寝たきりになると、体を動かす機会が

少なくなるのと同時に、長時間に

わたって背中を圧迫するため、

姿勢によっては腰痛になる恐れが

あります。

 

寝たきりの腰痛を防ぐためには

  • 体を定期的に動かす
  • 腰下にクッション等を置く
  • 腰の筋肉を動かす

といった対策が必要になります。

 

今回は、寝たきりの人で腰痛に

なってしまう時の対処法について

解説していきます。

スポンサーリンク

寝たきりによる腰痛の予防法・対処法

寝る時の姿勢や体位を変える

kaigonetakiri

寝たきりによる腰痛を防ぐには

定期的に姿勢を変えることが

重要になります。

 

長時間、寝たきり(安静状態)で

同じ姿勢でいると背中の血流が

悪くなり、痛みを伴います。

 

とりわけ、寝相が悪いと腰痛に

繋がることが多いため、正しい姿勢で

寝ることは腰痛を予防する上では

非常に重要です。

 

数時間おきに寝返りをうたせて

体位を変えていきましょう。

この時、腰を痛めないように

十分配慮して、慎重に体位を

変えていきたいです。

 

また、定期的に体位を変えることは

床ずれ予防にもつながります。

床ずれとは何か?その原因は?

スポンサーリンク

腰の下にクッション等を置く

makurakussyon

ベッドに直で横になってしまうと

腰への負担が大きく、腰痛に

繋がる可能性があります。

 

そのため、腰の下にマットや

クッション等を置いて寝るのも

腰痛予防に効果的です。

 

マットやクッションによって

腰が高くなると、背中全体に

体重が分散されるので

普通に横になって寝るよりも

負担を軽減できます。

 

クッション等がない場合は、枕や

丸めたバスタオルなどで代用すると

良いです。

 

本人が寝ていて辛くならない

姿勢になるように、痛みの

様子をうかがいながら、

位置を調整すると良いです。

 

また、シーツなどもシワに

なっていないかを確認して

正しい姿勢で寝れるように

配慮しましょう。

 

腰痛は動かして治す

腰痛を改善するためには

血流が悪くなっている部分を

ほぐして、血流を改善する必要が

あります。

 

全身の筋肉や関節を動かすことも

腰痛対策に効果的です。

 

痛いから無理に動かさない方が

良いようにも見えますが、実際は

適度に筋肉を使っていった方が

腰痛を改善できます。

 

寝たきりになってしまうとどうしても

体を起こして運動をするだけでも

一苦労です、腰痛予防のためには

適度に体を起こして筋肉を

動かすことが重要なのです。

 

体調が良い日などは、積極的に

体を起こさせて、定期的に体を

動かす機会を作りましょう。

 

まとめ

このように高齢者、とりわけ寝たきりの

人の腰痛は、適度に体位を変えたり、

背中に負担がかからないよう

高さを調節したりして、対策する

必要があります。

 

ただ、無理に行うと、本人の気分を

害してしまう可能性もあるので、

ならべく腰に負担がかからないよう

本人の気持ちも配慮しながら、

焦らず対策を進めましょう。

 

万が一、激痛がはしったり、介護者の

手に負えない緊急事態の場合には

早めに救急者を呼ぶと良いです。

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク