「年金を受け取っているけど生活が成り立たない・・・。」

受け取れる年金額によっては、年金だけで生活していくには不十分なこともあり、生活保護に頼らざるを得ない事態に直面している人もいます。

特に、近年は老後破産や下流老人といった言葉が出てくるように、高齢者の貧困も大きな社会問題となっています。

 

「年金と生活保護の両方を受け取ることができるのか?」といった疑問ですが、結論から言えば、一定の条件を満たせば併給は可能となっています。

今回は、その年金と生活保護の併給について解説していきます。

スポンサーリンク

年金と生活保護は併給できる理由

結論を言うと、年金と生活保護の併給は可能です。

また、生活保護を受けたら年金が打ち切られるということもありません。

 

ただし、年金と生活保護の併給には条件があり、年金の収入が必要最低限の生活費を下回っている場合に限らています。

生活保護の受給額についてもその年金の収入を差し引いて足りない分だけとなります。

つまりは、生活に最低限必要な費用が年金でまかなえない場合、その不足分を生活保護で補うという仕組みです。

 

そして、年金を受け取っている場合、その年金は収入として扱われるため、しっかりと申告する必要があります。

記入漏れや金額が違う場合には不正受給とみなされる可能性があるために、ある程度手続きが面倒になることは避けられません。

ですが、最低限度の生活ができないようでは本末転倒ですので生活保護の受給を考えているならまずは役場(福祉事務所)で相談することをオススメします。

 

これらの手続きは自分から動かないと何もやってはくれないので、とにかく足を運んでみて、申請の条件等を正確な情報を得ましょう。

持ち家や自動車を持っているから申請できないといったこともないので、変な噂に惑わされず、まずは実際に相談することをオススメします。

 

スポンサーリンク

年金より生活保護の方が本当に良いのか?

よく「もらえる年金の額が少ないから生活保護を受給した方が良い」と言われますが、これは誤解です。

年金制度の将来性もなく、先々廃止になるのではとも言われていますが、最低限、保険料さえしっかりと支払っていれば年金は受け取れますし、死ぬまで受給することができます。

年金は減額になる可能性はあっても、すぐに完全廃止という可能性はなんだかんだで低いです。

 

なぜなら、年金を無理やりなくしたら大きな社会不安が発生し、日本中大混乱となってしまうからです。

高齢化社会が進んでいる現状を踏まえると、やめるにやめられない状況にあるとも言えます。

 

一方の、生活保護制度については将来、今と同様に機能しているとは限りませんし、現金支給ではなくなる可能性もないとは言えません。

また、生活保護を受けるのには

  • やむ負えず働くことができない
  • 身内に扶養義務者がいない
  • 預貯金がない
  • 不動産等の固定資産を持っていない

といった、様々な決まりがあるため必ずしも受けられるといった確証はありません。

生活する上でも様々な制約を受けることもあるでしょう。

 

生活が成り立たない状況下にあって、やむ負えず生活保護を受給することは決して悪いことではありません。

しかし、生活保護があるから年金は不要であると考えてしまうのは少し危険な考えだと思います。

 

まとめ:併給はできるが条件付き

このように年金の収入が最低限の生活費を満たせない場合には、年金と生活保護を併給することはできます。

ただ、その申請にもいくつかの条件があるので、生活保護の受給を考えている場合には、まずは役場で相談することをオススメします。

以上、参考になれば幸いです。

関連:【貯蓄があっても油断できない】老後破産を引き起こす原因とは?

 

スポンサーリンク