非常に複雑な病気である

認知症。

 

一度、認知症になったら

もう治らないのではと誰もが

不安になると思います。

 

今回は、そんな認知症の

治療について解説していきます。

スポンサーリンク

認知症は治るのか?

認知症が治るかどうかは

その認知症の種類にもよります。

【認知症の種類とは?】
アルツハイマー病が最も多いの?

 

認知症患者の90%以上は

  • アルツハイマー病
  • 脳血管性認知症
  • レビー小体型認知症

の3大認知症のどれかの病気が

原因です。

 

基本的にこれら3大認知による

認知症を完治することは

困難と言われています。

 

認知症の大半は悪化を防ぐのが限界

認知症の多くは根本的な原因が

明確になっていないがゆえに

確立した治療法がないのが現状です。

 

また、認知症は歳を取れば誰でも

発症する可能性のある病気なので

認知症になることを完全防ぐこと自体

非常に難しいと言われています。

 

しかしながら、薬物療法やリハビリ

適切に行うことで、認知症の進行を

遅らせたり、症状が和らげることは

できます。

 

特に、認知症の治療は

早期に治療できればできるほど

その進行を遅らせたり、症状を

和らげるのに、より高い効果を

発揮できます。

 

つまり、早期発見と初期の対処

極めて重要なのです。

 

認知症は治らないからといって

諦めるのではなく、悪化する前に

早いうちからしっかりと治療計画を

立てることで症状の悪化を最小限に

抑えることができます。

 

また、脳血管性認知症の場合は

認知症の原因が脳梗塞や脳出血など

病気にあるので、この根本的な病気を

治療することができれば、認知症の

悪化を止めることもできます。

スポンサーリンク

一部治る認知症もある

認知症には他にも脳に髄液が

溜まることで脳細胞を圧迫する

正常圧水頭症や頭蓋骨と脳の間に

血がたまり脳を圧迫する

慢性硬膜下血腫といった

認知症もあります。

 

これらが原因の認知症の場合には

その原因となっている要素を

手術で取り除いたり、薬で治療できる

可能性があります。

 

また、甲状腺ホルモンや心不全などの

脳以外の内科的な疾患が原因

発生している認知症の場合も

治る可能性が高いと言われています。

 

ただ、認知症全体として見ると

これらの病気が認知症の原因で

あることは稀なので、基本的に

認知症は完治できない病気

思っていた方が良いです。

 

また、早期に発見できないと

本来治せるはずの認知症も

手遅れになる恐れがあるので

認知症は何が原因であっても

早期発見が極めて重要なのです。

 

まとめ

このように認知症を完治することは

現在の医学では困難で、あくまでも

認知症の進行を防ぐのが限界です。

 

しかしながら、認知症を早期発見し

早期治療を行うことができれば

その悪化は最小限に抑えることが

可能であり、早ければ早いほど

その予防効果も高くなります。

 

定期的に認知症の検査を

受けていれば、認知症の早期発見や

治療計画も立てやすくなるので

日頃からなんとなく気になるようなら

一度、神経内科や神経科で検査を

受けることをオススメします。

【認知症予防には何が必要?】
人との交流も重要だった!?

こちらも参考にして頂ければと

思います。

スポンサーリンク