歳を取ると非常に心配になる

認知症の病気。

 

認知症はその本人も大変ですが

ご家族の方の苦労も非常に大きく

できる限り予防したい病気ですよね。

 

ただ、そんな認知症にも

いくつかの種類があり、一口に

認知症といってもその原因により

症状や病名は変わってきます。

 

今回は、認知症の種類について

簡潔に解説していきます。

スポンサーリンク

認知症の種類とは?

そもそも認知症は本来、認知症と

呼ばれる病気ではなく、脳細胞の

異常により、思考力や記憶力等が

低下する病気の総称です。

 

認知症の病気は主に・・・

  • アルツハイマー病
  • 脳血管性認知症
  • レビー小体型認知症
  • 前頭側頭型認知症
  • 慢性硬膜下血腫
  • 甲状腺機能低下症

これらの病気が該当します。

 

ただ、認知症患者全体でみると

アルツハイマー病が60%ほど

レビー小体型認知症と

脳血管性認知症が20%前後です。

  • アルツハイマー病
  • レビー小体型認知症
  • 脳血管性認知症

この3つは認知症の中でも

3大認知症とも言われています。

 

今回は、この3大認知症の特徴を

見ていきます。

 

アルツハイマー病の認知症

アルツハイマー病は前述した通り

認知症の半分以上を占める病気です。

 

アルツハイマー病の原因については

未だに解明されていませんが

β(ベータ)アミロイド蛋白、

タウ蛋白といった特殊な物質が

脳内の神経細胞に異常をもたらすと

言われています。

 

最も一般的な認知症と言える病気で

記憶障害や判断能力、思考力の

低下など、悪化すると日常生活にも

大きな支障をもたらします。

 

特に、記憶障害に関しては

物忘れしたことを忘れてしまうのが

最も大きな特徴とも言えます。

 

レビー小体型認知症の特徴

レビー小体型認知症の

大きな特徴として、幻聴や幻覚が

繰り返して現れることです。

 

レビー小体は記憶をつかさどる

海馬という部分に異常が発生し

物事の記憶が困難となります。

 

アルツハイマー病とは違って

物忘れなどよりも、幻覚や幻聴が

発生し、パーキンソン病と症状が

似ているのも大きな特徴です。

 

また、アルツハイマー型は女性が

多いのに対して、レビー小体型は

男性に多く、おおよそ女性の2倍と

言われています。

 

脳血管性認知症の特徴

こちらは主に、脳梗塞や脳出血

くも膜下出血等、脳の血管の

病気によって部分的に脳細胞が

死んでしまうことで発生する

認知症です。

 

つまりは、脳梗塞や脳出血の

根本的な原因となる高血圧などの

生活習慣病と非常に関係の深い

認知症とも言えます。

 

脳の損傷した部分によっても

認知症の症状が異なり、再度

脳梗塞などが発生するたびに

症状が悪化する傾向にあります。

 

まとめ

このように認知症には様々な

種類があることは確かですが

  • アルツハイマー病
  • レビー小体型認知症
  • 脳血管性認知症

そのほとんどは3大認知症

どれかの病気です。

 

アルツハイマー病に関しては原因が

不明確なのでなんとも言えませんが

規則正しい生活習慣を行うのは

健康の維持には不可欠なことである

というのには変わりません。

 

どの認知症でも早期発見、早期治療が

非常に重要なので、少しでも早くに

検査を受けることをオススメしまうす。

認知症は治るのか?
治すよりも予防が重要かも?

こちらも参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク