早期発見が重要と何度となく

言われている認知症。

 

ただ、認知症の初期症状は

非常にわかりづらく、日常生活には

あまり支障が出ていない段階なので

単なるボケと勘違いしてしまうことが

かなり多いです。

 

そんな認知症を発見するためには

MCI検査という一種のテストを

受けることが効果的です。

 

今回は、このMCIや早期発見の

ポイントについて解説していきます。

スポンサーリンク

MCIという言葉について

まずMCIとは何かというと

軽度認知障害」のことを言います。

 

軽度認知障害は

認知症の前段階です。

 

認知症と言えるほどではないけれど

少しボケているような状態であり

何もしないで放っておくと、数年後には

認知症になる可能性がある段階です。

 

MCIを放置した場合、5年間で

約50%の人は認知症になると

言われています。

 

認知症は一度発症してしまうと

どんなに治療やリハビリを行っても

脳細胞が既に傷ついているので

完治することができず、悪化を

防ぐのが限界です。

認知症の原因はこれ!

 

MCIの段階で潜在的な認知症を

発見することができれば

完治できる可能性は高いです。

 

MCIの定義について

MCIの定義は

  • 記憶障害の訴えが本人または家族から認められている
  • 日常生活には特に支障がない
  • 全般的認知機能も正常
  • 年齢や教育レベルの影響のみでは説明できない記憶障害がある
  • 認知症ではない

という5つの項目がMCIの

一般的な定義となります。

 

簡単にいってしまうと

多少、認知機能が低下していても

日常の生活では特に問題なく

十分に自立が可能なレベルにある

状態ということです。

スポンサーリンク

認知症を早期発見するポイント

tyekkupoint

MCIは認知症ではないですが

その前段階ということなので

小さいながらも症状は現れます。

 

 

ここでは簡易的にMCIかどうかを

判断するポイントを紹介していきます。

 

以下のことで、該当する項目が

多いようなら一度検査を受けること

オススメします。

 

もの忘れが悪化している

物忘れ自体は誰にでもあるので

特別、悪いことではないですが

その頻度が以前にもまして多くなったり

単に、忘れているだけなのに

貴重品などが盗まれたのではないかと

人を疑うようになったら要注意です。

 

また、もの忘れをしたこと自体を

忘れてしまうのも認知症の特徴です。

 

判断・理解能力が低下している

これも歳を取れば誰もが低下しますが

特に、日常の会話の中で

話のつじつまが合わなかったり

ちょっとした計算や暗記を行うのが

難しくなった場合は要注意です。

 

また、テレビ番組やラジオなどの

内容が理解できなくなることも

症状の1つです。

 

慣れている道でも迷うことがある

これまで、なんの不自由もなく

通ってきたいつもの道なのに

その場所がどこだか分からなくなる

ことが増えてきたら要注意です。

 

時間感覚についても同様で

年月日が全く分からなくなるのも

認知症の症状の特徴であり記憶力が

低下している恐れがあります。

 

性格が変わる・不安感が強くなっている

MCIや認知症になると、感情を

上手に制御できなくなります。

 

認知症の場合、この症状が

強く出てきますがMCIの段階でも

この症状が出ることもあります。

 

最近、なんだか怒りっぽくなったり

感情の起伏が激しくなるといった

変化が見られる場合には

気をつけた方が良いです。

 

また、記憶や感情に違和感を感じ

実際に本人が訴えているような場合

自分自身で症状の辛さを感じている

重要なサインとなります。

 

MCIや認知症になると自分自身の

認知能力に対してイライラしたり

強い不安を感じることもあるため

最近、そのようなことを言うように

なった場合には、気をつけましょう。

 

まとめ

このように認知症の早期発見には

認知症の前段階ある、MCIを

発見できるかどうかがが重要です。

 

MCI検査並びに、認知症を扱うのは

主に、精神科・神経科・神経内科です。

また「もの忘れ外来」というような

専門外来でも同じように認知症を

扱っています。

 

日常生活の中で何か違和感を

感じるようなら、一度病院で

しっかりとMCI・認知症の検査を

受けることをオススメします。

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク