故人とのつながりを象徴するお墓の存在。

単に、お墓といっても様々な種類があり、中にはものすごく手の込んだ立派なお墓もありますよね。

 

文化や価値観の変容により、お墓離れが進んでいることは確かですが、お墓を持ちたいと思っている方がいるのも事実です。

今回は、お墓を建てるにあたって避けては通れない、お墓の費用について解説していきます。

スポンサーリンク

お墓の費用は墓石だけでない

お墓全体にかかる費用の内訳としては主に、墓地の種類や広さ、墓石の形、墓石に使う石材の種類によって決まってきます。

お墓は墓石を買えば良いという訳ではなく、そのお墓を立てる土地の大きさなども関係するため簡単には決められません。

 

また、墓石を設置したりするのにも工事費用が必要になるので、実質それ以上の費用が必要になり、結局、高額になってしまう可能性もあります。

実際に、一般的なお墓購入の相場も、平均すると150万円~200万円となっており、費用全体でみると意外と馬鹿にならない金額です。

 

よく墓石だけを20~30万で販売している石材店もありますが、これらは墓石単品の「既製品」と言います。

既製品の場合、購入したけど墓地の大きさにあわなかったり、逆に小さすぎて使用できない可能性もあります。

 

極端な話、お墓を立てるということは家を立てることと似ています。

1つ1つ土地の大きさから墓石の材料や形など、どのような墓を建てるのかを順番に決める必要があるのです。

 

スポンサーリンク

最低限必要になる3つの費用

土地の利用権や工事費用

お墓を立てるのなら、まずは土地(墓地)がなくてはいけません。

お墓の土地に対しては、墓地の永代使用料という土地の利用権に費用が発生します。

 

また、その土地の上にそのまま墓石を置くのではなく、納骨室という骨壷を埋葬しておく空間の設置が必要になるので基礎工事も行います。

特に、山間部などの山中にあるような場合には、そこまで墓石を運ぶのための運搬費用も考慮しなくてはなりません。

 

墓石にかかる費用

お墓において、墓石はなくてはならないものですが、ここの値段が違ってくればお墓の値段も変わってきます。

お墓を作る費用としては、墓石が最もお金がかかるところです。

 

その墓石の値段は、使う石の材質によって耐久性や耐水性、重さなどが違い、値段もかなり差があります。

物によっては墓石だけで100~200万円以上かかることもあります。

 

ただ、墓石の材質までこだわる人は少なく、基本的には見た目で気に入ったものを選ぶのが一般的です。

基本的に墓石の値段は、大きくて石材の質がよく、デザインの細かい墓石ほど高くなる傾向にあります。

そのため、大きさは小さいけど形がものすごく複雑といった、墓石の値段も高くなります。

 

墓石に関しては個人の価値観次第なので、特にこだわりがない場合は費用を抑えることができます。

 

墓地の管理費(管理料)

お墓は立てれば終わりではなく、その墓地を管理している霊園やお寺に管理費を支払う必要があります。

管理費はいわば、墓地の各施設や参道の整備などのインフラの修繕に必要となるお金です。

 

お墓を管理している霊園の規模、使用墓地の大きさによっても金額は異なりますが、一般的な霊園ですと年間1~3万円ほどです。

なお、管理費に関しては、墓地(区画)の使用契約を行った時点から支払いが発生するので注意が必要です。

 

まとめ:お墓は決して安い物ではない

このようにお墓を作るのには石材以外にも多くの費用がかかり、その墓地の場所や規模によっても費用は変わってきます。

最終的に、お墓を作るのに必要な費用は100万円~200万円以上と思っておいた方が良いでしょう。

 

上下かなり差がありますが、どのような墓石・土地・霊園を選ぶかで大きく変わるため、本当にケースバイケースです。

お墓を希望する場合は、石材店としっかり相談して、墓地の土地に合ったお墓を建てることをオススメします。

 

お墓はいらない!墓を持たない人の供養方法はこの4つ!

お墓の継承者がいない場合はどうするべきか?

【無縁仏って何?】永代供養とは何が違うのか?

 

スポンサーリンク