お墓参りといえば必ず必要になるお花のお供え物。

お花屋さんなどでお墓参り用の花があるので、それを利用するのが最も楽ですが、たまには自分たちでお供えする花を選ぶのも良いですね。

 

ただ、意外と自分で花を選ぶのは、特別花に詳しい訳ではないのでなかなか難しいですよね。

今回は、そのお墓参りにオススメの花の種類について解説していきます。

スポンサーリンク

お墓参りに適切な花とは

一般的には、お墓参りにお供えする花についての決まりはないので、自由に選択することができます。

 

ただ、親戚の方や友人・知人のお墓参りの時には、できるだけ元々、必要な花が揃っている仏花を選んだ方が、思わぬ失敗をする心配がなくなります。

間違えて変な花を選んでしまい親族の方に、失礼とならないようにそのような場合には仏花の方が無難でしょう。

 

自分で選んだ花をお供えするなら自分が管理しているお墓の時に限った方が良いです。

最終的に何を選んだらよいか迷ってしまったら、お花屋さんに相談してみるのも良いですね。

 

選ばない方が良い花とは

基本的に、お花の種類については自由なので何でも良いですが、できるだけ以下の種類の花は避けたほうが良いです。

  • トゲのある花
  • 匂いや香りが強い花
  • 毒がある花
  • 傷みやすい花

といった感じですが、これだけだと分からないので、いくつか具体的に花の種類を挙げていきます。

 

バラとアザミ

azami

バラアザミは避けた方が良い花の代表例とも言えます。

 

見た目は美しいですがトゲがあるために、思わぬケガに繋がりやすく控えた方が無難です。

 

ユリ

yuri

ユリは確かに見た目も美しく仏花としてよく使われていますが、匂いが強く、花粉もかなり厄介です。

特に、この花粉は衣服や墓石に付着するとシミが残ってしまい汚れてしまう恐れがあります。

 

扱いが難しいので慣れない方は避けた方が良いでしょう。

 

彼岸花

higanbana

こちらは毒がある花です。

触れただけで悪影響はありませんが、口から食べることで嘔吐や下痢、呼吸困難などの症状が発生することがあり、最悪死亡することもあります。

 

基本的に問題はないのですが、小さいお子さんなどがいる場合は万が一のことがあるので避けた方が良いです。

 

オススメのお花の例

上記の避けた方が良い花を除けば後は自由に選んで大丈夫ですが、いまいち種類が多いので決められないこともあるでしょう。

一番、決めやすくてオススメなのは、その亡くなられた方が好きだった花を選ぶことですね。

 

ただ、生前花に興味がなかった方もいると思うので、個人的にオススメの花を3つ挙げてみました。

 

菊といえば、仏花の代表例の花であり、一年を通して入手できるのも特徴です。

大輪菊、小菊、洋菊という3種類の菊が使われることが多く、大きさや花びらの形が微妙に違うので、好みに合わせて選ぶと良いですね。

 

白いカーネーション

こちらも仏花の代表例ですね。

ピンクと白がありますが、お墓にお供えするお花なのでできれば白色の方が良いでしょう。

 

ただ、特別決まりがあるわけでもないので、他の花の色合い等を見て決めるのも良いですね。

 

キンセンカ

こちらも一年中入手できる花であり、黄色やオレンジ色の花があります。

菊よりも鮮やかな色をしているため、華やかさを出すのには最適です。

 

まとめ

このように自分で花を選ぶと言っても、特に決まりなどはないので比較的、自由に組み合わせることができます。

ただ、バラなどの扱いが難しい花はあまり望ましくないので、そこは選ぶ際に気をつけましょう。

 

どうしても悩んでしまう場合には、お花屋さんが相談に乗ってくれるので一度、お願いしてみると良いですね。

無理をしてまで自分で選ぶ必要はありませんが、たまにはお墓参りにもひと工夫するのも良いですよ!

 

感謝の気持ちと共に、綺麗なお花もお供えてみてはいかがでしょうか?

以上、参考になれば幸いです。

 

【お墓に造花を供えるのはダメ?】お花をお供えする意味はこう!

お墓の雑草に除草剤を使うのはアリ?使用の注意点と代替手段について

お墓のお供え物は食べてOK!その後の扱いについて

 

スポンサーリンク