認知症になると時に感情を

上手くコントロールできず

暴力行為や暴言を言われるなど

介護する側のあなたにとっては

非常に辛いことですよね。

 

「認知症になる前はこんなことは

なかったのに・・・」と暴力や暴言は

精神的にも辛いものがあります。

 

ただ、認知症による暴力や暴言には

必ず原因があり、そこには介護をする

私たちの側にも問題があります。

 

今回は、そんな認知症と

暴言暴力の原因や対処法について

解説していきます。

スポンサーリンク

暴言や暴力が出てしまう本当の理由

暴言や暴力が出てしまう根本的な

原因は、不安や焦り、恐怖心を

感じることにあります。

認知症の原因について

 

特に、自尊心が傷つくことは

暴言暴力の原因につながります。

 

例えば、物忘れなどの原因を

誰かが盗んだと本人が言っている

時に、「それは違うと」などと

本人は決して嘘をついている訳では

ないのに、無理やり否定してしまうことは

自尊心が傷つきます。

 

認知症の本人からしてみたら

何も信じてもらえてないと

思ってしまうので、自尊心が傷つき

イライラやストレスの原因になります。

 

認知症になると感情の起伏が大きい?

認知症になると、感情をコントロールする

機能が低下するため、ちょっとした

不安やイライラを上手く抑えることが

難しくなります。

 

そのような、状態の時に不安を

煽るようなことをしてしまったら

誰でも怖いと思いますよね。

 

まして、日常的に自尊心が

傷つけられていては不信感も

強くなることは明らかです。

 

認知症患者にとって日常生活の

中で不安を感じることは多いですが

特に、不安を感じるのは声をかけずに

突然介護を行うことです。

 

認知症患者は突然の状況変化に

感情がすぐに対応できないので

先に危険を回避するための感情が

働きます。

 

つまりは、危険回避の結果として

暴言や暴力が発生するのです。

 

例えば、服を脱いだり、靴を履く

脱ぐような時にも、自分のものが

取られてしまうのではという不安感や

不信感が先に働いてしまいます。

 

認知症の患者は感情の

コントロールが上手くいかないために

自分の身を守るという危険回避の

感情が先走ってしまうのです。

 

そのため、私たちの側が反抗したり

本人の思いを否定するのではなく

その関わり方を見直すことが

重要になります。

 

暴言や暴力への対処法

 

issutable

もし暴言暴力が発生したら

本人のことを否定したり、対抗せずに

まずは本人が落ち着くまでは離れて

様子を見るようにしてください。

 

とにかく、怒って興奮状態にある

時は、何をいっても意味がなく

かえって余計に怒らせてしまう

恐れもあります。

私たちにとっても同じですよね。

 

いったん距離をとり、落ち着いてから

声をかけるようにしましょう。

 

また、介護を行う時にも

いきなり触れるのではなく

必ず「~しませんか」というふうに

一声かけて、本人の確認を取ってから

介護を行うのが良いです。

 

また、自分でできると言っている

場合には、無理に手出しせず

できるところまでは自分で

行った方が良いです。

 

あなたも自分でできることに

対してやたらにあーだ、こーだと

言われるとイラっとしますよね。

あの感覚と同じです。

 

思いやりは確かに重要ですが

本人からみてどう感じるのかを

考えてあげることも介護する上では

非常に重要なことです。

 

医師や介護サービスの利用・相談も検討する

ここまで私たちがやるべきことを

書きましたが、そうは言っても時には

介護する私たちの力だけでは暴言や

暴力を止められないこともあります。

 

そんな時には無理せず、医師や

介護職員、ケアマネージャーなどに

相談するようにしましょう。

 

介護する私たちも人間なので

無理に我慢していては精神的にも

肉体的にも限界があります。

 

介護サービスやヘルパーさんに

介護をお願いしたり、アドバイスを

受けることで、気持ちを整理できます。

 

介護は一人で悩まずに

必ず専門の人に相談して

解決策を探り出していくことも

非常に重要なことです。

 

まとめ

認知症の暴力暴言には感情の

コントロールが難しくなり、不安感や

ストレスを強く感じることが根本的な

原因と言えます。

 

本人がどのような気持ちなのか

その心理状態についても

よく理解した上で介護することが

重要です。

 

一人で悩まず、まずは医師や

ケアマネージャーなどと

相談するようにしましょう。

参考になれば幸いです。

認知症予防に必要なことはこれ!

スポンサーリンク