

という考え方も、当時の国民年金の

背景にありました。

 

しかし、近年は不況や文化、価値観の

変容といった影響で貯金が難しい、

持ち家を持てない、子供がいない

といった人が増えたため、国民年金が

前提とする条件を満たせない現象が

起こっています。

 

でも厚生年金があれば問題ないと

思ってしまいますが、実際問題

厚生年金を受け取れないことも

現代においては十分に考えられます。

 

なぜなら、一昔前の高度成長期は

誰もがサラリーマンとして

働くことができましたが、現代では

非正規雇用といった労働形態が

多様化したため、必ずしも定年まで

サラリーマンでいられるという

訳ではなくなっているからです。

 

そのため、やむ負えず厚生年金に

入ることができなかった人

支給金額の少ない国民年金しか

受け取れないので老後の生活が

成り立たなくなってしまいます。

 

つまりは、現状の年金制度は

今の日本の労働形態とは

噛み合わなくなっているとも

言えるのです。

 

それゆえに、近年では

老後にお金がなくなってしまう

老後破産という悲惨な事態も

問題となってしまったのです。

老後破産って何?

 

年金に頼らない方法を考える

年金の支給額が少ないために

将来、国民年金しか受け取れないと

考えられる場合には、年金に

頼らない老後生活を計画する

必要があります。

 

貯金を溜めることも重要ですが

近年では、個人年金保険という

民間の保険を利用することも

老後破産を回避する方法の

1つと言われます。

 

また、定年後もできる限り

働き続けるなどして、極力年金に

頼らないように工夫することが

今後は重要なことだと思います。

 

まとめ

このように国民年金だけでは

月に5、6万円しかもらえないので

これだけでは生活はできません。

 

そのため、理想的なのは

老後に年金に頼らなくても

生活できる基盤を作ることが

重要と言えますね。

老後の破産や貧困を防ぐ!その対策とは?

こちらも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク