今や誰もが知っているであろう「認知症」という病気。

ただ、イメージでなんとなくは分かっていても、実際に認知症がどのような症状を引き起こすのか、詳しいところまではなかなか知らない人も多いのではないでしょうか。

認知症は年を取れば誰もが発症する可能性のある病期なので、その内容を知っておいて損することはありません。

今回は、そんな認知症がどういう病気なのか?認知症の基本について解説していきます。

スポンサーリンク

認知症とはどういう病気か?

まず「認知症」という言葉は特定の病気を指すのではなく、あくまでも日常生活において支障が出る様々な症状全般を表す言葉です。

それら症状の中でも特に記憶力や思考力の低下を引き起こす病気が認知症とされる病気となります。

 

具体的な病気の一例としてはアルツハイマー病です。

アルツハイマー病は認知症に認定される病気の中でも、最も多く認知症の人の60%~80%がこの病気が原因と言われています。

 

他にも認知症は

  • 脳血管型認知症
  • 前頭側頭型認知症
  • レビー小体型認知症

といった病気が関係しています。

基本的に、これら認知症の病気は一度発症すると完治することが難しいため、早期発見・治療が非常に重要な病気でもあります。

 

スポンサーリンク

認知症の主な症状

認知症の症状は主に

  • 記憶力・思考力の低下
  • 注意力や判断能力の低下
  • 言語障害
  • 意識障害

といった症状が発生します。

例えば、日常的に物忘れは誰にでもありますが、認知症になると物忘れしたことを忘れてしまうという症状が発生します。

つまりは、物忘れの自覚がなくなることが特徴と言えます。

 

他にも頻繁に迷子になったり、年月日が分からなくなる、さらに家族や親しい知人の名前も分からなくなるといった症状も現れます。

これらは「中核症状」と呼ばれており、認知症になった人全員に見られる直接的な症状です。

 

また、脳の様々な能力が低下することで、心理的にも辛くなった結果、うつ病になったり、怒りっぽくなるなどといった日常生活にも大きな支障をきたす可能性もあります。

このような中核症状が原因で発生する精神的な影響のことを「周辺症状(BPSD)」と呼びます。

周辺症状はその人の性格や心理状態に影響されるため、個人差が大きいのが特徴です。

 

認知症の原因と予防法

認知症は脳の細胞が損傷し、脳細胞間の情報の伝達が正常に行われなくなることが原因です。

 

歳を取れば誰しも脳細胞は劣化してしまいます。

しかし、高血圧や糖尿病など生活習慣病が原因で脳へ過負荷がかかっていたり、暴飲暴食、過度な飲酒・喫煙など生活習慣が悪いと認知症のリスクが高まります。

 

ただ、未だに明確な原因は分かっておらず、原因そのものも複数の要素が関係しているため、特別、これが原因といったことを断言できないのが現状です。

そのため、認知症予防のためには健康の基本となる

  • バランスの取れた食事
  • 適度な運動
  • 規則正しい生活習慣

の3つが重要な予防法と言われています。

高齢になると免疫力が低下し、ちょっとした病気が大きな病気となる危険性も高いので、これらの3つの要素は認知症だけでなく他の病気を防ぐ上でも非常に重要となります。

 

まとめ

このように認知症はあらゆる脳の機能が低下していき、記憶力の低下だけでなく、思考力や判断力など生活に必要な能力が失われる病気の総称です。

認知症になると単なる物忘れの領域を超え、自分が何を忘れたのか、その自覚さえできなくなってしまいます。

家族が大変なだけでなく本人の精神的な負担も相当なものであり、本人の問題だけでは済まされない非常に複雑な病気と言えます。

認知症は時間が経つにつれて悪化していく病気なので、定期検診も積極的に行い認知症の早期発見が重要ですね。

 

スポンサーリンク