お墓のこととで必ず関係してくる「納骨(のうこつ)」という言葉。

お墓やお葬式関係の用語は、普段は馴染みのない言葉であり、その内容も複雑ですよね。

 

しかし、実際にそれらの式典・行事を行う際に、知っていないと思わぬ失敗をする恐れがあります。

今回は、そのようないざという時に失敗しないよう、納骨とは何か、納骨のやり方やその流れについて解説していきます。

スポンサーリンク

納骨とは?

納骨とは、亡くなられた方の遺骨を納める事です。

納骨堂などへ納骨する場合と、お墓へ納骨する場合があります。

 

納骨堂というのは、お骨をお墓に入れたいけれどまだお墓の準備ができていいないという場合に一時的にお骨を納める場所です。

 

あるいは、お墓を持たず永代供養として納骨堂を利用する方も近年は増加傾向にありますね。

今回はその中でも、仏式でお墓へ納骨する場合の手順や知っておきたい事をお話したいと思います。

 

納骨を行うときはいつ?

karenda

お墓への納骨は、四十九日や一周忌の法要と併せて行う場合が多いです。

 

というのも、人が亡くなるとお通夜・お逮夜・お葬式など親族に集まってもらう機会がとても多いため、いくつかの行事をまとめて行う場合があるのです。

 

遅くとも三回忌の法要までには、納骨を済ませるようにします。

 

納骨では「納骨式」が行われる。どんな事をするの?

納骨では、お墓に親族やお坊さんと集まって納骨式を行います。

この時に「埋葬許可書」というものが必要になります。

 

人が亡くなると役所に死亡を届け出ますが、その時に「火葬許可書」や「埋葬許可書」をもらいます。

埋葬まで、つまり納骨まではある程度日にちが空くことも多いので、大切に保管しておきましょう。

 

納骨式当日には、普段は開ける事のないお墓のふたを開け、文字通りお骨をその中に納めます。

納骨の仕方は、一般的には以下のような手順です。

 

まずはお墓の周りの雑草を抜き軽く掃除し、墓石も清めた後に読経・焼香が行われ、その後施主がお骨を納めます。

 

お骨を納め終わったら、あらためて読経・焼香をして納骨は終わりです。

この後、会食を行う場合もありますね。

 

納骨を済ませるとお通夜から始まり、たくさん供養を重ねてきた一連の事が一段落となります。

遺族にとってもお骨をきちんとお墓に納められたという事で少しホッとするものですよね。

 

スポンサーリンク

気になるお布施や会食の準備について

obousannoukotu

納骨の仕方は先にお話ししましたが、それに伴い様々な準備が必要になります。

 

まず一番に気になるのが、読経をお願いするお坊さんへのお布施ですよね。

 

この場合の水引、お墓に始めてお骨を納める場合は開眼供養が同時となります。

開眼供養はおめでたい事なので、水引は本来は紅白(のしはつけません)、墨も薄墨は使いません。

 

ですが、49日と一緒に行う場合、49日まではご霊前として黒白の水引を使いますよね。(一部宗派は異なる)

 

このように慶弔両方の意味合いがある場合には、白い無地の封筒でお布施を用意しましょう。

薄墨ではなく普通の墨で「御布施」と書くのが良いですね。

 

その他、お坊さんへの「御車代」、会食にお坊さんが参加されない場合は「御膳料」、石材店や墓地管理事務所の方へお礼としてお渡しする「志」なども用意が必要です。

 

他にもお花や香炉などの準備も必要ですから、お寺や管理事務所へあらかじめ問い合わせて、何が必要になるのかを事前に聞き、その準備もしておきましょう。

 

親族だけが集まる場合は電話で日時を知らせておいても特に問題はありませんが、正式には書面で日程を知らせて、ご都合を伺います。

もし書面で行うつもりならば早めに発送するよう心掛けましょう。

 

結婚式と違い身内へ送るものですから、案内状を送って、その上でその旨電話連絡するのもいいですね。

特に、ご高齢の親族は、書面が届いても気づかない場合が多いですから、一声おかけしておくのがいいかと思います。

 

会食(御斎)をするなら、会食の場所なども併せて書いておきましょう。

納骨式の後の会食は、身内のみなら、お茶とお菓子程度で済ませる場合もあるようですし、最近はぐっとカジュアルにファミレスで行う、なんていうのも珍しくありません。

 

納骨に来て頂いた方へのお礼・ねぎらいの気持ちをあらわし、故人をしのぶのが目的ですから、場所や格にこだわる必要はありません。

ただ、遺影を持ち込むなどするれば、周りのお客様がびっくりしてしまう恐れがありますよね。

 

きちんと会食の趣旨を利用する店に話し、個室を用意してもらうなど配慮したほうがいいでしょう。

 

あとは御斎の最後にお配りする引き物の準備も忘れずに。

 

まとめ:細かい規定はそれぞれ異なる!

納骨の方法としてはこのような流れが一般的ですが、供養方法や宗派等によっても内容が異なる場合もあり得ます。

そのため、初めて納骨の準備を行うという場合には、お寺の方や納骨に詳しい関係者の方に何が必要になるのかを事前に確認しておくことをオススメします。

以上、参考になれば幸いです。